広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

エイチ・アイ・エス澤田秀雄社長が業界各社に訴えたいこと

温故知新

第41回の経済界大賞には澤田秀雄・エイチ・アイ・エス会長が選ばれた。観光立国を目指す日本にとって、旅行業界の果たす役割は大きい。現在は、訪日外国人観光客を誘導するエイチ・アイ・エスだが、インタビュー実施の頃は、日本人を海外へ誘うアウトバウンド主流の時代であった。(『経済界』1991年7月9日号)

エイチ・アイ・エスが驚異的に成長した理由とは

澤田秀雄(さわだ・ひでお)エイチ・アイ・エス社長(当時)〈1951~〉大阪府出身。高校卒業後、ドイツ・マインツ大学に留学。帰国後、エイチ・アイ・エスの前身であるインターナショナル・ツアーズを創業。格安航空券の販売で海外旅行を身近なものにした。近年では、ハウステンボスの経営再建に成功するなど、多方面で活躍中。

澤田秀雄(さわだ・ひでお)エイチ・アイ・エス社長(当時)〈1951~〉大阪府出身。高校卒業後、ドイツ・マインツ大学に留学。帰国後、エイチ・アイ・エスの前身であるインターナショナル・ツアーズを創業。格安航空券の販売で海外旅行を身近なものにした。近年では、ハウステンボスの経営再建に成功するなど、多方面で活躍中。

 「好きな旅行を仕事にすることができて幸せですよ」と言う澤田社長。

 かつて、澤田社長は西ドイツに留学していた。その4年の間、春休みなどを利用して通訳のアルバイトで稼ぎながら世界中をまわっていたという。その経験をいかして帰国後、知人、友人に海外旅行の案内を始めたのが今日につながっている。

 「口コミで広がりましてね、結構儲かるようになったんですよ。当時の海外旅行者数は、欧米人が旅行者全体の15%くらいを占め、日本人はまだ2、3%程度にすぎなかった。で、これはまだまだ伸びるだろうと……。それにアフリカの毛皮などを輸入する貿易業をやろうと思っていたんです。ところが、そちらは輸入禁止になりましてね」

 旅行クラブを株式会社として法人化し、旅行代理店の資格を取得して正式にスタートしたのが1980年の12月。趣味が起点になり、常に“お客さま”の立場で考えざるを得ないという原体験がベースとなっているだけに、「一般の旅行業者とはスタートの発想が違う」と言う澤田社長の言葉には説得力がある。

 ちなみに、設立後10年を経た90年10月期の売上高は235億円、社員数も430人を数える。申告所得も7億円を超えて、前年度の2倍以上に増大、業界順位も20位から8位に急浮上している。薄利多売と言われる旅行業界にあってはまさに驚異の成長力である。

 その成長のポイントを、「まずひとつは、情報ネットワークを取り入れたこと。8年前に近畿日本ツーリストに続いて業界2番目に、米国の大手航空会社のネットワークに加盟、航空券のほかホテル、レンタカーなどの予約もすべて瞬時にコンピューター処理できるようにしたんです。もうひとつは、海外への店舗展開(香港、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、シドニー、ゴールドコースト、パースの8支店)で、常に新鮮な情報が仕入れできるようになったこと。それで、万全なアフターケア体制を確立できた、この3点でしょうか」と語る澤田社長である。

 “旅行業者”らしくない業者が考えたことは、「第一に、企業としては顧客、社員、そして設備・内容が良くなること」、そして「時代の変化に適応したオリジナル商品の提供」だったという。学生、会社員、ファミリーなど年齢、客層の違いに合わせて個性を強調したオーダーメード商品を開発、次々とヒット商品を生み出している。その結果、ここ3、4年は売り上げも倍増の勢いで50億円、90億円、160億円、そして前述の235億円と急上昇してきた。しかし、澤田社長は「湾岸戦争でちょっと伸びは抑えられましたが、ちょうどいいチャンスです。社員のおごりも抑えられたし、反省することもできた。この機会にお客さま本位の組織固めを行い、内部の充実を図って、次へのバネにしたいと考えています」と冷静な発言をする。

 そして、最後に一言こう述べた。「もっと、旅行商品の品質・内容を良くして、利益が上がる業界にしていこう、ということを業界全体、業界各社に訴えたいですね。過当競争で、値下げとともに品質を下げていくのでは、業界の発展はあり得ません。もっと、大手企業にはリーダーシップを発揮してほしいですね」と熱弁を振るう。

 旅行業界に新風を吹き込む若きリーダーには多くの期待が集まっている。

 

【温故知新】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る