文化・ライフ

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

ドーピングの過去① 結果を出せば地位と生活は保証された

 ロシアの“国策ドーピング”がメディアをにぎわしている。

 世界アンチドーピング機関(WADA)からの勧告を受けた国際陸連はロシア陸連に対し、暫定的な資格停止処分を課した。この処分が解除されない限り、ロシアの陸上選手は2016年リオデジャネイロ五輪に出場できない。

 五輪を国威発揚のために利用してきた国が、国威を示す最高の舞台である五輪から締め出される――。これ以上の皮肉はあるまい。

 「誰かがアンチドーピングの規則に違反した責任をとるとすれば、それは個人だ」

 ウラジーミル・プーチン大統領はトカゲの尻尾だけ切って生き残ろうとする腹のようだが、そううまくいくのか。

 というのもソ連をはじめとする旧共産国には“国家ぐるみ”でドーピングに手を染めてきた過去があるからだ。

 旧共産国の選手はステートアマと呼ばれ、五輪をはじめとする国際大会で輝かしい成績を残せば、高い地位と安定した生活が保証された。

 つまり国際大会で結果を出すことと国家に貢献することは同義だったのである。そしてその触媒の役割を担ったのがドーピングだった。

 ドーピングが猛威を振るったのが1988年のソウル五輪である。禁止薬物の使用で男子100メートルのベン・ジョンソン(カナダ)をはじめとする10選手が失格処分となった。

 しかし、ドーピング・コントロールセンターの朴鍾世所長は閉会後、計34選手が尿検査で陽性反応を示したことを明らかにした。

 残りの24選手の中には女子100メートル金メダリスト(米国)のフローレンス・グリフィス・ジョイナーも含まれていたといわれるが、今となっては真相は藪の中だ。

 ジョイナーは98年に38歳の若さで世を去った。死因は心臓発作だった。

 ジョイナーはソウル五輪直前になって記録を伸ばし始めた。ネイルアートに凝ったり、ケバケバしい化粧や髪型が話題になり始めたのもこの頃である。その頃、欧米のジャーナリストから、よくこんな話を聞いた。

 「これはドーピングでたくましくなった筋肉をカムフラージュするためにやっているのではないか……」

 鎧のような筋肉に向けられるはずの視線を、別の部分に振り向けるためにジョイナー陣営が画策したのだ。

 実際のところは分からないが、さもありなんという話ではあった。

ドーピングの過去② ベルリンの壁の崩壊でドイツのメダル数は激減

 東ドイツの女子競泳選手クリスティン・オットーも、陽性反応を示しながら罰せられなかった選手のひとりだと言われている。

 オットーはソウル一大会だけで50メートル自由形、100メートル自由形、100メートル背泳ぎ、100メートルバタフライ、400メートルリレー、400メートルメドレーリレーと6つの金メダルを胸に飾った。

 彼女は「知らなかった」と弁明したが、大会後、西ドイツに亡命した役員によってオットーのドーピングが明らかになる。

 東側諸国の中でも、特にドーピングに染まりきっていたのが東ドイツである。素質を見込まれた女子選手は早い段階から筋肉増強剤のアナボリック・ステロイドや男性ホルモンのテストステロンを投与、もしくは注入された。

 これらによる健康被害は深刻で、後に性転換手術を余儀なくされる選手まで現れた。

 ソウル五輪で東ドイツは金銀銅合わせて、ソ連に次ぐ102個のメダルを獲得した。人口1700万人の小さな国を大きく見せるため、時の政権は、これでもかと言わんばかりにスポーツを政治利用したのである。

 ソウル五輪の翌年、ベルリンの壁は崩壊し、ドイツは統一される。そして迎えた92年のバルセロナ五輪、統一ドイツは82個にまでメダル数を減らした。

 4年前には先述したように東ドイツだけで102個、西ドイツも合わせると142個ものメダルを獲得していた。メダル数の激減は東ドイツの国家ぐるみのドーピングを裏付ける傍証となった。

 ドーピングに関与したコーチが後に中国に招かれ、東ドイツ流の“国策ドーピング”を移植したのは記憶に新しい。

 その結果、中国は「競泳王国」となったが、選手の多くは禁止薬物の存在を知らされていなかったという。

 94年の広島アジア大会で中国は11人ものドーピングによる失格選手を出し「国家ぐるみではないか?」と追及された。検査に立ち会った競技役員は「地方のコーチが実績を上げるために勝手にやった。断じて国家レベルの政策ではない」とシラを切り通した。

 まさに今のプーチンが、その態度だ。あたかも出来損ないの映画のリメイクを見ているようである。

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る