広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

【経営者のあの一言】「愚か者でも経営できるビジネスに投資を」 ウォーレン・バフェット バークシャー・ハサウェイ会長兼CEO

ビジネス系画像

愚か者でも経営できるビジネスに投資しなさい。なぜなら、どのビジネスにもいつか必ず愚かな経営者が現れるからだ。

 

 世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの会長兼CEOであるウォーレン・バフェットは、世界で最も有名な投資家だろう。2015年版フォーブス世界長者番付では3位になり、総資産は9兆円と言われる。
 なのに、60年ほど前に3万ドルで買った自宅に今でも住み、バークシャーから受け取る給与は年10万ドルで長年据え置いているとのこと。

 バフェット氏と企業への投資の姿勢はシンプルでかつ明快である。曰く、

「株式投資の極意とは、いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続けること」
「事業の内容を自分が理解できない会社には投資しない」

長期保有が基本姿勢であり、じっくり事業を見て投資先を判断するようだ。

「どのビジネスにもいつか必ず愚かな経営者が現れる」とは辛らつだが、長年の客観的な投資の経験がバフェット氏にそう言わせるのだろう。
 逆に言えば、カリスマ的な経営者に依存するような会社ではなく、仕組みで会社を動かすような経営形態が長期的な目で見た投資対象になるということだろう。[提供:経営プロ]

 経営プロ編集部

<関連リンク>
IoTベンチャーの資金集めと出口戦略
クラウドファンディングによる資金調達とは
M&A需要で資金調達を急ぐ企業が増加、その勝算は?
シャープの大幅減資は意味があったのか ~経営の迷走が増幅する不信感~

 

【マネジメント】の記事一覧はこちら

 

経済界電子版トップへ戻る