文化・ライフ

ドラフト外入団が花を開かせた巨人の名投手西本聖

 ドラフト1位といえば、プロ野球の世界ではエリート中のエリートである。

 入団発表の写真撮影からしてそうだ。1位は“ひな壇”の真ん中に座り、無数のフラッシュを浴びる。

 翻って下位指名の選手の席は端の方に用意され、記者からの質問も少ない。監督から直接声を掛けられる機会も、ほとんどない。

 ドラフト外入団ながら、通算165勝を挙げた名投手がいる。巨人などで活躍した西本聖だ。

 1974年のドラフトは長嶋茂雄が巨人の監督に就任したばかりということもあり、ホテルにはあふれんばかりの報道陣が詰め掛けた。

 1位は鹿児島実業のエース定岡正二。この年の夏の甲子園を沸かせたスターで、甘いマスクにファンが群がった。

 その一方で、甲子園にも出場したことのない西本に向けられる視線は皆無だった。

 自ら、こう述べている。

 〈緊張してガチガチになって立ち尽くしている僕の目の前には、憧れの長嶋さんと、甲子園のスターでドラフト1位指名を受けた鹿児島実業出身の定岡正二の背中があった。

 マスコミのフラッシュはそのふたりに向けて放たれていて、僕はまるで映画のエキストラのような、その他大勢のひとりにすぎなかった〉(自著『長嶋監督の往復ビンタ』)

 キャンプでは屈辱的な扱いも受けた。いつもどおりにブルペンで投球練習をしていると、あるコーチから、こう命じられた。

 「おい西本、投げるのを定岡に代われ。もうすぐ監督が見にくるから」

 西本は黙ってボールを定岡に手渡すしかなかった。

 この“不当な扱い”が、西本の負けん気に火をつけた。

 ランニングでは、常にトラックの一番外側を走った。必然的に走る距離は他の選手より長くなる。自分を甘やかすことなく鍛え続けたのが、その後の成功につながったのだ。

 「ドラフト外入団じゃなかったら、僕はあそこまで必死になって練習しなかったかもしれない」

 西本からそんな話を聞いたのは引退後のことだ。

 非エリートという立場は西本にとっては、いわば成功への約束手形だったのである。

 今季限りでユニホームを脱いだ通算219勝投手の元中日・山本昌も“非エリートの星”である。

 NPB史上最年長試合出場と史上最年長勝利。これらの記録が破られることは、しばらくないだろう。

左遷によって花開いたドラフト5位山本昌

 現役生活32年。10月7日の広島戦では、50歳で公式戦に出場した。もちろん、これもNPB史上初の快挙だ。

 彼もまた西本同様、甲子園には出場していない。84年にドラフト5位で入団した。

 プロ入り最初のキャンプで腰を抜かしかけた。プルペンで先輩たちの投げるボールが、あまりにも速いのだ。

 「とんでもない世界に入ってしまったなぁ」

 後悔しても後の祭りだった。

 クビを覚悟したのは入団4年目だ。3年後輩のルーキー近藤真一がデビュー戦でいきなりノーヒット・ノーランを達成した。

 まだ1勝も挙げていなかった山本が絶望的な気持ちに襲われたのは言うまでもない。

 「あの時点で僕は覚悟を決めました。“あぁ、もうこれでクビだな”って。だって同じサウスポーの近藤がいたら、僕は要らないじゃないですか。

 しかも、その頃の僕は左腕を疲労骨折していて、全く投げられない状態だった。あの夜はショックで一睡もできませんでした」

 しかし人生、いつ転機が訪れるか分からない。入団5年目、山本は米国留学のメンバーに選ばれる。

 野球留学と言えば聞こえはいいが、実態は“島流し”も同然だった。

 星野仙一監督(当時)には「11月まで帰ってこなくていい」と言われていた。要するに「戦力としては考えていない」ということである。

 生き残るには何が必要か。山本は米国でオンリーワンの武器をマスターする。219勝の原動力となるスクリューボールである。

 「ある日、チームメートがキャッチボールで変わったボールを投げていた。よく変化するので“どうやって握るの?”と聞いたら、自慢げに教えてくれた。“へぇー、じゃあ試してみようか”と思って投げたのがきっかけなんです」

 人生に“たら・れば”は禁句だが、山本が将来を嘱望された選手で、島流しに遭わなかったら、その後の大活躍はなかっただろう。

 企業人に例えていえば、本社勤務だけが華ではない。左遷によって花開く人生もあるということだ。

 その意味でドラフトは人生の縮図と言えるかもしれない。(文中敬称略)

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る