広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

組込みソフトウエアの受託開発を軸に、IoTソリューションを展開――天野豊美(PCIホールディングス社長)

PCIホールディングス・天野豊美社長が今後注力するIoTソリューション

(あまの・とよみ)1949年東京都生まれ。75年青山学院大学経済学部卒業後、日本エヌ・シー・アール(現日本NCR)入社、96年常務。2001年しんきん情報システムセンター理事。04年Y&Uを設立し社長に就任。05年M&S(現PCIホールディングス)を設立し社長に就任。10年PCIアイオス取締役。12年PCIソリューションズを設立し社長に就任。14年Inspiration取締役。15年8月4日 マザーズ上場。

(あまの・とよみ)1949年東京都生まれ。75年青山学院大学経済学部卒業後、日本エヌ・シー・アール(現日本NCR)入社、96年常務。2001年しんきん情報システムセンター理事。04年Y&Uを設立し社長に就任。05年M&S(現PCIホールディングス)を設立し社長に就任。10年PCIアイオス取締役。12年PCIソリューションズを設立し社長に就任。14年Inspiration取締役。15年8月4日 マザーズ上場。

 システム開発や保守などを手掛けるPCIソリューションズ、カルチャースクール統合管理システムや再生可能エネルギー運用・保守支援サービスを行うPCIアイオス、自動車ディーラーサポートやシステム開発、コンテンツ制作、セミナー・研修などを行うInspirationの3つの事業会社を持つ純粋持ち株会社として、グループの戦略策定、経営資源の最適配分、事業子会社の経営監督を行う。ITソリューション・ビジネスをコア事業に掲げ、“積極的(Positively)に、変化(Change)と革新(Innovate)し続ける企業でありたい”を行動指針とする。

 「ホールディング制は、屋上屋を重ねることになるのでコストがかさみます。しかし、事業会社はそれぞれ文化も異なり、それを一緒にするより、それぞれの事業に専念してもらい、資金面を含め、対外的なことはすべて引き受けるほうがいいという判断です。IT業界は大手が受注した仕事を子会社、孫会社に請け負わす“ゼネコン構造”です。これを合従連衡にして変えていきたいという気持ちもあります」と言う天野豊美社長。

 自身も以前、日本NCRで技術職、営業職を経て、常務まで務めた。当時は気付かなかったこの構造問題を、独立後に体験。その後、請われて信用金庫業界のシステム構築のサポートを依頼される。外資系でシステムを売る立場と、逆に純国産でシステムを発注する立場の両方を経験した。2005年、M&S(現PCIホールディングス)を設立する。

 傘下のPCIソリューションズは、自動車や重機・建機などに組込むソフトウエアを受託開発する。120を超える企業との取引実績を持つ。自動車ではエンジン制御ユニットや車載ネットワークなど、動作の信頼性が求められる装置のソフトウエア開発に強い。

 自動車関連向けソフトウエア開発を含む「テクニカルソリューション事業」では、顧客のリピート率が90%以上と高い。デジタルカメラやスマートフォン、携帯電話基地局向けソフトウエアなども手掛ける。世界的な自動車生産の拡大を追い風に業績好調が続いており、15年9月期連結売上高は前期比13・7%増の78億5千万円、経常利益は24.9%増の5億4千万円となった。

 「自動車向けの組み込み系ソフトウエアは求められる技術水準が高い。今後注力するのが、あらゆるものをインターネットにつなげるIoT(インターネット・オブ・シングス)、IoE(インターネット・オブ・エブリシング)です。現在はIoT分野の売上高比率は7%前後ですが、将来は20%から30%を占める中核事業に育てたい」

天野豊美社長が語るPCIソリューションズの強みと団体力

 現在、PCIソリューションズがコンテンツプロバイダーであるアマネク・テレマティクスデザイン社と共同で進める通信と放送を融合したV-Lowマルチメディア放送は、16年春からの福岡・東京・大阪を皮切りに全国展開される。地域に特化したデジタル放送で、渋滞情報、音楽、クーポンなどの新しい放送番組だ。

 また、すれ違い情報交換アプリ「Ichigo-Ichie」は、試作段階ではあるが、情報伝達範囲を限定し、訪日外国人旅行者に焦点を当てた情報をタイムリーに提供するもの。太陽光など再生可能エネルギー発電施設における発電状況モニタリングのための遠隔監視システムの開発と、付随する再生可能エネルギー発電施設の運用・維持管理支援サービス(O&M)も提供している。

 「私たちの一番の強みは技術力と、これを支える人材。IT業界平均の離職率は10%前後といわれる中で、当社が4%程度と低いのは、純日本的ないい文化を持っているからです。例えば、誰かが病気になると、週末に上司が心配して見舞いに行くし、新入社員でちょっと弱い者がいたら、チームで支えてしっかり育てることをする。

 お節介と思われるかもしれませんが、個の力より団体の力を大事にしています。IT業界はどうしても残業が多くなる時があります。3カ月で120時間の残業までに抑えるようにしていますが、どうしてもきついなと思うときは、上司がクライアント先に出向いて、担当者の変更をお願いし、社員を守ることもしています。お金は大事ですが、それより大切なのは、夢と希望と安心。この会社にいればいつまでも安心で幸福だと思える会社にしたい」

 先進的なIT業界にあって、なんとも“浪花節”的な話が新鮮だった。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る