政治・経済

1年前のインタビューで、世界的に混沌の時代に突入することへの警鐘を鳴らした寺島実郎氏。中国経済の失速、米国の政策転換、テロへの不安など、ますます混迷を極めそうな2016年、世界経済の潮流はどう動き、その中で日本は何をするべきかを語ってもらった。 聞き手=本誌編集長/吉田浩 写真=佐藤元樹

寺島実郎氏が語る 米国の「2つの政策変更」が世界に及ぼす影響

寺島 「ロンドンエコノミスト」誌の展望をもとに、リーダーシップが欠落したディスオーダー(無秩序)の時代になるという話をしたと思うが、まさにその通りの1年だった。16年については、“3つのW”が鍵になると同誌は述べている。

 1つめは“WOES”、つまり災いのこと。2つ目は“WOMEN”、メルケル独首相やヒラリー・クリントンを例に、危機の時代には女性が活躍するととらえている。3つ目が“WINS”、勝利だ。今年はオリンピックイヤーでもあり、大きなスポーツイベントの年だが、気になるのは最初に災いという否定的な言葉を挙げてきていること。15年末にパリで起きた同時多発テロなどもあり、16年は明るい展望が見える幕開けではないということだろう。

20160209_TERASHIMA_P01

(てらしま・じつろう)1947年生まれ。北海道出身。73年早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了、三井物産に入社。米国三井物産ワシントン事務所所長、三井物産常務執行役員、三井物産戦略研究所会長などを歴任。2009年多摩大学学長、10年一般財団法人日本総合研究所理事長に就任。

―― 個人的に注目する出来事は。

寺島 15年12月の金利引き上げと、原油輸出の解禁という米国の大きな政策変更が16年に大きく影響するだろう。リーマンショック後、米国は金融の量的緩和を行ってきたが、14年10月には終わらせた。それ以降、いつ金利を引き上げるのか世界が注目していたが、米国の国内事情だけを考えればいつ引き上げてもおかしくなかった。失業率が6.5%を割ったら金利を引き上げると考えられていたが、15年10月には5%になり、リーマンショック後の半分の水準になっていたからだ。ところが世界の経済状況は不透明感を増し、IMFのPPP(購買力平価)ベースでの世界全体のGDP成長率の予測が下方修正されてきている。中国の景気減速、ギリシャ危機などがある中で、簡単には金利を引き上げられなかったのだ。

 しかし米国の立場に立つと、いま金利引き上げを実施しておかないと、金融政策の柔軟性を失い、景気が下降局面に入ったときに景気刺激策を打ちづらくなってしまうという考えがある。問題は日銀が、同じタイミングで追加緩和措置を発表したことだ。米国が「金融政策の出口に出た」と考える一方、日本は「出口なき金融緩和」を続けている。これがもたらす結末が、16年に見えてくる。

―― 原油輸出解禁はどう絡んでくるのか。

寺島 これまで米国は原油の輸出を禁じていたが、14年には世界1位の原油生産国になった。世界の原油価格は14年秋ごろまでは高値で推移したため、原油の増産が進み、原油価格が下がってきた。米国の原油が欧州やアジアに輸出されると、例えばロシアのように原油を売ることで外貨を稼いでいる国に大きな影響を及ぼす。特にロシアは経済制裁で景気が減速しているのに、追い打ちになる。

 さらに、イランは経済制裁下にもかかわらず、14年に原油を360万バレルも生産し、世界7位の産油量だった。制裁が解除されると500万バレルに達してもおかしくない。こうなるとOPECが少々生産調整しても、原油価格が低迷することは間違いない。

リーマンショックの悪夢再びと語る寺島実郎氏

―― 原油価格低迷で何が起きるのか。

20160209_TERASHIMA_P02寺島 注目すべきキーワードは「ハイイールド債」だ。リーマンショック後、リスクが高い債権は金融市場で売れなくなったので、名称を変えたのがハイイールド債。いままでは資源ブームを背景に「少々のリスクはあるが、LNGのブームがあるから投資してみませんか」と勧誘していた。しかし、このビジネスモデルは、どう考えても原油価格が1バレル60ドル以上でないと成立しない。つまり、いまの市場では、ハイイールド債のリスクが極限まで脹らんだ状態で、サブプライム問題再びと言える。また、金利引き上げによって、米国に資金が還流してドル高になっていく。ドル高は原油安の圧力になり、ハイイールド債のリスクがさらに高まる。

―― 影響が出てくるのはいつ頃か。

寺島 新年から春先にかけて、米国の金利引き上げの影響、原油価格下降のリスクが出て来るだろう。日本は原油をすべて輸入に頼っているので、原油安は良いことのはずだが、そう単純な話ではない。日本の金融機関、特に運用力が低いところほど、ハイイールド債を保有していて、そのリスクのほうが大きい。

―― まさにリーマンショックのときと同じだと。

寺島 日本経済に限って言えば、常識に立ちかえったときに、健全な経済観を取りもどさなければならない。異次元の金融緩和を3年も続けて、財政出動で「アベノミクス第2の矢」を放ち続けたのに、14年の日本経済はマイナス成長で、15年は下方修正に次ぐ下方修正でほぼゼロ成長の見通しだ。株価がアベノミクス前に比べて倍以上になっているのに、なぜ実体経済は動かないのか。企業の経営利益は増えたのに、人件費や設備投資は増えず、内部留保だけが増えていることからも、実体経済が動いていないことが見て取れる。

寺島実郎氏は語る アベノミクスは追い込まれている

―― 日本企業はどうすべきか。

寺島 中国市場に依存したモデルは急速に色褪せている。中国が減速した分がインドに流れ、15年11月までに、鉄鋼輸出量はインド向けが60%増えた。しかし、海外の経済に不透明感が高まるなか、海外市場に依存するやり方には陰りが見えてくる。国内の経済システムの中でどういう産業、事業、プロジェクトを立ち上げていくのか。そこで、重要になるのは、「サービス産業の高度化」だ。

 日本では、00年から14年までに、モノづくり産業からサービス産業に就労人口を移行させ、サービス産業の雇用を370万人ほど増やしたが、平均年収は300万円以下であり、サービス産業に従事する人々の生活を底上げしていかないと、日本はこれ以上豊かにはならない。日本はモノづくりをベースとした国ではあるが、サービス産業に従事する人を豊かにすることが、これから必要だ。

―― サービス産業の底上げはどうやって行うべきか。

寺島 サービス産業のリーディング産業を作っていくことが必要だ。そこが、『新・観光立国論 モノづくり国家を超えて』(NHK出版)という本で述べているポイントだが、観光を産業としてしっかり育てていかなければならない。2泊3日3万円の観光客を集めて爆買いに期待するということでは産業にはならない。今後はハイエンドのリピーターを生み出す構想が問われる。14年の日本の一人当たりGDPは3万6千ドルで、香港に抜かれてアジア4位になってしまった。IMFの予測では、15年には3万2千ドルに落ち込むと言われている。これからは、どうやって日本の付加価値を高めるかが問われる。

―― アベノミクスの「新3本の矢」をどう評価するか。

寺島 「新3本の矢」の評判が総じて悪いのは、「旧3本の矢」が失敗だったと認めたようなものだからだ。なぜなら、いつまでたっても第3の矢が飛ばないから。だから格差と貧困という、新たに生まれた歪みに対して手が打てていない。新3本の矢の第2、第3の矢が福祉政策に重点を置いているのは、それだけ追い込まれているとも言える。

 さらなる「黒田バズーカ」を期待してはいけない。それに依存すると、自力で立て直す体質を作れなくなってしまう。大学で経済学のかけらでも勉強した人は、金融政策だけで本当に経済が良くなるかどうか、思い出してほしい。新しい事業を創成し、プロジェクトをエンジニアリングしていくことでしか、本当の意味で経済を活性化させることはできない。世界の経済構造を見て、マネーゲーム的な世界に幻惑されることなく、実体経済の世界でしっかりした哲学を持って、日本経済の立て直しに取り組まなければならない。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る