政治・経済

岡山県の田園地帯の腕白少年から、現役で東大法学部へ。そして花形官庁の通商産業省に入省した江田憲司氏。だが、そこまでの快進撃を可能にした生来の鋭利さから、権限なき官庁である通産省の限界も、成熟した日本における官僚支配の病理も、すぐに見えてしまう。それでも激務をこなし、1年間をハーバード大学国際問題研究所で過ごした後に帰国してから数年後、運命的な出会いが訪れる。橋本龍太郎通産相の秘書官就任が、それだ。

橋本龍太郎は付き合いやすかった

(えだ・けんじ)1956年岡山市生まれ。東京大学法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省。94年橋本龍太郎通産大臣事務秘書官、96年橋本内閣発足後、総理主席秘書官に就任。退官後ハワイでの充電生活を経て、2000年衆院選挙に神奈川8区から自民党公認で出馬・落選。02年補欠選挙で衆院初当選(無所属)。現在5期目。09年みんなの党結党、幹事長に就任。13年みんなの党離党後、結いの党結党、代表に就任。14年日本維新の会と合流し、維新の党共同代表に就任。橋下徹共同代表辞任後、維新の党代表に就任。『誰のせいで改革を失うのか』(新潮社刊)、『財務省のマインドコントロール』(幻冬舎刊)など著書多数。

(えだ・けんじ)1956年岡山市生まれ。東京大学法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省。94年橋本龍太郎通産大臣事務秘書官、96年橋本内閣発足後、総理主席秘書官に就任。退官後ハワイでの充電生活を経て、2000年衆院選挙に神奈川8区から自民党公認で出馬・落選。02年補欠選挙で衆院初当選(無所属)。現在5期目。09年みんなの党結党、幹事長に就任。13年みんなの党離党後、結いの党結党、代表に就任。14年日本維新の会と合流し、維新の党共同代表に就任。橋下徹共同代表辞任後、維新の党代表に就任。2015年5月党代表を辞職。『誰のせいで改革を失うのか』(新潮社刊)、『財務省のマインドコントロール』(幻冬舎刊)など著書多数。

德川 橋本大臣の秘書官に就任された経緯をお願い致します。

江田 村山政権ができる時に秘書官が必要だというので、その時、僕は経済協力の室長として、経済ミッションで中国にいたんですが急に呼び返されて、大臣秘書官に決まりました。橋本さん本人は外相をやりたかったようですが、自社さ連立政権だから河野洋平さんが自民党総裁として外相を取りました。それで竹下登さんが橋本さんに「村山トンちゃんを閣内で支えてやれ」と言って、通産大臣で来られたわけです。

德川 橋本さんは多分、最後の本格総理ですね。後は一発芸みたいな首相が続いて。その橋本さんに、まずは通産大臣秘書官として仕えて、どうでしたか。

江田 (笑)。橋本さんは確かに「威張る・怒る・拗ねる」と言われていたとおり、とっつきにくいんですが、いったん懐に入り込むと、本当に付き合いやすい人でした。でも、最初はさすがの江田憲司もビビったわけですよ。僕は湾岸戦争の時にも海部官邸と宮沢官邸で首相の施政方針演説の下書きを書くスピーチライターをやっていたことがありますが、当時の橋本蔵相が肩で風を切って歩いているのを見ていましたから。

 でも最初に大臣車にいっしょに乗った時に、「ところで君は、どこの出身?」と聞かれて「岡山なんです、実は」と答えると、すぐに自動車電話に手を伸ばして、久美子夫人に「ママ、ママ、今度秘書官になってくだすった江田さんという人は、なんと岡山なんだよ!」と。それから、「これから僕の趣味の所に行こう」と言うんです。どこに行くんだろうと思っていたら、靖国神社ですよ。遊就館。彼は遺族会会長として何度も行っているし。じーっと展示品を見て回って。最後にゼロ戦の亡くなった特攻隊員の手紙を見ながら、泣いているんですよ。「ああ、これがこの人の原点なんだ」と思いました。

 総理とは一心同体でした。怒られたことも、怒鳴られたことも1回もなくて、僕のほうがズケズケ言いたいことを言う。ただ、1つだけ肝に銘じていたのは、秘書官というのはいろんな人がいる前で大臣を批判しちゃいかん、2人きりになった時に、耳の痛いことを言うのが僕の仕事だと思っていました。大臣秘書官、首相秘書官を合計して、橋本さんとは4年1カ月のお付き合いでしたが、関係はずっと良かったですよ。

橋本さんは外相時代が一番ハッピーだった

德川家広氏(政治評論家)

德川家広氏(政治評論家)

德川 橋本総理誕生については、どう受け止められましたか。

江田 橋本さんにとって通産大臣は役不足だったと思います。大蔵大臣もやって、自民党幹事長までやっているんですよ。それが竹下さんに言われてなってみたら、日米自動車交渉のお陰で総理への道が開けたんですよ。

 橋本さんは日米交渉としては初めて、アメリカの要求をはねつけました。それで「橋本もやるじゃないか」と、梶山静六さんや与謝野馨さん、塚原俊平さんが言い出して、超党派のサポートが出来上がりました。河野洋平さんがその勢いに負けて降り、小泉さんは総裁選に出ますが、当時はまだ不人気で負けて、村山さんが気力体力が尽きて、それで橋本さんに回って来た。

德川 岩波書店で出ている橋本さんの回想録は『橋本龍太郎 外交回顧録』です。やはり外交に対する関心が強かった?

江田 橋本さんの資質、能力的には、外相をやっているのが一番ハッピーだったと思う。本当は国内の利害調整とか苦手な人だったんです。厚生族云々というのは大物秘書が全部やっていました。本当に外交が好きでした。NHKのニュースを見て、「メッカで何が起きた」「巡礼がどうした」という議論を聞いて解説してくれたりしました。

德川 今の江田さんからご覧になって、橋本さんの外交能力、外交理解は高水準でしたか。

江田 ええ。本人の関心も高いし、勉強もされているし。橋本政権の最大の功績は普天間の返還の合意もそうだし、看過されがちですがユーラシア外交を唱えて、クラスノヤルスク合意という、2000年までに平和条約を結ぶことを初めてロシアの首脳と合意しましたし。

 安全保障にも関心が高くて、石破さんよりもオタクだったからね。当時印象的だったのは、防衛庁の装備局長にいろいろ質問すると、局長が分からないんですよ。そこで、橋本さんが初めて総理の執務室に統幕議長と三幕僚長を呼んで懇談をしました。それまでは総理大臣が自衛隊の指揮命令権を持っているにもかかわらず、官邸に制服組をいっさい入れないという変なしきたりがあった。統幕議長は涙を流して喜んでいましたよ。内閣にある安全保障室に初めて制服組を入れたのも橋本さんです。

德川 橋本改革では国土交通省、総務省、厚生労働省などの巨大官庁が誕生して、かえって政治の統制が効かなくなったと思いますが、どれくらい江田さんはかかわっておられましたか。

20150526_KOU_P03江田 当時、僕らにとっては縦割り行政の弊害のほうが緊急性が高かった。国交省の例でいうと、インフラ整備の省庁がなぜ分断されているかという問題です。道路だって国道と防衛道と農林道が並行に走っていたり、必要のない港湾を整備したものが釣り堀と化していたり。要は、鉄道とか航空とか道路とかが、グランドデザインをもとに有機的に整備されないといけないと感じました。国交省に関しては、公共事業の権限を全部地方に下ろすという前提だったんです。ただ橋本政権が終わった後、土建利権政治家の抵抗で揺り戻しがあり、本省に権限が維持され、役所が肥大化しました。

德川 つまり、橋本改革は長期政権でなくてはできなかった?

江田 そうですね。確かに橋本改革は「羊羹の切り口を変えただけ」なんて酷評もされましたが、最大の目的は官邸機能の強化、政治主導の道具立てをつくることで、これは経済財政諮問会議をつくったことに結実したと思います。

初めての選挙で中田宏に惨敗

20150526_KOU_P01德川 そこから政界入りへのつながりは、どのようなものだったでしょうか。

江田 橋本総理が辞任した後、すぐに辞表を出してハワイに行ったんですが、1年後に帰国した時にパクっと捕まったのが、菅義偉さんです。僕は首相秘書官としては嫌われ者だったと思いますが、意外にいろいろな政治家さんに壮行会をやっていただきましたから、議員会館に行ってお礼をして回ったんです。それで菅さんの所に行ったら「実は神奈川八区に中田宏という強い奴がいて、自民党の県議も市議も尻込みして出ないから、江田さん出てください。地元の合意は責任をもって私が取り付けます。金は自分で出します。選挙スタッフも全部派遣します」と。プータローの私にそこまで言ってくれたため、相当悩みました。でも「江田は議員バッジもつけていないくせに、橋龍にちょっと気に入られたくらいで何で偉そうに国政を左右するんだ」ってさんざん言われたから、「分かった、選挙なんてちょろいもんだ、一丁やってみるか」という気持ちで出たんです。で、見事に敗れました。

德川 中田宏さんの強さの源泉は何だったと分析しますか。

江田 どこに行っても中田さんの評判は良かったですが、その理由は「毎日駅で立っている」と皆さん答えますね。選挙区内に駅は10カ所あるから、そんなことあり得ないんですが。でも半年間の選挙戦で、やっと投票1週間前にNHKの世論調査で僕が1ポイント、リードするようになりました。NHKの記者は「無名の新人で、ここから伸びるだけですから、勝利は確実ですよ」と言って、勝利の記者会見の打ち合わせをしたくらいです。ところが投票の3日前になって、総理大臣になったばかりの森喜朗さんの「無党派は寝ておれ」の大失言です。結局、中田宏が9万8千票、僕が5万6千票の惨敗となりました。でも、今は森さんに感謝しています。

 あの時に自民党で受かっていたら、階段を1歩1歩上がって行くだけの、つまらない政治家で終わっていたと思う。大臣にはなっていたかもしれないけれど、それでは面白くないでしょう。

文=德川家広 写真=幸田 森

 

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル  不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。 かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。 この登記簿図書館を…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界6月号 [月刊記念特別号]
[特集]
トップ企業の経営哲学

  • ・永守重信(日本電産会長兼社長)
  • ・新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・北尾吉孝(SBIホールディングス社長)
  • ・林野 宏(クレディセゾン社長)
  • ・茂木友三郎(キッコーマン取締役名誉会長 取締役会議長)
  • ・樋口武男(大和ハウス工業会長)
  • ・北島義俊(大日本印刷社長)
  • ・澤田秀雄(エイチ・アイ・エス会長兼社長)
  • ・似鳥昭雄(ニトリホールディングス会長)
  • ・押味至一(鹿島社長)

[Interview]

 貝沼由久(ミネベアミツミ社長)

 経営統合で技術の受け皿を広げ新たなIoT時代に備える

[NEWS REPORT]

◆三井住友銀行、脱・たすき掛けの深層

◆一人負け、ソフトバンクに何が起きている

◆大塚家具、ロッテ……親子・兄弟相続の相克

◆ドキュメント シャープ鴻海入り1年のドラマ

◆長者番付で分かった日の丸ベンチャーの弱点

[政知巡礼]

 石破 茂(衆議院議員)

 「地方創生こそがポストオリンピックの鍵だ」

ページ上部へ戻る