政治・経済

約束を反故にしようと必死の自民党議員

 民主党政権が行き詰まり、安倍晋三新総裁を選出した自民党が勢いを増し、解散、そして政権奪取も間近に迫っていたころだ。2012年11月。当時の野田佳彦首相と、安倍総裁の党首討論は解散を引き合いにヒートアップした。

 この場で野田首相は「解散してもいい。その代わり来年の通常国会で定数削減をやると約束できるか」と迫った。これに対して安倍総裁は「やりましょう」と応じて場内は与野党から歓声や拍手が起こり騒然とした。

 あれから3年たつ。あの時の約束はどうしたのか。

 年明けの1月14日、衆議院議長の諮問機関である「選挙制度に関する調査会」が、衆議院の定数削減案を答申した。中身はいわゆる「1票の格差」を是正するために、今ある295の小選挙区を7つ増やし13減らすなど調整し、比例と合わせて現在の定数475から10減の465にするというものだった。答申を受けた大島理森議長は、1カ月をめどに各党が党内議論を行って見解をまとめるよう指示した。

 これにあからさまに反発しているのが与党自民党だ。理由は実に簡単明瞭、そしてがっかりだ。議員にとって死活問題だからだという。答申の中で減らされる対象となっている選挙区の自民党の現職の中堅議員が言う。

20160212_NAGATACHO_P01

イラスト/のり

 「13減の対象になっている地域は人口が減り1票の格差が出てきたところだが、こうした地域は年齢層も高くて保守層が多い。今選出されている議員はほぼ全部が自民党議員。つまり、答申案だと自民党の現職が選挙区と地位を失ってしまう」

 また、別の対象選挙区の現職は「今回のような答申案は絶対阻止するしかない」と、もはや怒りに近い言葉を吐いた。

 しかし、「ちょっと待て」と言いたい。それと、この定数削減の問題を一緒にしてあれこれ議論されては困る。あの時の党首討論で、野田・安倍両トップや議員たちが、「定数削減」を声高に主張していたのは、民自公三党で進めていた「社会保障と税の一体改革」を進める上で、国民へ消費増税など負担が増えるのに対して、議員自らも身を切る姿勢を示さなければというものだった。民自公は、あくまでも消費増税を通すために「国民に痛みを求める以上、議員自身が率先して身を削り模範を示す」と言ったのだ。それを信じて、国民は消費増税法案を呑んだのが「定数削減」の出発点だ。

 国民への税負担はその後3年間着々と増加している。消費税率は8%にまで上がり、17年には10%にまで上がる予定だ。痛みは税だけではない。財政改革から社会保障は新年度予算案でも3千9百億円削られている。

 にもかかわらず定数削減は超スロースピードだ。おまけにようやく出た答申案にも目の色を変え、「いまさら自分の身を守るための反対」をしているとはもはや開いた口が塞がらない。

「定数削減」の本質は政治の信頼回復

 それでも自民党幹部は、厚顔でこう言っている。

 「わが党に最も影響が出る以上答申をそのまま受け入れるわけにはいかない。いろんな案を考える。ひとつは小選挙区の定数はそのままにしておいて区割りのほうをうまく変えて1票の格差を是正する方法。この場合定数削減は比例だけでいい。もうひとつは議論自体をもう少し先送りする方法。この2月には国勢調査も出るので、その人口分布を見て1票の格差を再チェックし向こう1年ぐらいかけて議論し直すのもありだ」

 ただ一方で、自民党内にも良識的な声もあるのを紹介しておく。あるベテラン議員が言う。

 「今の自民党政権が本当にいいのかどうか。そもそも単独で300議席近くも取ると緩みが出たり、中にはどうしようもない連中も紛れ込んでしまう。持論だが、自民単独で270議席ぐらいがちょうどいい。国会の委員長ポストなどは全部取れるし謙虚にもなる。長く続く与党の形はそれぐらいの所帯がいい。だとすれば、自民党だけで現状から20や30ぐらい定数が減ったって構わない。身を切る姿勢を見せるためにも、政治を引き締めるためにも、答申案の10減じゃ足りないんじゃないかと思う」

 この「定数削減」問題は、議員の数を減らすことで歳出を減らす単なる財政政策ではない。また「1票の格差」という憲法違反を是正することよりも重要な目的があると思う。それは、「政治の信頼」ではないのか。

 自分の身一つ切れない議員に政治を任せることができるのか。「定数削減」をやれるかどうかは、現政権の合否を判断するテーマと言っても過言ではない。安倍首相が決断しトップダウンで実現できるか、自民党議員が与党の責任として矜持を示せるか。「定数削減」は「政治の覚悟」を見極めるリトマス試験紙として、厳しく見て行きたい。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年5月号
[特集]
進化するチーム

  • ・総論 姿を変える日本の組織 個人とチームが互いに磨き合う時代へ
  • ・小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)
  • ・稲垣裕介(ユーザベース社長)
  • ・山田 理(サイボウズ副社長)
  • ・鈴木 良(オズビジョン社長)

[Special Interview]

 南場智子(ディー・エヌ・エー会長)

 「社会変革の今こそ、組織を開き、挑戦を加速する」

[NEWS REPORT]

◆社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

◆DeNAとSOMPOが提案する新たなクルマの使い方

◆ここまできたがん治療 日の丸製薬かく戦えり

◆ブレグジット目前!自動車各社は英国とどう向き合うか

[特集2]九州から未来へ

 九州一丸の取り組みで生まれる新しい産業

ページ上部へ戻る