政治・経済

最後の巨大国有企業の上場が秒読み段階に入った。11月4日に予定されている日本郵政グループ3社の同時上場は、「民営化議論が始まって10年のプロセスの集大成」(西室泰三・日本郵政社長)となる。政治の波に翻弄されながら、郵政民営化はいよいよフィナーレを迎える。 文=ジャーナリスト/渡辺一樹

 

数多の課題を残したまま上場する日本郵政

 

 「郵政民営化が本当に国民のためになるように上場計画を練り上げた」

 西室泰三日本郵政社長が社長・会長を務めた東京証券取引所は9月10日、日本郵政グループの持ち株会社・日本郵政と、金融子会社のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険3社の同時上場を承認した。初回売り出しは「市場の混乱を避ける」(財務省)ため、発行済み株式の11%に抑える。それでも上場時の売却総額は計1兆3875億円が見込まれ、1987年のNTT(2・2兆円)、98年のNTTドコモ(2・1兆円)に次ぐ大型新規株式公開(IPO)となる。

 9月10日に財務省が示した初回売り出し想定価格は日本郵政が1株1350円、ゆうちょ銀が同1400円、かんぽ生命が同2150円だった。これに対し、日本郵政が10月7日に決定した仮条件は日本郵政が1株1100〜1400円、ゆうちょ銀が同1250〜1450円、かんぽ生命が同1900〜2200円と3社とも想定価格を挟み込んだレンジ幅となった。

 最終的な売り出し価格は「ブック・ビルディング方式」で投資家の需要を踏まえ、金融2社の価格は10月19日に、親会社の日本郵政は同26日に決まる。ゆうちょ銀とかんぽ生命株の購入申込期間は10月20日から23日までの3日間。日本郵政株の申し込みは同27日から30日までとなっている。

 財務省によると、販売割合は国内が8割、海外が2割。国民になじみが深い案件だけに、国内では95%が個人投資家を想定、機関投資家向けは5%に抑える。配当性向を高めに設定し、株価の高騰より長期的に安定した株主を想定している。総務相時代、竹中平蔵氏や、初代日本郵政社長を務めた西川善文氏と共に、郵政民営化を推進してきた菅義偉官房長官は個人投資家を株式市場に呼び戻すチャンスと捉え、「国民の皆さまに身近な日本郵政の株式はまさに貯蓄から投資への象徴。経済成長の起爆剤となることを期待している」とコメントしたが、市場関係者は「確かに個人投資家の関心は高いがバブル景気に沸いた初回のNTT株のようなブームにはならないだろう」(大手証券アナリスト)と冷ややかだ。

 金融2社には全国から応募が殺到するとみられるが、問題は両社からの手数料と株式配当に依存する親会社の日本郵政だ。ブック・ビルディングの期間が金融2社より長いのも、子会社2社の企業価値が決まらなければ値付けができないからだ。

 金融2社にも問題が多い。グループの稼ぎ頭であるゆうちょ銀の資産運用は国債が中心で、金利上昇イコール評価損になる。市場関係者は「これが最大のリスク要因」と指摘。西室社長も「国債での運用から市場での運用にシフトさせる」としているが、市場機能を生かしながら、しかも市場をかく乱させないよう資産をリバランスしていくのは容易ではない。政府は段階的に売り出しを進め、最終的には日本郵政の国の保有株式割合を3分の1超まで引き下げる。政府は株式売却によって、東日本大震災の復興財源として4兆円を確保する方針で、復興を後押しする観点からも日本郵政の上場を成功させることが求められる。

 小泉政権時代は17年9月までに金融2社の株式完全売却を計画していたが、民主党連立政権下で12年に成立した改正郵政民営化法では「できる限り早期に処分」に後退。上場計画についても「まずは日本郵政の保有割合が50%程度となるまで段階的に売却する」との表現にとどまっている。また、金融2社が同時上場を目指す親子上場も問題視されている。「利益相反の観点から、市場では歓迎されない」とみる市場関係者は多い。

 

魅力に欠ける日本郵政の上場

 

 2012年末の第2次安倍政権発足以来、日銀の追加緩和や年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)資金の株式市場への投入によるポートフォリオ改革で、相場の需給環境は大幅に改善した。しかし郵政上場を前に、中国経済の不透明さなどで株式市場は、乱高下を続けている。

 また、将来の成長戦略が描けておらず、小泉政権時代に郵政民営化の具体的な仕組みを起案した嘉悦大学大学院の高橋洋一教授は「このまま上場しても魅力がない」と切り捨てる。

 日本郵便は郵便・流通事業の赤字が解消できていない。民間大手に比べて収益力の劣る金融2社は新規業務に取り組みたくても民間金融機関から「完全民営化されるまでは認められない」と反対の声が上がる。日本郵政の価値を左右する子会社の日本郵便の将来も描けていない。

 民間宅配業者や電子メールに押され赤字体質の日本郵便は、豪物流大手のトール・ホールディングスを過去最大となる約6200億円のM&Aで傘下に収めた。「(米フェデックス、DHLなど)リーディングプレーヤーに対抗して国際物流に本格的に乗り出す」(西室氏)というが、資産に5300億円もの「のれん」が重くのし掛かる。

 償却するには最長20年間としても毎期265億円が必要だ。営業利益が100億円程度の日本郵便に果たしてそれが可能なのだろうか。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る