国際

南シナ海をめぐる中国の動きに警戒感強める日本

  最近、南シナ海をめぐり、日米中の間で激しいつばぜり合いが展開されている。

 今の習近平政権は「韜光養晦」(能ある鷹は爪を隠す)政策を捨て、「積極有所作為」(積極的にできることをする)政策へと転換した。そして、東シナ海を含め)南シナ海への“膨張政策”を採っている。中国共産党は南シナ海を「核心的利益」と位置付け、海域全体を「九段線」で結び、すべて自国“領海”だと主張し始めた。

 習近平政権は「偉大なる中華民族の復興」を旗印に掲げている。そのため、見方によっては「中国的世界秩序」(歴代中国王朝を中心とする安定した東アジアの国際関係。「朝貢体制」・「冊封体制」が特徴)の復活ともとらえられよう。

 経済的に、習政権は「一帯一路」(海と陸の「新シルクロード構想」で終点は英国)によって、外需の拡大に努めている。南シナ海はその“生命線”と言える。

  さて、2012年12月、第2次安倍晋三内閣が誕生した。同時に、安倍総理は、「セキュリティダイアモンド」構想を発表している。

 同構想は、日本・米国ハワイ・オーストラリア・インドというアジアの民主主義国を結ぶ。中国による南シナ海での“膨張”を阻止するための、いわば「中国包囲網」である。安倍首相は同海域が「北京の湖」になるのではないかと危惧している。日本と中東とを結ぶシーレーンが脅かされるからに違いない。

 2015年11月5日、菅義偉官房長官は、(今年9月の「安全保障関連法案」成立を受け)南シナ海での海上自衛隊の活動について、将来、警戒監視活動などに参加する可能性を示唆した。

 これに対し、同13日、中国外交部の洪磊報道局長は、「日本には南沙諸島の主権問題であれこれと言う権利はない」と菅発言を批判している。北京政府は、海上自衛隊が南シナ海で警戒監視活動を行うことに釘を刺したと見られる。

米国も南シナ海での中国による人工島埋め立てに危機感

 周知のように、中国は西沙諸島(パラセル諸島)でベトナムと、南沙諸島(スプラトリー諸島)でフィリピンと領有権を争っている。

 けれども、ベトナムもフィリピンも海軍力が貧弱である。そこで、今年11月3日、安倍政権は、ベトナムに巡視船転用中古船2隻を引き渡し、中国を牽制した。

 ところで、米国防総省は南シナ海における中国の人工島埋め立て(軍事基地化)に危機感を抱いていた。今年5月頃、国防総省はオバマ大統領に「航行の自由」作戦を進言している。だが、同大統領は、ペンタゴンの進言を受け入れなかった。

 同9月下旬、習近平国家主席が訪米した際、オバマ大統領は習主席に対し南シナ海での人工島造成中止を要請した。だが、習主席は全く聞く耳を持たなかったという。そのため、同大統領は激怒した。まもなく、オバマ大統領は米軍に「航行の自由」作戦遂行を指令している。

 翌月(日本時間)10月27日、中国共産党18期5中全会開催の最中、米軍のイージス駆逐艦「ラッセン」(横須賀港が拠点)は、中国が主権を主張する南沙諸島の人工島から12カイリ(約22キロ)以内の海域に進入した。

 米軍は“慎重”にもスビ礁(満潮時、水面下となる“暗礁”)を選択している。国際法では、平和目的ならば暗礁に人工島を構築しても構わないとしているからだろう。だが、軍事目的の場合、明らかな国際海洋法違反である。

 この米軍の行動に対し、中国軍の艦艇2隻はイージス艦を追尾した。だが、実際は、中国軍は単に遠くから見守るだけだったと伝えられている。

  さらに、11月12日、米国防総省は、中国が領有権を主張する人工島に近い空域で、8日夜から9日にかけて、(わざわざ旧型の)B-52戦略爆撃機2機を飛行させた、と発表した。ステルス性の高いB2(スピリット)では、中国軍が飛行したことをレーダーで捕捉できない可能性もあったからだろう。

 米軍機は中国側の管制官から警告を受けたが、任務を敢行したという。同2機はグアム米軍基地から飛び立ち、「通常任務」を終えて帰還した。中国軍が米軍機に対し、スクランブルをかけた形跡がない。米軍の“挑発”に対し、中国軍は沈黙せざるを得なかったのだろうか。

  今年11月15日・16日にはG20首脳会議がトルコ・アンタルヤで開催され、また、同19日・20日、APEC首脳会議がフィリピン・マニラで開催される。その際、安倍首相が南シナ海での問題を取り上げる構えを見せている。

 他方、中国側は、APEC議長国であるフィリピンにその議題を避けるよう要請したという。

 

筆者の記事一覧はこちら

【国際】の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

入学試験や資格取得のための勉強法については、さまざまなハウツーコンテンツが世にあふれている。そんな中、独自の学習理論で注目されているのが、サイトビジット社長の鬼頭政人氏。勉強法という個人的な問題を解決するためのサービスを、「働き方改革」を推進する法人向けにも展開している。(取材・文=吉田浩) …

鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年2月号
[第45回経済界大賞]
  • ・[大賞]新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・[特別賞]小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)
  • ・[優秀経営者賞]水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・[優秀経営者賞]青野慶久(サイボウズ社長)
  • ・[ベンチャー経営者賞]及川智正(農業総合研究所会長CEO)
  • ・[ベンチャー経営者賞]山本正喜(ChatworkCEO兼CTO)
  • ・[グローバル賞]ハロルド・ジョージ・メイ(新日本プロレスリング社長兼CEO)
  • ・[100年企業賞]高松建設(高松孝年社長)
[Special Interview]

 新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

 創業精神の共有から始めた米ビーム社との統合作業

[NEWS REPORT]

◆海外メーカーを次々と買収 キリンがクラフトにこだわる理由

◆売上高は前期比3割増 止まらぬワークマンの快進撃

◆第3の都市はどこに? 「スタートアップ拠点」争奪戦

◆寿司屋の大将は3Dプリンター? 電通が画策する未来の飲食

[特集]

 もっと眠りたい

 明日のパフォーマンスを劇的に高める

 一流の睡眠術

ページ上部へ戻る