政治・経済

マスコミを通じて、あるいは町の噂で知る長妻昭・民主党代表代行のイメージは「生真面目」というものだが、実際、大臣を経験して野党第一党の代表代行という要職にあるとは思えない生真面目さだった。本来、権力を持つ人は真面目過ぎるくらいがよいと思っているので、これには好感した次第である。前回に引き続き民主党政権への反省、目指すべき政策、そして、民主党の「解党的出直し」の可能性について、順不同で問うた。

経験不足だったことは反省しなければいけない

(ながつま・あきら)1960年東京都練馬区生まれ。慶応義塾大学卒業後、日本電気(NEC)入社。日経BP社で日経ビジネス記者を経て96年旧民主党公認で衆院選出馬・落選。2000年衆議院初当選。現在6期目。09年民主党による政権交代後、鳩山・菅内閣で厚生労働大臣を1年間務める。その後衆院厚生労働委員長、民主党政調会長代理などを歴任。15年民主党代表選出馬後、党代表代行に就任。著書に『「消えた年金」を追って』(リヨン社刊)、『招かれざる大臣』(朝日新書刊)など。

(ながつま・あきら)1960年東京都練馬区生まれ。慶応義塾大学卒業後、日本電気(NEC)入社。日経BP社で日経ビジネス記者を経て96年旧民主党公認で衆院選出馬・落選。2000年衆議院初当選。現在6期目。09年民主党による政権交代後、鳩山・菅内閣で厚生労働大臣を1年間務める。その後衆院厚生労働委員長、民主党政調会長代理などを歴任。15年民主党代表選出馬後、党代表代行に就任。著書に『「消えた年金」を追って』(リヨン社刊)、『招かれざる大臣』(朝日新書刊)など。

德川 民主党政権当時、自民党はどこかへ消えてしまって、「民主党政権VS霞が関」みたいなイメージでしたよね。霞が関の中でも温度差があることは、全然見えなかった。

長妻 やはり反省しなければいけないのは、経験不足だったということです。でも、言い訳ではないですが、日本は本格的な政権交代がないままに民主党政権成立に至ったわけですから、どの野党が政権に就いても経験不足になるわけです。今はもう、1回政権に就いていますから、夜な夜な官僚の皆さんとも酒を飲んだりしているわけですね。野党でずっとやって来た時代には、国会での質問くらいしか霞が関と接点がなかった。

德川 民主党政権の3年間を通して、霞が関操縦法について学習したことは何でしょうか。

長妻 本当に重要なのは、どこにどういう人物がいるのか把握する、ということです。財務省のキーパーソンは誰それで、厚労省は彼で、国土交通省はこっちで、内閣官房はこの人で、官邸の「ヌシ」はこの人、だと。で、あそこら辺がいつも邪魔をするとか、こういう場合は出て来るし、これは実は裏の業界とこういうふうにつながっている。こっちは実は改革派だけれども、いろいろ誤解されている、といった調子です。ずっと野党だと、こういう人物像が、なかなか分からなかった。

 
やはり協力してくれる霞が関の人たちを全部敵にするのではなく、手を携えて改革を推進するべきだった。

アベノミクスは「古いアメリカ型」

德川家広氏(政治評論家)

德川家広氏(政治評論家)

德川 長妻さんの経歴を拝見して意外だったのが、最初は大前研一さんの「平成維新の会」にいらしたということなんです。こちらは今の民主党よりはアベノミクスを先取りしたような主張だったと思います。

長妻 大前さんは私の尊敬する方ですが、アベノミクス自体については否定的だと思います。あれだけの超金融緩和でひた走って大丈夫かということもありますし、本当に改革を進めようとしているのか疑問だということもありますから。ちなみに、アベノミクスはアメリカの後をなぞっているという評もありますが、アメリカもオバマ政権でそうとう変わってきましたからね。ですから、アベノミクスは「古いアメリカ型」になっているのではないかと思います。

德川 大前さんの平成維新の時も、現在の橋下徹さんの大阪維新を見ても、既得権益を解体して新しい成長の芽を、という考え方だと思います。ところが現実問題として、成長がないと既得権益というのは弱くなりません。そうすると、とにかく金融緩和で少しでも成長させれば、少しは改革が進むかな、と。これはアベノミクスを好意的に解釈しての話ですが。成長と改革では成長が先です。八方塞がりの日本経済を、どうすれば成長に導けると考えていますか。

長妻 例えば実質賃金で見ると、民主党政権時代のかなりの部分は、前年同月比でプラスだったんですね。ところが、安倍政権になってからは、実質賃金の上昇はほとんどの月で上昇せず、むしろ下がっているわけです。金融緩和でデフレから脱却するのは確かに重要です。ですが、今は金融緩和の副作用が顕在化していなくて、良い所だけを見ている。ちょうど1980年代後半のバブルのようなものです。国債価格が高騰して、長期金利が0・3%とか、われわれが見たことのないような低水準になっている。これがある日、パーンと跳ね上がるという副作用も勘案しないといけません。アメリカでも、金利上げの観測だけでこれだけ株価が乱高下するわけですから、日本が出口戦略を言った途端、何もする前から大変な事態になると思います。

德川 有権者が一番気にしているのは「来年の生活は?」「老後は?」といった経済問題だと思います。その点について、どうお考えでしょうか。

長妻 われわれも今の日本は相当におかしいと思っていて、例えば現役世代で言ったら教育費が先進国で一番高いですからね。高校は無償化しましたが、アメリカを別とすれば、世界でこれだけ大学の学費が高い国はない。奨学金も日本は無利子のものなどもありますが、あれは外国では「教育ローン」であって、奨学金とは言わないです。これでは子どもを大学に入れられない。特に地方の方が東京や都市部の大学に進学するとなると、下宿代を含めてかなりお金が掛かる。だから子どもを2人、3人とは養っていけない。この点を直視せず、公共事業など目先のことばかりやっていれば、20年くらいたって、さらに日本経済は落ち込むと思います。

 あと、物価が上がっている割には賃金が上がらないということもありますし、高齢者間の格差が相当拡大しているという問題もあります。そういった問題に対応するためには、格差を一定程度是正する、つまり、老いも若きも余裕のある人は、もう少し負担をしていただく。それから時間と体力に余裕のある方は、支えられる側ではなくて支える側に、週に何度かは回っていただく。こういう政策を実行することで、人々の心配を払拭できればと思うんですね。

包装紙だけ変えても国民の理解は得られない

20151117KOU_P03德川 民主党政権の発足前後に話を移したいと思います。私がかねて興味があったのが、民主党の皆さんがいつ頃から「選挙で勝てそう」と感じ始めたのか、ということです

長妻 自民党政権末期、1年ごとに総理が変わるようになってから、国民の皆さんの民主党への期待を感じ始めましたね。有権者の方たちと話をしていても、風向きが変わってきたと感じていました。

德川 政権を取ったとしても鳩山総理でいけるか、という不安はなかったのでしょうか。

長妻 鳩山由紀夫さんは、かつて政権の中枢におられましたからね。当然、私なんて1度も政権に入っていないわけですから、そういう意味では当時は鳩山さんは民主党初代総理に適任ではないかと安心感を持っていました。その直前に、岡田克也さんと鳩山さんで代表選を争っています。歴史にifはないですが、仮に岡田さんが初代民主党総理になっていたら、局面はまた違ったのではないかと思います。

德川 政権に就いてからは、民主党がかつての自民党みたいに万年与党になるという気持ちはありましたか。

長妻 決定的だったと思うのは、特に厚生労働省なんかは、医療とか介護とか保険とかいろいろな政策がありますが、全部自治体経由なんですね。それで全国を回りましたが、首長さんたちは、多くはいわば自民党系なんです。それから地方議員の数にいたっては、圧倒的にわれわれのサイドが少ないわけです。

ですから日本全体を見渡した時に、われわれの感覚としては国会という「上の水」が変わっただけで、「中の水」は変わっていないというものでした。民主党政権が本当に定着して、われわれの目指していた方向に日本が変化するには、私の当時の感覚で10年はかかると見ていました。ところが国民の皆さんの期待はあまりに高かった。私もびっくりしたんですが、大臣に就任して1週間目に、記者から「1週間後の大臣の実績」という特集をすると言われました。1週間どころか1カ月でも短か過ぎるのが現実です。民主党政権が3年3カ月で終わったというのは大変残念でした。

德川 安倍政権も安保法制で体力を消耗して、経済でも明るい話が減り、終わりが見えてきたと感じております。ところが、不満の受け皿となるべき野党はまとまらず、特に民主党はイメージが悪い。解党して他の野党と合体、新しい名前で出直すという考えはおありでしょうか。

長妻 解党して、名前を変えて、でも同じメンバープラスαで集まって、それで国民の皆さんに支持されるようになるのだったら、こんなに楽な話はないですよね。

 中身を変えずに包装紙を変えても、見透かされるだけだと思います。中身の変化が伴っていなければ、国民の皆さんにご理解はいただけない。むしろ、その「出直し新党」の支持率が下がるのではないかと思います。

 野党の役割は、政府の徹底追及と与党にはない社会の価値を示すことです。この役割を果たすことでしか、民主党の再生はありません。

文=德川家広 写真=幸田 森

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル   不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。  かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。  この登…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界9月号
[特集]
人材恐慌 この危機をどう乗り切るか

  • ・企業が脅える人材恐慌最前線
  • ・人材不足の処方箋 働き方改革でどう変わる?
  • ・加藤勝信(働き方改革担当大臣)
  • ・神津里季生(日本労働組合総連合会会長)
  • ・中田誠司(大和証券グループ本社社長)
  • ・若山陽一(UTグループ社長)

[Interview]

 松本正義(関西経済連合会会長)

 2025大阪万博で関西、日本は飛躍する

[NEWS REPORT]

◆第4次産業革命に走る中国、遅れる日本 松山徳之

◆格安スマホに対抗しauが値下げ これから始まるスマホ最終戦争

◆減収続くも利益率は向上 富士通・田中社長の改革は本物か

◆破綻からわずか2年 スカイマークが好調な理由

[政知巡礼]

 野田 毅(衆議院議員)

 「社会保障の安定した財源は消費税しかない」

ページ上部へ戻る