首都圏の高速道料金4月から距離当たり 利用者へ周知が重要――国土交通省

霞が関番記者レポート

 国土交通省は、首都圏の高速道路の距離当たりの料金を原則として同水準に統一することを決めた。最大の狙いは都心の渋滞を緩和することだ。従来は割安だった首都高速道路(距離が長い場合)や第三京浜は値上げとなる一方で、割高感が強かった首都圏中央連絡自動車道(圏央道)や横浜横須賀道路などの料金は値下げとなる。来年4月から導入する方針。

 高速道路は路線によって距離当たりの料金が異なっている。これは路線ごとに建設コストが異なっているためで、莫大な建設費が掛かった圏央道は他の高速道に比べて割高になっているというわけだ。

 こうした問題について国土交通省はかねてから、利用者の負担を公平にする意図もあって、1キロメートル当たり原則36・6円とし、距離に応じた料金に統一する方針を示していた。

 これを受けて、東日本、中日本、首都の3つの高速道路会社が新たな料金の案をまとめた。

 それによると、最も渋滞がひどい首都高速は渋滞緩和を狙って距離に応じた料金体系を導入する。現在930円の料金の上限を1300円に引き上げる一方で、料金の下限を300円に引き下げる(いずれもETC搭載車の場合)。これにより、走行距離が24キロメートルを超えると値上がりとなり、それ以下だと値下がりになるという。逆に割高となっている埼玉、神奈川両県を通る圏央道の西側区間や、横浜横須賀道路の料金については値下げする方向だ。

 さらに、新たな料金体系では、発着地点が同じでも複数の走行ルートが存在する場合、ETC搭載車は、原則として1番割安なルートの料金を適用することになった。

 例えば、東名高速の厚木IC(神奈川県)から東北道の久喜IC(埼玉県)まで、圏央道を経由して走る場合、現在は3770円掛かっている。一方で首都高速を経由した場合、距離はほぼ同じだが料金は590円安い3180円で済むのが現状だ。

 国交省ではこうした料金制度のねじれが首都高速の大渋滞を生む要因の1つになっているとみて、迂回ルートも最安ルートと同じ料金にすることにした。

 今回の料金水準の見直しは、都心周辺の道路整備が進んで走行ルートの選択肢が増えたためだ。国交省はかねてから「道路を賢く使う取り組み」と声高に叫んできたが、こうした料金体系が利用者にどこまで浸透するのかも重要なポイントになりそうだ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る