政治・経済

エコで高齢者が参加でき、雇用のある社会を目指す「プラチナ構想」の実現をライフワークとする小宮山宏・三菱総合研究所理事長。その主張については本誌コラム「視点」にて何度か紹介しているが、あらためて日本が目指すべき社会の姿と、その実現に向けて、今年特に注目したニュースについて語ってもらった。 聞き手=本誌編集長/吉田 浩 写真=佐々木 伸

三菱総合研究所 小宮山 宏理事長の2015年で一番明るいニュースとは

(こみやま・ひろし)1944年生まれ、栃木県出身。67年東京大学工学部化学工学科卒業。72年同大学大学院工学系研究科博士課程修了。88年東京大学工学部教授、2000年工学部長、大学院工学系研究科長、03年副学長などを経て、05年第28代総長に就任。総長退任後、09年4月に三菱総合研究所理事長就任。プラチナ構想を提唱し、実現に向けた活動を精力的に行っている。

(こみやま・ひろし)1944年生まれ、栃木県出身。67年東京大学工学部化学工学科卒業。72年同大学大学院工学系研究科博士課程修了。88年東京大学工学部教授、2000年工学部長、大学院工学系研究科長、03年副学長などを経て、05年第28代総長に就任。総長退任後、09年4月に三菱総合研究所理事長就任。プラチナ構想を提唱し、実現に向けた活動を精力的に行っている。

―― 2015年を振り返って、特に気になったニュースは何ですか。

小宮山 まず、TPPが合意に達したというのは日本にとって良い話だと思いました。飽和している先進国の需要を途上国との連携で活性化していこうということなので、それ自体は正しい方向だと思います。先進国はどこもそうですが、自動車の台数にせよビルなど建造物の数にせよ、今以上には増えず、これまでつくったもののリプレイスが中心です。そうした中、中国でも需要の飽和がかなり明確になってきました。これを一過性のものと見るか構造的なものと見るかですが、私は構造的なものだと考えています。例えば中国のセメントの生産量は、人口1人当たりに換算すると約18トンですが、この値は米国を既に超えているのです。自動車にしても、日本では100人に対して45台の車がある計算ですが、中国が07年には2台、それが今や10台に増えています。あと7~8年で先進国に追い付くでしょう。このように中国でも飽和が近づき、今後はますます低成長になっていきます。1960年代の日本が10%近い成長を遂げて、どんどんペースを落としていったように、先進国が辿ってきたルートに中国も入ったということです。

―― 中国の急成長と減速は、先進国のペースと比べてもかなり早いですね。

小宮山 そうですね。それと、先進国の中では、米国が一番ゆっくりとしたペースで成長してきました。例えば、モータリゼーションにしても米国が試行錯誤しながら進め、他の国はそれを真似てきたわけです。

―― かつては米国が他国のお手本になってきたわけですが、今は課題先進国として日本が世界の見本になろうとしています。これから日本はどんな社会を目指すべきでしょうか。

小宮山 地球環境問題を例に挙げて言えば、先日、トヨタ自動車が発表した内容が非常に印象に残りました。トヨタは電気自動車、プラグインハイブリッド車、水素自動車などによって、50年に走行中のCO2排出量を10年比で90%減らすと発表しました。また、自動車から自動車を造るといったことにも言及しています。現在、日本にある自動車は約5800万台ですが、これ以上は増えません。廃車になった数だけ、新車が造られる構図です。人工物が飽和した先進国では、都市鉱山にレアアースや鉄といった資源が豊富にあり、これを回収して新たに自動車を造るということ。鉄鉱石からスクラップへの移行ですが、これこそが21世紀の本質と言えるでしょう。珍しく日本の企業がバックキャスティング、つまり将来の社会の姿を想定し、そこからさまざまな計画を作っていくという姿勢を見せました。今年、一番明るいニュースはこれだと思っています。

―― 日本ではトヨタのような民間企業が主導するにしても、中国では国策として取り組まないとうまくいかないのでは。

小宮山 難しいでしょうね。そもそも自由のない国では効率が悪過ぎてうまくいかないのではないでしょうか。ですから、中国が強くなり過ぎて困るというより、経済の早過ぎる減速といびつな構造によって中国が弱体化し、世界経済の牽引役がなくなることのほうが懸念されます。中国の次に牽引役として期待できるのは、インドとアフリカぐらいしかありません。そういうことがさらにハッキリと見えてくるのが16年だと思います。

三菱総合研究所 小宮山 宏理事長が注目したニュースとは

―― ほかに注目したニュースはありますか。

小宮山 20世紀は化石資源の時代でしたが、それが再生可能エネルギーに変わるのはほとんど確実です。21世紀は都市鉱山と再生可能エネルギーの時代。ここで日本がリードできるかどうかが非常に重要です。その意味で、米テスラモータースとパナソニックが協業して、蓄電池の生産を行うというニュースにも明るさを感じました。多くの日本企業は、世界の先頭を切って課題解決を担うというフロンティアスピリットに欠けているが技術はある。一方、テスラにはフロンティアスピリットがある。だからこの2社は良い組み合わせだと思います。先ほど挙げたトヨタの例もそうですが、こうした取り組みで日本を代表する大企業の名前が出るのは良いことだと思います。

―― 日本の課題として、超高齢化社会への取り組みもあります。

小宮山 地域で包括ケアなど、健康と自立を助ける産業が非常に重要になってくるでしょう。「医療・介護」はどちらかと言えば後ろ向きの考え。もちろん最後はそれらが必要になりますが、その前に健康支援産業と自立支援産業をもっと育てることが必要です。ロボットスーツの「HAL」を手掛けるサイバーダインや電動車いすを開発したWHILLといった企業が良い例ですが、そうした企業が世界を引っ張れる存在になれるかどうか。ここは本当に日本に頑張ってほしいところですね。

世界を引っ張る日本企業が出てくるためには

―― 日本からグローバルベンチャーを生み出すにはどうすれば良いでしょうか。

小宮山 東京大学の五神真総長が本格的な産学連携をやると宣言して、大企業の中に眠っているベンチャーの種を外部に出して事業化していくモデルを考えています。企業で眠っている知財や人材を、大学と連携させていこうという試みです。日本は大企業が強く、ベンチャーが出ていく隙間がないことが課題になっていますが、私はシリコンバレーと組んでしまえばいいと思います。先日、シリコンバレーに行っていろいろな人と話をしましたが、やはり向こうには自分でベンチャーを興して成功した人たちが日本とは比べものにならないほど多く、その人たちが次にベンチャーの出資者になる。そして、資金を出すだけでなく、メンターとなって一緒にやるのです。これは世界のどこも真似できない、シリコンバレー特有のエコシステムです。そもそも向こうでは、ベンチャーというものは9割がた失敗するものと定義していて、そこからスタートします。そういうプラットフォームを、日本も利用させてもらえばいいのではないでしょうか。

―― これまでの経緯から、日本では産学連携はうまく行かないイメージです。

小宮山 だからこそ、エコシステムが重要です。東大にはTLO(技術移転機関)があって、先生たちの研究から成果を吸い上げるシステムができましたし、エッジキャピタルやアントレプレナー道場、さらに安く提供するオフィスをつくったりして、成功例が出ています。一時はベンチャーキャピタルがもっと必要と言われていましたが、資金だけ出しても仕方がありません。こうした一気通貫のシステムが必要なのです。

―― 今や、それほど資金を必要としていないベンチャーも多いですからね。

小宮山 そうです。シリコンバレーと日本との違いは、そういう部分です。日本からグーグルやフェイスブックのようなグローバルベンチャーが1社でも出てくれれば、状況は変わるのではないかと思います。そのためには、勇気を持って国内の規制を突破するところが出てきてほしい。最近急成長している配車アプリのUberや民泊を仲介するAirbnbなどのビジネスは、どこの国でも普通は所轄官庁から認可など下りないと思います。でも、一気に拡大することで、世界的なデファクトスタンダードになってしまっている。Youtubeもグーグルのストリートビューもそう。でも、彼らはやってしまう。日本ではどうしても事業をスタートする前に所轄官庁と相談するけど、事前に相談しても駄目だと言われることが多い。だから、駄目だと言われても規制のせいにせず、やり続けるベンチャーが出てきたら面白いですね。日本で難しければ、シリコンバレーでやればいいと思います。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る