政治・経済

生命保険協会(会長=筒井義信・日本生命保険社長)が公的年金を補完する任意の終身年金保険「長寿安心年金」の創設を提言する。ただ、実現に向けては、生命保険会社間で温度差があり、今後、どこまで縮められるかは、各社の思惑を払拭する必要がありそうだ。 文=ジャーナリスト/柴田達之

【私的年金制度”長寿安心年金”】ー老後の所得を確保する狙い

 公的年金制度は、増加する公的債務の問題に加え、少子高齢化を背景に支給水準の低下が避けられない見通しで、長寿安心年金を新たにつくることで、老後の所得を確保できるようにするのが狙いだ。

 生命保険協会が提唱する長寿安心年金は全国民を加入対象者として、支払った分の元本を保証するほか、国が加入者に対し、一定額を公平に負担する。期限を定めず年金が支払われる仕組み。一部報道によると、働き方の多様化で非正規労働者の割合が増えるなど、厚生年金、企業年金の適用から外れているケースも目立っているため、長寿安心年金で、公的年金の機能を補完する役割を果たせると見ているようだ。今後、3〜5年後の実現に向け、金融庁、厚生労働省などと協議していく。

 現在、民間の保険会社が販売する年金保険のうち、終身年金の加入者は、利回りの低さもあり少ない。長寿安心年金の創設は終身年金の加入率を高める契機にもなりそうだ。

 関係者の話を総合すると、長寿安心年金は、「日本生命保険が構想を長年練っていた」(中堅生保)という。日本生命は、個人年金に国が補助するドイツのリースター年金を参考に独自研究してきた経緯があり、かつてニッセイ基礎研究所が2012年に「欧米諸国の年金事情」というリポートでまとめている。

 ドイツの場合も日本と同様で、少子高齢化や社会保障財政がひっ迫する中で、ドイツは公的年金の給付水準の引き下げに合わせ、私的なリースター年金を01年から導入した。14年の契約件数は1600万件と、対象者3千万人の半数を超える水準となっているようだ。ドイツの場合、最低掛け金として年約8千円の支払いが求められる代わりに、「補助金」か「所得控除」のいずれか有利なほうが適用される。補助金の場合は、基本補助金として年約2万円が国から加入者に支払われている。例えば、年収約530万円の独身会社員が、月1万6千円のリースター年金に加入すると、67歳から月2万8千円の年金を受け取る仕組みだ。

 対する日本の長寿安心年金は、政府が年3万6千円(月3千円)を補助金として支払うことを想定。月1万2400円を支払えば、加入者は65歳から月3万6千円が亡くなるまで受け取れる仕組みを整える。低所得者ほど積み立て金に占める補助金の割合が大きくなる。

 実現に向けて生保協会は、「民間で一部の年金業務を請け負えば、社会保障給付費の増大を押さえられる」とのメリットを訴えていく。また、公的年金だけで生活できない高齢貧困層の問題が深刻化するのを早期に防げるとの意義も強調する。

 加えて、長寿安心年金の創設は、低迷する個人消費の活性化にも役立ちそうだ。現在、年金支給額の伸びを物価や賃金の上昇よりも低く抑える「マクロ経済スライド」の導入などで、老後の生活資金に対する不安感が増大している。「個人消費が浮上しないのは年金受給者が将来不安で貯蓄に回しているからだ」(経済アナリスト)との声もある。長寿安心年金の創設で将来への不安が和らげは、消費の活性化も見込めそうだ。生保業界は、老齢期の所得を確保する役割を国と共に担いたい考えだ。

【私的年金制度”長寿安心年金”】ー支払期間の長期化でリスク資産となる懸念

 一方で、長寿安心年金の創設は、「貯蓄から投資へ」の流れをさらに業界に呼び込みたい流れの一環との思いも透けて見える。現在、外貨建て一時払い終身、年金保険といった商品は、利回りの高さで販売が好調だが、数百万円を一括で支払う商品のため、一部の富裕層に販売が限られている。所得の低い層に、「リスクがない投資商品」として、長寿安心年金の魅力を伝えることで、加入を促すといった側面も期待できるからだ。

 また、少子高齢化で市場の先細りも懸念される保険業界にとっては、国から補助金が出る保険の販売は、いわば国が“お墨付き”を与えるようなもの。是が非でも、長寿安心年金を創設することで、業界が長期に安定できるような体制を整えたいとの思いもあるようだ。

 特に、終身年金保険の商品を持っていない明治安田生命保険にとっては、新規事業参入への追い風となる。加えて、「生保協会の次期会長として、根岸秋男社長が長寿安心年金の創設に道筋を立てれば、協会長として評判も上がる、と早くも算盤を弾いている」(大手生保)と見る向きもある。

 ただ、実現に向けてはハードルが待ち構える。金融庁が検討する国際的な資本規制が適用されれば、支払時期が長期化する懸念もある長寿安心年金は、リスク資産とみなされる可能性があるからだ。第一生命保険、住友生命保険が長寿安心年金の創設に及び腰なのはこのためだ。「長寿安心年金よりも、DC(確定拠出年金)制度が現実的には先行して動いている。企業年金は代行返上で揺れ動いている。個人年金分野に新しい制度を入れるのは難しいのではないか」(生保大手首脳)との意見もある。

 現在のところ、長寿安心年金の実現に奔走するのは、業界大手では日本生命だけのようだ。大手4社が一枚岩となって協調する日はくるのだろうか。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
この夏飲みたい日本の酒

  • ・総論 量から質へ“こだわり”が求められる時代へ
  • ・埼玉・秩父から世界一へ イチローズモルトの奇跡
  • ・家庭でも酒場でもレモンサワーが飲まれる理由
  • ・幕末からよみがえった都心の酒蔵 東京港酒造
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・伊豆で愉しむ野趣なワインと夏の富士
  • ・トップが薦めるこの夏のビール

[Special Interview]

 宮内義彦(オリックス シニア・チェアマン)

 「トップの器以上に会社は大きくならない」

[NEWS REPORT]

◆ヨーロッパに続け! 動き始めた日本の再エネ事業

◆東芝のPC事業を買収し8年ぶりに参入するシャープの勝算

◆日産―ルノー経営統合問題に苦慮するカルロス・ゴーン

◆大阪がエンタメで仕掛けるインバウンドと夜の経済

働きがいのある会社を総力取材

 人材育成企業20

 企業の成長戦略をクローズアップ

ページ上部へ戻る