政治・経済

2015年の流行語大賞にも選ばれた「爆買い」。その主役である中国人旅行客が多く訪れる春節(旧正月)が今年もやってきた。上海株式市場の急落や人民元の切り下げなど、中国経済の減退がささやかれるなか、実際の消費はどうだったのか、調査した。 文=本誌/古賀寛明

訪日旅行者の消費額なんと3兆4千億円

 昨年の訪日外国人観光客は1973万人を数え、一昨年の1341万人から大幅に増加した。13年度にようやく1千万人を突破したことを考えれば、ビザの緩和、円安の後押しはあるものの、ほぼ倍増となったこの数字には驚かされる。なかでも、中国人旅行者は499万人(15年)と、一昨年の241万人の3位から韓国、台湾を抜き1位となった。

 また、爆買いという言葉に象徴されるように、消費額の主役も中国人旅行者だ。観光庁の統計(速報値)によれば、昨年1年間の訪日旅行客の消費額は、3兆4771億円。そのうちの40・8%、1兆4174億円が中国の旅行者が消費した額になる。

 その中国人の旅行シーズンといえば春節や国慶節(10月1〜7日)が挙げられる。昨年、多くの中国人旅行客が日本を訪れ、また派手な買い物が注目を集めたことで、日本でもよく知られるようになった。とくに春節は中国国内でも、内陸部から沿岸部に出稼ぎに来ていた労働者たちが帰省するため、まさに民族大移動といった様相で、春節前後に交通機関を利用する旅客数の合計は33億人を超えるという報道もある。

 財務省が1月の貿易統計で6459億円の貿易赤字を発表しているが、これも春節の2週間前には輸出が止まる影響を受けてのことだ。その春節、今年の休みは大みそかにあたる2月の7日から13日までの7日間。今年も多くの観光客が押し寄せるのではないかと思われていたが、一方で、懸念もあった。

 ひとつが、春節に限らず「爆買いは終わった。邯鄲の夢だ」という意見。確かにインバウンドの消費額が一昨年の2兆円から、昨年の3兆4771億円へと、わずか1年で1兆4千億円も増えたというのだから、こんな奇跡はそう起きることではない、という意見。もうひとつが、現実的な中国の景気減退。上海株式市場が昨年秋に暴落したことに加え、人民元の切り下げなど先行きの不安定さを見せていること、加えて彼の国ならではの政治リスクが不安をあおる。

 では、どうだったのか。実際に、2月上旬に銀座の中央通りを8丁目から4丁目まで歩いてみたところ、日本語よりも中国語を耳にする方が多かった。ただ、家電やブランド品を抱えきれぬほど持つ旅行者の姿は今回見ていない。

 航空会社の利用状況も問い合わせたところ、「春節期間のデータだけを切りとってはいませんが、その時期の中国線はほぼ満席。しかし、その前後も同じ状態で好調が続いている感じ」(大手航空会社社員)という。

爆買いの終わりは地方時代のはじまりか

 それもそのはず、あまりに混雑が集中するために、学生などは1月の中旬くらいから冬休みを前倒しているそうなのだ。日本政府観光局(JNTO)の調べによれば、今年1月の訪日外国人数は、前年同月期の52%増の185万人。単月でみても昨年の7月に次いで史上2番目に多い数字を記録している。韓国からの訪日客、51万人には及ばないものの、中国人旅行客47万5千人の伸び率は110%。つまり春節は、既に始まっていたといえる。

20160322BAKUGAI_P01

 昨年の5月に尖閣問題で先送りされていた羽田の発着枠の問題も解決。中国路線は広がり、地方空港の発着も含めれば便数もかなり増えている。座席数が大幅に増えたことで予約が取れないといったこともなく、静かに増えていたのだ。だが、一方で爆買い自体はどうなったのか。

 昨年末に、中国最大の格安航空会社・春秋航空と提携を発表したビックカメラでは、春秋航空を利用して日本に来る顧客に割引クーポンを配布している。店舗には、クーポンを手にした顧客も多く見かけるという。ビックカメラの広報担当者によれば「昨年までのいわゆる爆買いのような状態は少なくなったが、お客さま自体は増えており、売り上げも昨年に比べ伸びている」とのこと。さらに、売れ筋にも変化があらわれているという。昨年の炊飯ジャーやカメラといった商品から、「今年はカメラでいえばレンズ、そして美容機器、中でも美顔器が売れている」(ビックカメラ広報)そうだ。

 消費行動、購入商品の変化は、そのまま日本旅行のリピーターが増えていることを意味するようだ。一度目の旅ではおみやげを買う必要があっても、2度目ともなれば自分の欲しい美顔器やエステなど、自分向けの消費に変わる。同時に、それは爆買いの終わりも意味する。しかし、リピーターが増えることは、需要にもまた継続性が生まれることにつながり、悪いことではない。

 それよりも、今年どれだけ訪日客が増えるか、それが気がかりだ。春節の時期に前年比110%を記録すれば、さらに増える桜の時期や最盛期の7〜8月はどうなるのか。

 願わくはこれを地方活性化のチャンスに変えたい。中国人に限らず日本を2回、3回と旅するリピーターは、地方に興味を持っているという。既に意外な場所が人気といったニュースもよくみかけるようになった。都市部の宿泊施設が足りないという問題を逆手に取り、今こそ地方の魅力を発揮すべき時なのではないだろうか。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る