政治・経済

ファインセレクトの女性専用シェアハウス「エシェル自由が丘」

ファインセレクトの女性専用シェアハウス「エシェル自由が丘」

 シェアハウスは10年以上前から右肩上がりで着実に成長してきた市場だが、シェアハウスを定義・規定する法令はなかった。そこに13年のいわゆる「脱法ハウス問題」が起きると、国土交通省は建築基準法で寄宿舎として取り扱う見解を出した。脱法ハウスは防災面の安全基準を明らかに満たしていない「違法貸しルーム」だったが、一律に寄宿舎扱いになると、真っ当に運営してきた事業者も廃業に追い込まれるため、国交省は今年3月に方針転換することとした。これにより、投資環境が大きく変わった。

規制緩和でシェアハウスへの投資環境の変化

 シェアハウスの設計・建築・運営会社などの業界団体、一般社団法人シェアハウスラボの理事を務める市川均氏はこう語る。

 「東京都建築安全条例の改正が4月1日に施行され、この規制緩和で銀行が動き始めた。これまで一部の金融機関しかシェアハウスへの投資にお金を出さなかったが、今はどこも積極的になっている」

 都市部を中心に空き家のリノベーション需要が高まっているが、シェアハウスの場合、リビングや水回りは共用なので、それぞれの部屋に水回り設備が必要なアパートやマンションと比べ、建築コストを抑えることができる。それは新築の場合でも同じだ。市川氏は投資利回りについて「アパートだとせいぜい5%くらいだが、シェアハウスなら都心で9~10%も夢ではない」と語る。

 「同じ敷地面積の建物なら、シェアハウスなら倍くらいの部屋数が取れる。例えば1Kで8部屋のアパートなら、シェアハウスにすれば15~16部屋になるが、家賃は半分にはならない。シェアハウスでは1部屋当たりの建築費はがくんと下がり、その分リビングなどの共用スペースを充実できる」(市川氏)

 シェアハウス事業の具体的手法はいくつかある。オーナーから建物(アパート、戸建てなど)を借り上げ、リフォームして貸し出すサブリース(一括借り上げ)、あるいは物件の運営だけを受託する方法もある。また、不動産を丸ごと(土地と建物)買い取ってリフォームするパターンや、土地を購入して新築のシェアハウス物件を建てるケースもある。現在は、サブリース方式が6割を占めるといわれる。

 シェアハウス事業にかかわるのは、どちらかといえば中小やベンチャーが多かった。理由は、管理・運営や入居者募集には独特なノウハウが必要で、一般賃貸物件より確実に手間がかかるからだ。

 そのニッチな市場に最近は大手も参入してきた。例えば、東急電鉄が「みんなで子育て」をコンセプトにプロデュースした「スタイリオウィズ代官山」は大きな話題となった。金融機関の姿勢が変わり、今後は大手資本のシェアハウス市場参入もますます活発化するかもしれない。

賃貸アパートとは異なるシェアハウス運営のノウハウ

 シェアハウスではソフト(運営ノウハウ)とハードをトータルで提供しなければならない。慣れていない事業者が普通の賃貸アパートと同じように管理・運営すると、入居者の間でトラブルが起きかねない。

 都内を中心に40物件以上のシェアハウスを管理・運営するファインセレクトの四宮一社長は「入居希望者はどこも女性が圧倒的に多い。当社物件のほとんどが女性専用で、年間を通じて空室率は10%未満」と話す。部屋数が何十室もある大型物件ならともかく、20室以下の小型物件だと、入居者の男女バランスは運営者側にとって繊細な問題だ。最初から女性専用にするのは1つの手である。入居者にも話を聞いた。

 「物件の決め手は清潔感。ゴミ当番とか、共用部分の私物の整理とか、細かいけどとても大切。時間が合えば、何人かで一緒に外食して帰ってきて、そのまま屋上で飲んだりすることも。スカイツリーも見えて、すごく気持ちいい」(N・Nさん、20代、島根出身、ネット関連会社勤務)

 入居者対象をさらに絞り込んで、シングルマザー向けのシェアハウスも都内にはいくつかある。昨年10月にオープンした「codona HAUS浜田山」もその1つ。管理・運営者の潟沼恵さんはこう話す。

 「週2回のシッターサービスがあり、夕飯サービスも近くの園なら送迎も可能。ママが安心して働ける環境を提供している」

 潟沼さん自身が離婚経験者で、当時高2と中2の子ども2人を抱えて働き始めた。しかし、多忙で定時に帰宅できないなどの問題を抱えることになった。以前、大手不動産会社に勤めていたため、不動産の知識もあり、このサービスでシングルマザー支援に動いたのだという。

 4LDKの戸建てを借り上げ、サブリースで運営しており、現在は3人の入居者がいる。そのうち1人は2カ月の赤ちゃんと一緒に住む30代未婚女性で、入居した時は妊婦だった。

 入居契約は1カ月ごとの更新で、この1年間、トラブルは全くなし。ただ、「すぐ入居したい」という希望者もいるそうで、そういう駆け込み寺的に申し込んでくる女性には注意が必要だという。DV(家庭内暴力)の夫から逃げているケースがあるからだ。そのときは問題を解決してくれる相談所を斡旋するなど、アドバイスをしている。

 潟沼さんの提供するきめ細かいサービスは、小規模なシェアハウスならではの持ち味と言ってよいだろう。

文=ジャーナリスト/横山 渉

あわせて読みたい
20151117SHARING_CATCH シェアハウスはシェアリングエコノミーの優等生!? 空き家対策の切り札になるか
「提供するのは宿泊ではなく“体験”」――田邉泰之(Airbnb代表取締役)
インバウンド増加で加速する「民泊」 宿泊施設との線引きはどこに
「新しいビジネスを否定する気はない。個人ホストとの協力も考えている」――北原茂樹(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会会長)
議論白熱の「白タク」問題 利用者とドライバーにとって最適な形とは
「日本全国どこでもUberが使えるようにしたい」――髙橋正巳(Uber Japan執行役員社長)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る