政治・経済

日本生命保険が10月末、豪銀行大手ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)傘下の生保事業を買収することでNABと合意した。今回の買収をきっかけに、日生は世界進出を加速させるとみられ、次の買収先は世界最大の保険市場である米国ではないかとの観測が出ている。 文=ジャーナリスト/谷口修平

豪生保事業と三井生命の買収を同時進行する日本生命の底力

世界展開を加速させる筒井義信・日本生命保険社長

世界展開を加速させる筒井義信・日本生命保険社長

 日生によると、買収額は約24億豪ドル(約2040億円)で、来年9~12月に手続きを完了させるとしている。日生は保険商品や販売に関わるノウハウを提供するなどして、豪における保険の事業拡大に乗り出す。

 日生の海外事業は、タイやインドネシアの生保会社への少額出資にとどまっていたが、今回は経営権を握る初の買収案件となる。

 「さすが日生。100億円を超える買収は、どんな案件でも手間が掛かる。三井生命保険と同時進行で買収ができる底力は、さすがに他の生保にはない」

 ライバル生命保険の幹部はこう舌を巻く。

 2015年3月期の決算において売上高に相当する保険料等収入が前年同期比10・6%増の5兆3371億円にとどまり、躍進した第一生命保険(同24・8%増の5兆4327億円)に戦後初の首位を奪われた。そのため、「尻に火が付き、焦って三井生命やNABの買収を進めている」(生保業界関係者)との見方が目立っている。社内でも「業界トップに君臨してきたからこそ、いい人材が集まり、客も安心する。これが崩れると、いろいろな場面で、劣勢になるケースも出てくる」(日生幹部)と危機感が強まっている。

 ただ、確かに「資金は他社よりも潤沢」(中堅生保幹部)といわれる日生だが、闇雲に買収を進めているかというと、どうやら違うようだ。

 NABに対しては、社内でも「2千億円でも高過ぎる」などと反対する向きもあったが、NABが手掛けてきた保険事業に対して、日生が8割、NABが2割を出資することで決着。新会社をNABとの共同出資にすることで、主な販路である銀行窓口での保険販売を続けられれば、成長が見込めるとして買収に舵を切った。NABは豪四大銀行の一角を占め、豪保険市場は日本の15%程度だが、死亡保障や医療保障への需要が強く、安定した成長が見込めることも決め手となった。

 また、日生幹部は「うちは、経営権を握る海外生保の買収はしてこなかった。グローバルな人材を育てるためにも、保険料等収入が1500億円程度の小ぶりなNABの保険事業はうってつけだった」と理由を明かす。

 日本では、本当に欲しかった銀行窓販の専門会社、三井住友海上プライマリー生命保険の買収提案を断られ、事業が重複する三井生命保険に鞍替えした経緯を持つとされるが、グループの結束力の強い三井系を傘下に持つことで経営の安定感が見込めると判断し、買収に踏み切った。今後は住友生命保険を加えて、「三井住友生命保険」を傘下で誕生させるなどの秘策もあるとされる。

ユナム買収のタイミングは今しかない?

 ただ、日生が掲げる「安定的・持続的な事業収益基盤を強化することで、相互会社として契約者利益の持続的な拡大を重視する」という経営スタンスを具現化するには、まだまだこの2社の買収は序の口。「海外経験を積んで米国の生保企業の買収をもくろんでいる」というのが、保険業界関係者の見立てだ。

 こうした中、既に噂されているのが、米ユナム・グループ(テネシー州)だ。傷害保険、団体生命保険のほか、企業の従業員を対象とした給料天引きによる任意加入の福利厚生商品を提供する保険会社で、団体生命保険では全米シェアでトップ10入りしているなど、有力プレーヤーの一角としても名を馳せる。しかも、かつて日本に進出していた経緯もあり、「日本企業に買収されることに抵抗感はない」というのがM&A(企業の合併・買収)市場での評価だ。

 ただ、8400万ドル(約1兆円)を超える時価総額がネックだ。今後10年で1兆5千億円をM&A資金として準備すると公言する日生は、三井生命に約3千億円、NABに約2千億円をつぎ込んでおり、仮にユナムを取り込めば、1兆円掛かるともいわれ、買収金額を使い果たす計算となる。

 とはいえ、足元の経営環境は、円安で外貨建て債券の利息収入が円換算で増えたほか、株高で株式の配当金も増加。運用利回りが契約者に約束した予定利回り(予定利率)を上回る「順ざや」を確保するなど、高水準を維持しており、「タイミングは今しかない」との声も漏れる。

 ライバル第一生命保険に続き、明治安田生命がスタンコープ・フィナンシャル・グループ、住友生命保険がシメトラ・ファイナンシャルの買収を決めるなど、国内競合他社が続々と米国進出を決めているのも、好決算の今のうちとの判断も働いた。

 また、米国市場は、国民皆保険を目指す医療保険改革法(オバマケア)で保険加入者が大幅に増加。人口も移民などで着実に伸びている上、米利上げも実施される見通しで、規模はさらに高まるのは確実だ。生命保険市場の規制が強化されていることも重なるが、大型買収が米国内で続いており、「効率化や規模拡大を意識した業界再編が進むのは間違いない」(大手生保幹部)ようだ。

 日生にとって、出遅れた米国進出は悲願とされるが、果たしてユナムは、日生にとって魅力的に映っているのだろうか。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年4月号
[特集] 僕らが宇宙をめざす理由
  • ・岩本裕之(JAXA新事業促進部長)
  • ・松尾剛彦(内閣府宇宙開発戦略推進事務局長)
  • ・岡島礼奈(ALE社長)
  • ・永崎将利(Space BD社長)
  • ・並木文春(IHI理事 宇宙開発事業推進部長)
  • ・宇宙視点で新ビジネス!
  • ・月面農場も夢じゃない キリンのジャガイモ大量増殖技術が宇宙の食を支える
  • ・スタートアップが切り拓く宇宙農業の未来
  • ・20万ドルで飛び立つ 丸い地球と満天の星空へ
  • ・宇宙旅行の前に、宇宙を感じる旅へ
  • ・新薬実現のきぼうは地上400キロの実験場にあり
[Special Interview]

 酒巻 久(キヤノン電子社長)

 宇宙事業に必要なことは「成功を信じてやるしかない」

[NEWS REPORT]

◆いよいよ始まる携帯5G 膨らむ期待と直面する課題

◆23年の長期政権に幕を引く イオン・岡田元也社長の残したもの

◆打倒アマゾンへ 楽天の送料無料化は吉と出るか

◆連続加入者増に赤信号 WOWOWを脅かす定額配信

[総力特集]

 2020年注目企業38

ページ上部へ戻る