政治・経済

 長妻昭議員といえば、「ミスター年金」としてのイメージが強いと思う。「消えた年金問題」追及が第1次安倍内閣の致命傷になったことを思えば、民主党政権樹立の大功労者だったことになる。そのような「ミスター民主党」に、評価が地に落ちた民主党の政権復活へのビジョンを問うてみた。

日本経済は、所得の再分配と弱者救済がなければいけないと語る長妻昭氏

(ながつま・あきら)1960年東京都練馬区生まれ。慶応義塾大学卒業後、日本電気(NEC)入社。日経BP社で日経ビジネス記者を経て96年旧民主党公認で衆院選出馬・落選。2000年衆議院初当選。現在6期目。09年民主党による政権交代後、鳩山・菅内閣で厚生労働大臣を1年間務める。その後衆院厚生労働委員長、民主党政調会長代理などを歴任。15年民主党代表選出馬後、党代表代行に就任。著書に『「消えた年金」を追って』(リヨン社刊)、『招かれざる大臣』(朝日新書刊)など。

(ながつま・あきら)1960年東京都練馬区生まれ。慶応義塾大学卒業後、日本電気(NEC)入社。日経BP社で日経ビジネス記者を経て96年旧民主党公認で衆院選出馬・落選。2000年衆議院初当選。現在6期目。09年民主党による政権交代後、鳩山・菅内閣で厚生労働大臣を1年間務める。その後衆院厚生労働委員長、民主党政調会長代理などを歴任。15年民主党代表選出馬後、党代表代行に就任。著書に『「消えた年金」を追って』(リヨン社刊)、『招かれざる大臣』(朝日新書刊)など。

德川 民主党政権時代、そして政権陥落後、野党第一党の今も民主党の経済政策の大きな方向性が見えにくいと思うんです。日本経済のこの先の持続的成長にとって現状では何が最大の問題でしょうか。

長妻 安倍総理が進めている経済政策は、どちらかというと米国型の新自由主義、いわゆるトリクルダウンですね。例えば株を持っている資産家や一部の輸出企業など強い所を引っ張り上げて、そこから恩恵がしたたり落ちて、みんなに行き渡るという仕組みです。そして超金融緩和、いわゆる異次元の緩和です。これが格差とバブルをもたらしている。大げさに言えば有史以来の緩和です。引き締めは、相当な副作用が出て来るんじゃないかと思います。一方、民主党にも経済政策はちゃんとあります。どちらかといえばヨーロッパ型で、ボトムアップで中長期的に経済を成長させて、できる限りバブルと格差を生まないようにしよう、という政策です。特に重要なのは「内需と個人消費」という考え方です。そのためには税による所得再分配が重要ですが、日本は税による所得再分配の機能が米国よりも弱くなってしまった。これを変えれば低所得者ほど所得が消費に回るため、結果的に成長を牽引していく、と。金融緩和によるデフレ脱却については民主党も安倍内閣と立場が同じです。ただ、それがバブルを生んではいけない。民主党政権は「1%の物価上昇をめどとする」ということで、当時、日銀と文書を交わしたんですね。緩やかな金融緩和でデフレを脱却していこうという政策でした。

德川 ほかにも具体的な経済政策はありますか。

長妻 最近、世界の常識になりつつあるのが「所得格差が成長を阻む」ということですね。OECDもかなり詳細なデータを発表して反響がありましたが、格差の拡大が経済成長の脚を引っ張ってしまう、ということです。所得格差が拡大すると、低所得層の子どもたちの教育の機会が失われて、国民全体としては潜在力を発揮できなくなる。そこでわれわれは人へ投資して、経済成長の基盤をつくることで、腰折れをしない成長を実現しようとしました。安倍政権は「世界で一番企業が活躍しやすい国」ということをスローガンにしていますが、私たちは「世界で一番働きやすい国」を目指していると言えるかもしれません。女性や高齢者も含めて、働きたい人の側に立って社会制度を見直していく。自民党とは視点がちょっと違います。

德川 私も「再分配と弱者救済がないと経済成長は続かない」という点では同感なんですが、日本は国の税収が少ないという問題があります。GDPの1割ですから先進国の中ではかなり低い。そして、それとほぼ同額の借金を毎年積み増していて、そろそろ限界に近づいていると思います。だからこそ税収を増やす方法を考えなくてはいけない。仮に来年、再び民主党政権が誕生するとなれば、どうやって税収を増やすのでしょうか。かつての民主党政権は予算配分を変えて、より効率的に成長する政策哲学を「コンクリートから人へ」という言葉に要約しました。それで今年になって、栃木で堤防が決壊して大洪水が発生したのか、なんて思います。

德川家広氏(政治評論家)

德川家広氏(政治評論家)

長妻 先日の堤防の決壊については、ネット上で「民主党政権がスーパー堤防の予算を事業仕分けで削ったから決壊した」という変な噂が流れていますが、これは全くの事実無根です。防災については人の命を守るということで、「コンクリートから人へ」のスローガンの「人」には人の命という意味も含まれているので、安全に関わる公共事業すべてを否定しているわけではありません。

 ご存じのように、1985年のプラザ合意で円高不況が来るということで、当時の日本政府が必要以上に恐れおののいて、米国政府からの圧力もあって、大規模な公共事業をやり続けた。それだけの公共投資が積み重なって、今の借金の水準に達したという経緯です。民主党がまた政権を取ったとしても、魔法のようにパッと借金問題が解決するという策はありません。一番重要なのは、財政破綻を起こさないこと。政府がデフォルトに陥るということだけは絶対にやってはいけない。この点今の安倍政権は甘いですが、まずはプライマリーバランス、基礎的収支を黒字化し、それを絶対悪化させない。これを強い決意で進めて行くことが大前提だと思います。消費税についても国民の皆さまには申し訳ないですが、2017年の4月には10%に上げなくてはならない。その一方で、中長期的に人への投資を続けて、経済の基盤を強化する。そして本当に緊急性のある、重要な予算以外は基本的にはつけない。危機感を高めた予算編成をしないと危ういのではないかと思います。

長妻昭氏、倒産寸前企業を立て直す意気込みで厚労省へ

20151103_KOU_P01德川 長妻さんの政策観はポピュリストとは全然違います。それでも民主党政権時代、長妻さんにとって霞が関は「敵」でしたか。

長妻 そういう官僚もいましたが、改革派の人もいました。今思えば、もうちょっとメリハリをつけてやる必要があったかもしれませんね。

德川 政権交代後、厚労大臣への就任が決まって、初めて大臣執務室に入る時には、何を感じておられましたか。

長妻 たとえが良いかどうかは分かりませんが、ガタガタな倒産寸前の企業に乗り込んで行くような気持ちでしたね。当時は消えた年金ですとか、グリーンピアの無駄遣いとか、いろいろな不祥事が重なっていましたから、そういう組織を立て直す、というような意気込みでした。民主党政権では大臣1人ではなく、副大臣2人と政務官2人がついてくる。今の自民党政権にも副大臣、政務官がいますが、これはチームではありません。大臣が自分で副大臣、政務官を選ぶことができないんです。私は自分が選んだ副大臣と政務官と5人のチームで乗り込んで、改革の使命感を強く持っていました。

德川 省内の抵抗は予想しておられましたか。

長妻 一番驚いたのは職員に危機感がないことでした。「今の流儀を変える必要はない」という雰囲気が蔓延していたので、ショック療法が必要だと思いました。当時はマニフェストという、かなり国民の皆さんの理解を得たツールがありましたので、マニフェストをテコに改革をいろいろやっていきました。

德川 官庁に危機感を持たせるには、とにかく予算を削りたい立場の財務省をうまく使うのがベストだと思うのですが。

長妻 私も全く同じことを考えて、無駄遣いを徹底的になくしていこうとして、財務省の厚労省担当者ともよく話をしていました、厚労省の本当の無駄遣いはどこにあるのか、という情報を財務省から提供してもらい、厚労省内でも徹底的にヒアリングをして問題点を炙り出していったんです。さらに厚労省内に「省内事業仕分け室」をつくって、当時の官房長をトップに据えて、相当な無駄を探してどんどん削っていきました。(次号、後編に続く)

文=德川家広 写真=幸田 森

 

徳川家広氏の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る