政治・経済

株高と円安に頼ってきたアベノミクスの失速、集団的自衛権の行使を限定的に可能にする安全保障関連法制の可決、第3次安倍改造内閣の発足等々、2015年も永田町ではさまざまなドラマが展開された。今回は特別企画として、政治経済評論家の德川家広氏と、本誌連載「永田町ウォッチング」で筆を振うジャーナリストの山田厚俊氏、鈴木哲夫氏の3人を迎え、座談会を敢行。同コーナーの誌面を彩った、のり氏のイラストを眺めつつ、15年の安倍政治を振り返るとともに、16年の政局を占ってもらった。 構成=本誌編集長/吉田 浩 イラスト=のり

2015年安倍政権の評価はいかに

第3次安倍改造内閣人事ではしたたかさを見せつけた(本誌11月17日号)

第3次安倍改造内閣人事ではしたたかさを見せつけた(本誌11月17日号)

德川 私は国政を動かすのは外交だと思っています。そういう意味で2015年のトピックの1つがつい最近中国と日本で知的財産権を一緒にやりましょうとなったこと。これが日中間の最大の懸案でしたが決着がついた。これから日中関係は財界ベースでは画期的に良くなります。でも、安倍首相の外交思想を支える人たちは中国には否定的で親米派。安倍首相がそうした周辺を振り払って中国といい関係を作れるかカギです。

鈴木 私は15年、安倍首相が恐ろしいまでのしたたかなガバナンスを見せつけたと思います。内閣改造でもライバルを登用して発言を封じ込めたり信賞必罰があったり。国会運営も安保法制で国会を長期に延長し、そこへ反発できないように総裁選日程を組み込んだりといやらしいぐらいのしたたかさでしたね。

山田 そうやって、いろんなことを果敢にやる、鬼気迫るところの根源にあるのは、あまりよろしくない体調ではないかと私は思っています。安倍さん自身が誰に何を言われようともやり遂げる強さがあり他を圧倒しているのは、体調の関係でそう長く続けられないから一気にやるんだと。

德川 私は、一強で何でも強引に進める安倍首相が、あの支離滅裂な論理の安保法制で失敗して、国民の批判を浴び、有権者も気付くんじゃないかと思っていましたが、終わってしまうとやっぱり有権者は忘れてしまうんですかね。内閣支持率も回復しつつあります。

山田 ホルムズ海峡なんかを持ち出して安倍首相は説明していたが、あれはごまかし。アメリカがやりたくない所を日本にやってくれというウラがある。そこの議論もなかった。

德川 私は安倍政権の命運を握るのはやっぱり株価だと思います。アベノミクスの第3の矢の成長戦略は全然ダメ。結局株高と円安だけです。

鈴木 第3の矢とされた成長戦略は、徹底した規制緩和であとは民間に頑張ってもらうということでしたが十分じゃない。

山田 東南アジアの大使館の人と話をしたが、日本に輸出したくて規制緩和に期待していたが何もできていない。3本の矢ではなく3本の割りばしだと酷評でしたね。

20160112_ZADANKAI_P05

強引な手法で可決した安保法制に批判は高まったが支持率は回復基調に(本誌5月26日号)

鈴木 15年10月の改造と同時にアベノミクスは道半ばなのに早くもこれが第2ステージに移るという。しかも、どこから湧き出てきたのか「1億総活躍社会」という概念や新3本の矢を掲げた。ところが中身はこれからというし、その後の議論を見てもバラマキ。参院選対策としか思えません。

德川 結局、15年は経済政策的には何もできていませんね。金融緩和を続けてジャブジャブ財政出動しながらテイクオフをじーっと待っている。その間何かしなければやっていないと思われるから、「1億……」とかいろいろ考えている。そもそも「活躍」って、年金が減って引退できない高齢者が増えて、老いも若きも総活躍しなければやっていけないということじゃないですか。皮肉な言い方をすれば(笑)。

鈴木 私は、安倍首相の方向に時代錯誤を感じるんです。高度成長期の夢よもう一度と。しかし、人口は今後も減るし高齢化は進む。税収も減る。身の丈に合った日本を目指して、経済や社会の仕組みを考えるべき。次世代を真剣に考えたリアリズムがない。

德川 安倍政権全体で今が1961年あたりと錯覚しているんじゃないでしょうか。ちょうど岸信介が引退した翌日に自分が総理になったつもりなんでしょう。アメリカに引っ付いていけば日本は高度成長ができるんじゃないかと。私は、経済政策で即効性は移民労働力の輸入だと思いますが安倍首相に付いている保守派ブレーン集団からすると許しがたいでしょうね。だから安倍首相もできない。

20160112_ZADANKAI_P06

体調問題への不安は依然ささやかれる(本誌12月1日号)

山田 政治は多様性を認めるということが必要です。少子化対策が最優先なはず。移民もそうです。そもそもそうした政治のやるべきことをやらずに、一方では安倍政権は経営者側に対して給与を上げろとか民への介入など平気でやっているような気がします。

德川 今賃上げしても貯金するでしょう。アベノミクスは、みんながインフレを予想して買い物をするだろうというものでしたが、その購買欲は結局なかったということですよ。

山田 そのあたりの軽さは、結局体調の関係でサミットまでだからだと。それ以降の政治日程や将来的な経済などに興味を示していない、あとは野となれ山となれなんだろう――、そう感じてしまうんですね。

ラストチャンスを迎える野党

20160112_ZADANKAI_P07

野党再編に大きな影響を与えそうな「おおさか維新の会」(本誌10月6日号)

山田 安倍政権がどうしようもないとしても、それでももっているのは野党がダメだから。

德川 自民党はとにかくコトがうまく行っているように見せるのがうまい。野党、特に民主党にはそれができていない。

鈴木 自民党の長老元議員の村上正邦さんと話したら、とにかく野党には「悪知恵」がないと。どう見せるかとか、敵をどう騙すかとか、政治は正論ばかりじゃだめだと。

山田 政権交代の機運が出始めた07年以降、政治家、特に民主党の政治家がこぞって言い出したのは「私は政局の話はしない、政策しかしない」でした。だから僕は「じゃあ官僚になれ」と言ってきた(笑)。政治家は「政局」は絶対条件ですよ。

鈴木 そういう意味で、今一番悪知恵を出しているのは共産党かもしれませんね(笑)。連合政府や参院選での野党統一候補など。

德川 民主党の岡田克也代表が決断できるかどうか分かりませんが、解党して野党みんなで新党をつくり安倍政権に対する受け皿をつくるというのは一般論的に正しいと思いますね。私は、岡田代表や民主党の決断を後押しするのはやはり株価次第だという側面があると思います。株価下落、参院選に勝ち目が見える、ならば解党・新党という流れになるでしょう。

山田 ところで野党と言えば「おおさか維新の会」が大阪府知事と市長のダブル選挙で勝ちましたが、大阪の動きが今後野党再編に影響を与えそうですね。

德川 なぜダブル選挙でおおさか維新が勝ったのか。私は橋下徹氏らが大阪が首都になると宣伝したことで大阪府民や市民が騙されたんじゃないかと。かつての天下の台所の大阪人の心に響いたのではと。

鈴木 いずれにしてもおおさか維新は勢いづいて16年の参院選の準備をするという。本人たちは是々非々の野党と言っているが、それではもはや与党、野党じゃない。政権に近い第三極になるでしょう。安倍官邸が、政権運営や憲法改正などで「維新カード」を手にしたことになります。

德川 私は本誌の15年のこの鼎談で「橋下は終わった」と言ったんですが、その橋下氏を官邸の菅官房長官が重用し続け引っ張り続けるというのが計算外でしたね。

(後編につづく)

德川家広(とくがわ・いえひろ) 政治経済評論家 1965年東京都生まれ。翻訳家。徳川宗家19代目にあたる(徳川記念財団・理事)。慶応義塾大学卒業後、米ミシガン大大学院で経済学修士号を取得。国連食糧農業機関(FAO)ローマ本部、ベトナム・ハノイ支部に勤務後、米コロンビア大大学院で政治学修士号を取得。『自分を守る経済学』(筑摩書房刊)、『日本政治の大転換』(勁草書房刊)など著書、訳書多数。 鈴木哲夫(すずき・てつお) 政治ジャーナリスト 1958年生まれ。フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリー。20年以上にわたって永田町を取材、豊富な政治家人脈で永田町の人間ドラマを精力的に描く。テレビ・ラジオでコメンテーターとしても活躍。近著に『ブレる日本政治』(ベストセラーズ)、『政治報道のカラクリ』(イーストプレス社)など。 山田厚俊(やまだ・あつとし) ジャーナリスト 1961年生まれ。建設業界紙、タウン紙記者を経て95年、元大阪読売社会部長の黒田清氏が代表を務める「黒田ジャーナル」で阪神・淡路大震災の取材に参加。その後、テレビ制作に携わり、週刊誌で活動を始める。現在、フリージャーナリストとして主に週刊誌、ビジネス誌で執筆。

 

(写真、左から)

鈴木哲夫(すずき・てつお)
政治ジャーナリスト
1958年生まれ。フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリー。20年以上にわたって永田町を取材、豊富な政治家人脈で永田町の人間ドラマを精力的に描く。テレビ・ラジオでコメンテーターとしても活躍。近著に『ブレる日本政治』(ベストセラーズ)、『政治報道のカラクリ』(イーストプレス社)など。

德川家広(とくがわ・いえひろ)
政治経済評論家
1965年東京都生まれ。翻訳家。徳川宗家19代目にあたる(徳川記念財団・理事)。慶応義塾大学卒業後、米ミシガン大大学院で経済学修士号を取得。国連食糧農業機関(FAO)ローマ本部、ベトナム・ハノイ支部に勤務後、米コロンビア大大学院で政治学修士号を取得。『自分を守る経済学』(筑摩書房刊)、『日本政治の大転換』(勁草書房刊)など著書、訳書多数。

山田厚俊(やまだ・あつとし)
ジャーナリスト
1961年生まれ。建設業界紙、タウン紙記者を経て95年、元大阪読売社会部長の黒田清氏が代表を務める「黒田ジャーナル」で阪神・淡路大震災の取材に参加。その後、テレビ制作に携わり、週刊誌で活動を始める。現在、フリージャーナリストとして主に週刊誌、ビジネス誌で執筆。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る