政治・経済

予想どおりにお話の面白い野田聖子さん。意外にも国際派だった少女時代から、偉大な官僚政治家である祖父の養女となった経緯に続き、今回は政治の世界に飛び込んでから、自民党総裁選に出馬しようとして挫折するまでを語ってもらった。今、最も注目される政治家が、いかにして誕生したか、という物語である。

祖父の後援会から託されたリベンジ

写真左、德川家広氏(政治評論家) 写真右、(のだ・せいこ)1960年福岡県北九州市生まれ。祖父は野田卯一氏(元大蔵省事務次官、専売公社総裁、元建設大臣・経済企画庁長官)。83年上智大学外国学部卒業後、帝国ホテルに入社。87年自民党公認で岐阜県議会議員に当時史上最年少で初当選。90年衆議院選挙初出馬・落選を経て、93年旧岐阜1区から衆議院議員初当選。現在8期。98年小渕内閣で、当時史上最年少(37歳)で郵政大臣として入閣。2005年「郵政選挙」後に自民党離党。06年自民党復党。その後国務大臣(消費者担当、食品安全担当、科学技術政策担当)、自民党総務会長を歴任。著書に『私は産みたい』(新潮社刊)『不器用』(朝日新聞社刊)、『この国で産むということ』(共著、ポプラ社刊)など多数。

写真左、德川家広氏(政治評論家)
写真右、(のだ・せいこ)1960年福岡県北九州市生まれ。祖父は野田卯一氏(元大蔵省事務次官、専売公社総裁、元建設大臣・経済企画庁長官)。83年上智大学外国学部卒業後、帝国ホテルに入社。87年自民党公認で岐阜県議会議員に当時史上最年少で初当選。90年衆議院選挙初出馬・落選を経て、93年旧岐阜1区から衆議院議員初当選。現在8期。98年小渕内閣で、当時史上最年少(37歳)で郵政大臣として入閣。2005年「郵政選挙」後に自民党離党。06年自民党復党。その後国務大臣(消費者担当、食品安全担当、科学技術政策担当)、自民党総務会長を歴任。著書に『私は産みたい』(新潮社刊)『不器用』(朝日新聞社刊)、『この国で産むということ』(共著、ポプラ社刊)など多数。

德川 政治家になる決断は、どのように。

野田 帝国ホテルに勤めていた25歳の時に、私が「島聖子」から「野田聖子」になったと風の便りに聞いた祖父・野田卯一の後援会の人たちが「後継者ができた!」と勘違いしたんです。中選挙区時代は同じ自民党同士で戦うわけですから、後援会同士も騎馬戦みたいに熱くなるわけです。祖父も大野伴睦さんとか、松野幸泰さんとか、すごく猛々しい人たちを相手に激しい選挙を繰り広げていました。本人はともかく、後援会の人々たちはお互いに喧嘩しているわけです。自分が応援している代議士が落選したら村八分になるわ、入札に参加できなくなるわ、昔はそういうことが露骨にできた時代でした。だから野田卯一を担いでいた人たちは、祖父が落選後に何の表明もなしにフェードアウトしたことを、すごく怒っていたわけです。

 それで後援会の青年部――私に会った時はもう中年部(笑)のおじさんたちがいて、いきなり電話がかかってきたんです。でも岐阜弁で喋っているから、何を言っているか全然分からない(笑)。「お前のお祖父さんがどうのこうの」「お前が代わりにどうのこうの」「選挙がどうのこうの」と、断片的にしか聞き取れなくて。そうしたら、その人たちが祖父にも父にも同じようなことを言ったらしいんです。要は「祖父のせいで、自分たちはずっと辛い目に遭ってきた。そのリベンジの時が来た。後継者ができたんだから、政治の道を歩ませろ。そうしないと一生野田家を許さない」みたいなことを言われて(笑)。私は何も意味が分からないなりに、還暦近いおじさんたちから岐阜弁で「おまはんしかおらん(お前しかいない)!」と言われたことは、若い自分には初めての経験で、ずしんときたんですね。

德川 岐阜に行って驚いたことは。

野田 まず、言葉が全く通じないことです。今でもそうですが、政治の世界は高齢者が多く、方言がキツいんです。地元の若者は政治に無関心で私のことなんか相手にしてくれなかったから、70代、80代の人を対象に岐阜弁を勉強することになりました。それで若者の集まりに行って仲良くしようとして岐阜弁を使うと「ばばあみたい」と言われて逆効果になることもしばしばでした(笑)。

周囲の反対の中、祖父が国政選挙を後押し

德川 最初のチャレンジで当選されましたか。

野田 最初は岐阜県議会だったんですね。看板は「野田卯一の孫」「女性初」「20代」というものですが、それだけでは保守的な地域では受からないだろうということで、お祖父さんの古い名簿をもとに1日100軒歩きました。朝9時から夕方6時までに100軒回って名刺を置いてくるというノルマを自分に課して、つらかったですね。でも、あの経験があったから30年もったのかなと思っているんですけど。

德川 県議会は早くに辞めて、国政に転じた転機となったのは。

野田 霞が関の役人が、いかに地方を馬鹿にしているかを目の当たりにしたからです。県議として地元の市長さんに付き添って建設省(現国交省)に陳情に行った時のことです。市長は牧田さんという当時70歳くらいの元お寺の住職でした。書の達人で、とても尊敬できる人生の大先輩でした。それが建設省の担当の課に行って「岐阜市から来ました」と言うと、20代の兄ちゃんが顔も上げずに「そこへ置いておいて」と一言。そんな無礼なことされたのが初めてだったので、本当にびっくりしちゃって、頭に血が上ってしまいました。今もまだひどいですが、当時も「2割自治」とか「3割自治」と言って、地方自治体は国にお伺いを立てないと自前では何もできませんでした。だから県議の立場では何もできないと悟りました。

德川 国政に出たいと言った時の周囲の反応は。

野田 「馬鹿か」と言われました(笑)。岐阜弁で言うと「たわけ」ですね。県議になって3年目の時に衆議院が解散になったので、まだ1期目も終わっていなかったんです。でも、地方がこれだけ「国の奴隷」になっているのが嫌だという私なりの「義」がありました。それから、女性の議員が少なかったことにも違和感を抱いていました。特に重要だったのが、当時の社会党の勢いでしたね。土井たか子さんがトップになって「山は動いた。自民党は消費税を上げちゃって、主婦を殺すぞ」と言っていました。多くの政治に関心のない女性の有権者が「これからは社会党よね」と言い出し始めた時代だったんです。そこで背中を押してくれたのが祖父・野田卯一でした。最初は反対だったんですが、もっとシビアな世界で磨かれなさいという親心だったと思います。皆が「たわけ」と言っている中で「チャレンジしろ、そうしないと人生が停滞する」と言って、老骨に鞭打っていっしょに有権者の元を回ってくれました。

德川 でも、落選してしまった。

野田 ボロ負けです。約5万5千票取れましたが、当時の当選ラインが10万票だから「泡沫候補」ですね。しかも共産党の候補者よりも少なかったですから、めちゃくちゃ格好悪い大惨敗です。やめてもよい状況だったんですが、ある日、応援してくれた人の1人が甲子園球場に連れて行ってくれて「5万5千人というのはこの甲子園を満席にする数なんだ」と私に向かって言ったんですね。「これをいっぱいにするだけの人が見たことも聞いたこともない若い女に何かの気持ちを託してくれたんじゃないの? ここでやめるのは君の勝手だけれど、その人たちに礼を尽くしておかないと、その後の人生ずっと辛いんじゃない?」。これで火がついて「もう一度だけトライする、それでもダメならやめさせて」ということにしたんです。

 当時は海部俊樹政権で、すぐに解散があると思われていたんですが、意外に長くもって、そのまま宮澤喜一政権になります。1年頑張ろうと思っていたのが、結局3年以上伸びちゃって。県議の時と同じく、朝9時から夕方6時まで戸別訪問です。中選挙区は4市6郡と広くて、そこを歩き回って、ついには疲労骨折で踵が割れました。でも、私にはそれ以外に手立てがなかったんですね。3年かけて私が8万軒、父と母が1万軒ずつ回りきりました。結局、1993年の衆院総選挙では10万票ちょっとで当選しました。でも、せっかく通ったと思ったら、細川護煕内閣になって自民党が38年ぶりに下野して野党だったんですが(笑)。

アベノミクスには「中間考査」が必要だった

德川 話は飛びますが、今年自民党の総裁選に出馬しようとなさった動機は。

野田 3年前に始まったアベノミクスの「中間考査」の時機が来たと思ったことです。去年12月「この道しかない」と言って衆院選挙で勝ったわけですが、経済環境が変わってきた中でいろいろと問題が出ているのに手直しもできていません。多くの国民が賛成だと思っていたら、今では支持率は5割を切っている。そういう中で、衆人環視の中でディベートができれば自民党の延命にもつながると思いました。自民党は多様な政党ですから、安倍さんの政策に賛成でない議員もいるわけで、ディスカッションをすることは国民にとってマイナスではないと、今でも思っています。

 総裁選が実施されないことになった時の政権、執行部の言いぶりは安保法制がかかっていて、総裁選を楯に野党がサボタージュしたら、この大切な法案が通らないというものでした。でも、それもおかしいと思います。アメリカと緊密な関係を維持するのはもちろん大事ですけれど、日本経済がポシャった時に、アメリカが同盟国だから日本経済を助けてくれるかというと、その兆しはほとんど見えない。アメリカは同盟も重視しているけれど、日本経済が健全化することが同盟の基礎だと思っているのではないかと思います。

文=德川家広 写真=幸田 森

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル   不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。  かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。  この登…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界9月号
[特集]
人材恐慌 この危機をどう乗り切るか

  • ・企業が脅える人材恐慌最前線
  • ・人材不足の処方箋 働き方改革でどう変わる?
  • ・加藤勝信(働き方改革担当大臣)
  • ・神津里季生(日本労働組合総連合会会長)
  • ・中田誠司(大和証券グループ本社社長)
  • ・若山陽一(UTグループ社長)

[Interview]

 松本正義(関西経済連合会会長)

 2025大阪万博で関西、日本は飛躍する

[NEWS REPORT]

◆第4次産業革命に走る中国、遅れる日本 松山徳之

◆格安スマホに対抗しauが値下げ これから始まるスマホ最終戦争

◆減収続くも利益率は向上 富士通・田中社長の改革は本物か

◆破綻からわずか2年 スカイマークが好調な理由

[政知巡礼]

 野田 毅(衆議院議員)

 「社会保障の安定した財源は消費税しかない」

ページ上部へ戻る