広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

恋愛・結婚・出産を諦める韓国の過酷な実態「三放世代」「五放世代」「七放世代」にとどまらず「三不社会」

変貌するアジア

 周知のように、OECD(経済協力開発機構)中、韓国の自殺率が1番高い。2003年から2013年まで11年連続である。韓国の自殺率は10万人当たり29.1人で、2番目はハンガリー(19.4人)、3番目が日本(18.7人)と続く。特に、韓国では、若者の自殺率が高い。死因の第1位が自殺である。

【韓国の過酷な実態】〜「三放世代」、「五放世代」、「七放世代」〜

 韓国の20代・30代へのアンケート(就職ポータルサイト・ジョブコリア。複数回答)結果を見ると、同国の過酷な実態が分かる。彼らは人生で“何かを諦める”必要があるというのだ。
 多くの若者は、①恋愛、②結婚、③出産を諦める。そのため、彼らは「三放世代」と呼ばれる。この3つに加えて、マイホームと人間関係(構築)を諦める「五放世代」、さらに夢と希望を諦める「七放世代」とも言われる。
 男性が諦めるのは、順に①結婚、②夢、③マイホーム、④出産、⑤恋愛である。他方、女性が諦めるのは、①出産、②結婚、③マイホーム、④夢、⑤希望の職業である。
 また、85.9%若者が、以上のいずれかを諦めなければならないと答えている。反対に、諦めないと答えた若者は、14.1%にすぎない。

 今、「働けば働くほど貧しくなる」と考えている韓国人がいる。また、「1日16時間働いても豊かになれない」と嘆く韓国人もいる。多くの韓国人は、労働意欲を喪失しているふしがある。

【韓国の過酷な実態】〜「労働意欲」の喪失〜

 IMD(スイス国際経営開発研究所)の調査によれば、韓国人の労働意欲は他のアジア諸国・地域と比べ著しく低い。61カ国中、韓国人は54位である。この順位は、52位のイタリア人、53位のロシア人の下に位置する。
 香港人は7位、台湾人は9位、日本人は11位、シンガポール人は21位、大陸の中国人は25位だった(ちなみに、1位がスイス人、2位がデンマーク人、3位がノルウェー人である)。
 韓国は日本をはるかに凌駕する「学歴社会」である。特に、大学受験は国を挙げてのメインイベントとなっている。また、大学での成績が良くないと、まず大企業には入れない。したがって、日本の大学生とは違って、韓国の大学生はほとんど遊ぶ暇はない。

 一般に、多くの韓国人は「寄らば大樹の陰」で“大企業依存症”である。起業する人は多くない(この点台湾人と真逆である。多くの台湾人は起業して「老板」〈=社長〉になるのが夢である)。
 そのため、韓国を代表する10大財閥(韓国GDPの約75%を占める)に勤めれば、“成功者”と見なされるだろう。ただし、従業員300人以上の大企業は、非正規雇用者が176万人おり全体の38.3%にも達する。非正規従業員が正規従業員に“昇格”する可能性は低い。

 

【韓国の過酷な実態】〜「不公平、不安、不信」の「三不社会」〜

 さて、現在の韓国では「不公平、不安、不信」の「三不社会」だと言われる。
 第1に、貧富の格差である。韓国では、大企業と中小企業の賃金格差が100対40だという。歴代政権が、大企業優先の施策を採ってきたので、大きな格差が生まれたと考えられる。

 第2に、年金制度である。1988年に公的年金が導入された(当時、既に軍人・私学教員・公務員のための年金制度は存在していた)。原則、60歳以上に支給されるが、2013年から5年ごとに支給年齢が1歳ずつ上がる(2033年には65歳からの支給となる)。しかし、年金未加入者は40%以上にも及ぶという。

 また、日本と比べ、韓国の年金は1カ月平均4.4万円と低い(生活保護給付金4.7万円よりも劣る)。具体的な例を挙げてみよう。
 平均月収約23万円で、年金支払い年数が20年の場合、1カ月約2.3万円である。同額の月収で、年金の支払い年数が40年になっても2.9万円しか支給されない。
 平均月収約230万円でも、年金支払い年数が20年の場合、年金支給額は1カ月約5.4万円である。同額の月収で、年金支払い年数が40年でも、年金受給額は月額約10万円程度となっている。
 もし老後の蓄えがなければ、高齢者にとって生活は厳しいだろう。

 第3に、医療保険である。韓国の医療保険は支払い額が少ない。けれども、その分、自己負担の割合が大きい。大病院になるほど、自己負担率が3割から6割へと上昇する。したがって、病気・怪我で入院した際には、医療費が高額となるのを覚悟しなければならない。
 また、病気の早期発見に有益なCTスキャンやMRI等の検査は100%自己負担となる。そのため、一部の韓国人は病気が重くならないと病院へは行かない(ただ、がんなどの重篤な病気に限り、自己負担は軽くなる)。
 韓国の高齢者が病院へ行っても、青壮年と自己負担率は変わらない。したがって、高齢者には負担が重くのしかかる。

  結局、現代の韓国は、「三放世代」の若者はもとより、高齢者も生きづらい社会と言えるのではないだろうか。
 
 

【澁谷 司】氏「変貌するアジア」過去連載一覧はこちら

【国際】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る