政治・経済

日本の製薬業界の盟主である武田薬品は、海外での大型M&Aを連発し、日本から世界企業への脱皮に向けた大改革を行っている。その先頭に立つ長谷川閑史社長の剛腕ぶりから「長谷川改革」がクローズアップされてきたが、改革の成果が経営数値に反映されない異変が生じている。 (ジャーナリスト/上島剣)

肥満症治療薬の発売に支払サイドが「待った」

長谷川閑史社長(写真:時事)

長谷川閑史社長(写真:時事)

 国内最大手の製薬企業・武田薬品は最近、あるアクシデントに見舞われた。日本で初めての薬理作用を持つ肥満症治療薬として9月に薬事承認を得た同社の「オブリーン」の保険適用に「待った」を掛けられたのだ。厚生労働省の担当者によると、発売直前の新薬の薬価収載が見送りになるのは「前例のないこと」だという。

 公定薬価制をとる日本では、薬価収載は厚労省の専門委員会との交渉で決まるが、最終的には厚労大臣の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)の委員の了解を取り付けなければならない。

 武田薬品は、ここで躓いた。オブリーンは、服用で期待できる減量効果が2%程度と、それほど効き目の強い薬ではない。医療費節減の時節柄、〝ダイエット・サプリ〟まがいの薬に貴重な保険財源を充てることはできないと、会議で異論が噴出したのだが、武田薬品は事前の折衝でこうした懸念を摘み取る努力を怠っていたようだ。同社OBのひとりに言わせると、「根回しを得意としていた昔のタケダだったら、絶対にやらない大チョンボ」である。

 ピーク時国内年商140億円を見込むオブリーンの初動トラブルは、グローバル売上高1兆5千億円を超える武田薬品にとって、それほど大きな痛手ではないかもしれない。だが、国内製薬企業の盟主・タケダらしからぬこのドタバタを、「長谷川改革」の副作用と見なす声も少なからずあるのだ。

 武田薬品は目下、「プロジェクト・サミット」と銘打った、大規模なコスト構造改革の真っ最中である。改革の柱は事業オペレーションやビジネスプロセスの効率化で、全世界で3万人を超える従業員のリストラは「1桁台前半の%」にとどめる方針だ。とはいえ、対象地域や部門に聖域はなく、合理化の荒波は日本の従業員にも及んでいる。

 2000年代、突出した利益率と潤沢な資金力から、日本でも指折りの優良企業として投資家筋から認知されてきた武田薬品だが、ここ5年でその実力にも陰りが見えはじめた。

 糖尿病治療薬「アクトス」を筆頭に、全盛期には世界売上高1千億円を超え、利益率も高い4つの自社創製新薬を擁していたが、これら主力品の特許期間満了と次世代新薬の相次ぐ開発失敗から、グローバル製薬企業としての生き残りが難しくなってきた。

合理化の旗振り役は外国人幹部 日本人社員は戦々恐々

 そこで長谷川閑史社長が打った手が、08年と11年に踏み切った総額約2兆円に及ぶ大型買収だった。米ミレニアム・ファーマシューティカルズをおよそ9千億円で買収した前者では、製品パイプライン、技術力とも不足していた抗がん剤などのバイオ新薬を、1兆1千億円でスイスのナイコメッドを傘下に収めた後者では、中国をはじめ、出遅れていた新興国市場の販売インフラを獲得した。

 結果、直近13年3月期の年間営業利益は約1225億円。円高の名残やアクトスなど主要製品の特許切れ、それに大型買収の償却費用が重なって、営業利益はその前の期から半分に落とした。最盛期には30%を超えていた対売上高営業利益率も、10%を割り込む水準にまで落ち込んでいる。

 買収効果がまだ発揮されていない現状に市場の評価も厳しく、「製薬企業としては落第レベル」(証券アナリスト)に急降下した収益力の回復こそ、係数的には最も長谷川社長の頭を悩ませる経営課題だ。

 今年立ち上げたプロジェクト・サミットでは、18年3月期まで5年間をかけて、中期成長戦略を達成しつつ、年間1千億円の経費削減を実現するというのが目標である。今期の営業利益見通しが1400億円だから、文字通りの大鉈だ。

 しかし、03年6月の就任から10年の節目を過ぎた長谷川社長の最近の舵取りを、前出の同社OBの言葉を借りて表現すると、「欧米メガファーマ(巨大製薬企業)の悪しき模倣」。プロジェクト・サミットを筆頭とする一連の長谷川改革を端的に言い換えれば、〝タケダのTakeda化〟だ。

 人材の多様化や組織の現地化は、海外市場を目指す大手製造業であれば避けられない通過儀礼とはいえ、長谷川社長の組織・風土改革はいささか性急に過ぎる。

 はなはだしきはマネジメント人材の登用だ。11年のナイコメッド買収で広大な新興国市場を抱えることになった海外の営業責任者はもとより、製薬企業の生命線である研究開発部門の責任者など、幹部ポストの多くを外国人が占めている。極めつけはプロジェクト・サミットでコストカットの陣頭指揮を執る財務責任者と調達責任者で、2人とも最近、欧州系メガファーマからヘッドハンティングしたばかりの外国人。この人事には、日本の生え抜き社員も戦々恐々としている。

 経済同友会代表幹事の肩書とともに、任期11年目に入った長谷川社長は常々、武田薬品の次期社長は日本人だと公言してきた。だが、しがらみや情実の一切を排し、効率性がなにより尊ばれるTakedaの新たな社風の下で、日本人人材は育つのだろうか。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る