政治・経済

今回登場いただくのは、橋本龍太郎首相の行政改革のブレーンとしてまず注目され、今では維新の党の代表を務める江田憲司氏である。エリート官僚として活躍した後で、脱官僚主導政治の旗手となった江田氏の原点は、いったいどこにありや。そこを探るために、人生の出発点までさかのぼってみた。

少年時代、母に鍛えられた自ら学ぶ姿勢

(えだ・けんじ)1956年岡山市生まれ。東京大学法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省。94年橋本龍太郎通産大臣事務秘書官、96年橋本内閣発足後、総理主席秘書官に就任。退官後ハワイでの充電生活を経て、2000年衆院選挙に神奈川8区から自民党公認で出馬・落選。02年補欠選挙で衆院初当選(無所属)。現在5期目。09年みんなの党結党、幹事長に就任。13年みんなの党離党後、結いの党結党、代表に就任。14年日本維新の会と合流し、維新の党共同代表に就任。橋下徹共同代表辞任後、維新の党代表に就任。『誰のせいで改革を失うのか』(新潮社刊)、『財務省のマインドコントロール』(幻冬舎刊)など著書多数。

(えだ・けんじ)1956年岡山市生まれ。東京大学法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省。94年橋本龍太郎通産大臣事務秘書官、96年橋本内閣発足後、総理主席秘書官に就任。退官後ハワイでの充電生活を経て、2000年衆院選挙に神奈川8区から自民党公認で出馬・落選。02年補欠選挙で衆院初当選(無所属)。現在5期目。09年みんなの党結党、幹事長に就任。13年みんなの党離党後、結いの党結党、代表に就任。14年日本維新の会と合流し、維新の党共同代表に就任。橋下徹共同代表辞任後、維新の党代表に就任。2015年5月党代表を辞職。『誰のせいで改革を失うのか』(新潮社刊)、『財務省のマインドコントロール』(幻冬舎刊)など著書多数。

德川 まず少年時代のことを、お話しいただけますか。

江田 スポーツ少年団というのに入って、もっぱらソフトボールをやっていました。ポジションはピッチャーです。岡山市といっても当時は田舎ですからね。稲刈りした後の田圃に入って、9人集まらなくとも試合ができなくとも、3、4人で野球をやっていた。住んでいたのは岡山市の郊外でした。

 親父は警察官で、県内をぐるぐる転勤が多く、小学校の2年で転入です。それが6年で卒業するまで1クラスですよ。組変えもなしで40何人がずっと一緒でした。

 親父は派出所から始めました。僕が小さかった頃の官舎は狭くて、ウサギ小屋みたいな狭い中で、家族4人で寄り添って暮らしていました。

德川 ひたすらスポーツ少年でしたか。

江田 そうです。だって受験戦争はないし、塾はないし、お袋も親父も塾へ行けなんて言わないし。

德川 (恐る恐る)神童だという自覚はいつ頃から?

江田 ない、ない(笑)。

德川 ないですか?

江田 勉強しろと言われた覚えはないですね。ただ思い出すと、小学校1年生の時に硬筆習字といって2Bの鉛筆で「せんせいおはよう」って書くんですよ。お袋の教育の思い出って、それだけです。小学校1年生で夜10時くらいまでひたすら「せんせいおはよう」って書かされてね。それで岡山県の金賞をとったこともあるんですよ。それが僕の原点というか、それ以外にないというか。今、感謝しているのは、お袋が思い立ったようにやらせて、僕も凄く頑張ったんですよ。そこで基本的に自分でやる癖がついたんですね。勉強を計画的にやる癖がついたのは最初に特訓されたから、と思っています。

德川 なるほど。ちょっと聞くと拷問みたいなんですが(笑)。

江田 それはもう。小学校1年生であれだけ。うちのお袋は勉強しろとは言わないタイプですが、「字だけはきれいにしろ」なんて言うんです。親父は刑事で、土日もしょっちゅういませんし、夜も遅いし、遊んでもらうって言ったら、たまたま親父が家にいた日曜の夕方に、官舎の前の小さな空き地でキャッチボールをしたくらいですね。家族で旅行に行ったりなんかはなかったです。

面接官が嫌で大蔵省に行くのをやめた

德川家広氏(政治評論家)

德川家広氏(政治評論家)

德川 やがて高校卒業が近づくとともに、東大受験を決意されるわけですが。

江田 あまり問題意識もなくて。要は、大学へ行くんだから勉強するんだろう。勉強するんなら一番良い所はどこなんだ、みたいな発想しかないんですよ。何で法学部へ行ったかというと「ツブシが効くから」とよく言われて。問題意識が何もないので、あまり早く決めたくないという、それだけの話でした。だから法学部へ行ってから何をするかを決めれば良いやというわけで、文科一類を受けたわけです。

德川 大学在学中に司法試験も合格されています。

江田 (笑)。それについては、あんまり話したくないんだけれど。東大に入った後は花の都東京で、麻雀を教えてもらって、これに狂いました。僕の駒場時代には、雀荘がいっぱいあって、授業にほとんど出なかった。フランス語と英語の授業は出席重視なんで出るんですが、そこで面子を集めて、そのまま後の授業に出ずに、ぽんと雀荘へ行くという。受験勉強は後にも先にも人生でいちばん勉強したというくらいですが、入ったら一気に反動が来て、ほとんど大学にも行かない。東大法学部は卒業するのに90単位いるんですが、僕は確か3年が終わった段階で18単位しか取れていなかった。でも、これ幸いとばかりに「留年すればいいや」と思いました。第一志望は留年、みたいな感覚です。勉強で焦ることはなく合コン、合ハイで、本当に花の都で遊びほうけて、わが青春に悔い有りという(笑)。いや、本当。もっと勉強しておけば良かった。

 やがて4年を迎えると、当時は周りがみんな公務員試験と司法試験を受けるから、僕も流されたというかオリンピック精神、参加意識で受けることにしました。留年を予想しながらの受験です。これを言うと怒られるんだけれども、公務員試験は最後に時間がなくなって、10問くらいは鉛筆を転がしてやった覚えがありますよ。

 司法試験はフロックで受かるようなものじゃないって言われるんだけど、本当にその年は、僕がたまたま勉強したところだけ出て。たまたまできて合格したら、図書館で一生懸命勉強していた連中が「これで江田が入るんだったら世の中おかしい」と言って、そのまま学校に来なくなったことがありました。僕は教科書も全部揃っていなかったんです(笑)。

 公務員試験の面接は、みんな7月くらいに内定が出る時代でしたが、僕は9月になって初めて行きました。夏は海の家で遊んで、バイトをしていたんですよ。それで9月になって大蔵省に行ったら、後に事務次官になる人物が秘書課の補佐で面接を担当していて、「君、何でこんな時に来るんだ」と言うわけですよ。僕は人事院のペーパーを出して「面接は10月解禁って書いてあるじゃないですか。今は9月ですよ」と言うと「君ね、東大法学部でしょう。友だちいないの? 君の同級生はみんな7月に来て8月初めには内定が出ているんだから」と言う。この補佐が嫌な奴で、これで僕は大蔵省行くのやめたんだけど、「君ね、優の数が1桁足りないんじゃない?」とも言われました。

 それはそうだよ、僕は18単位しか取っていないんだから。ところが、成績表の下のほうに司法試験の論文式合格と書かれているのを見た途端に態度が豹変した。それでこの人はお里が知れていると思って、こんな奴のいる所には絶対行きたくないと。それで比較的に酷さ加減の少なかった通産省に行ったんです。

官僚主導の穴を政治家は埋められていない

20150512_KOU_P01德川 通産省はどんな役所でしたか。

江田 当時は1が大蔵、2が通産、3、4がなくて5が自治省と言われる時代で、大蔵のライバル官庁と言われていました。エネルギー、中小企業、通商と、管轄の間口が広いという話でした。でも、入ってすぐに、大蔵省の足元にも及ばないと思いました。国家を実際に運営し、政治すら支配しているのは大蔵省だと。財政と金融と国税を持って、一極集中でしたから。

 こんな巨大官庁があって、しかも公務員試験1番だ、司法試験トップだっていう連中が入っているとね。通産省出身だから恨みつらみで言っているわけではなくて、率直に大蔵省の一極集中、一強があると、チェック・アンド・バランスが効かない、政治だって太刀打ちできないと思いました。欧米に追い付け、追い越せの時代だと教科書があるわけで、官僚主導が有効に機能するわけです。だけども、追い付き追い越した段階では、これではうまく行かない。では政治家がその隙き間、穴を埋めているかというと、まだそこまで行っていない。だからと言って官僚主導に戻すのではなく、民主主義のコストとして、政治に良い人材を供給していかないといけない。選ばれてもいない学校秀才が「日本丸」の船長で、それで沈んだら目も当てられないじゃないですか。だから官僚でいたことは、逆説的に私の政治家人生を規定しています。

 とはいえ、政治主導にしていくためには政党というのは基本政策くらい一致させないと。自民党でも民主党でも、基本政策がばらばらな政治家が集まっているから、政権を取った途端にああだこうだ議論を始めるわけですよ。そこへ官僚がやって来て、彼らはうまいから、紙に書いてあることだけを見ればきれいだけど、国民にとってはほとんど意味がないペーパーが出て来る。その結果が、今も横行している官僚政治というわけです。(後編に続く)

文=德川家広 写真=幸田 森

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル  不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。 かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。 この登記簿図書館を…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る