文化・ライフ

前回は、島田さんの壮絶な海外体験をお聞きしました。その後、日本に戻ってからの社内改革のご苦労や、リーダーの条件などについて、今回は伺いました。

「朝の来ない夜はない」と自らを鼓舞

佐藤 海外で経験を積まれた後は、米ハーバード大学に留学されましたね。

2016308SANSAN_P01

(しまだ・せいいち)1937年生まれ。東京都出身。61年東京大学法学部卒業後、三井物産入社。三井物産本社取締役情報産業本部長、副社長CIO(最高情報責任者)などを経て日本ユニシス社長に就任。そのほか住宅金融公庫総裁、住宅金融支援機構理事長などの要職を務めた。現在は日本ユニシス特別顧問、津田塾大学理事長などを務める。

島田 1993年にインターネットが商業解禁される前の86年、今はICTと呼びますが、ハーバードでITに出合いました。ウォーレン・マクファーレン教授の講義を受け、これからはITが分からないと経営ができない、という考えに感銘を受けたのです。ITは単に決算書などをつくるための道具ではなく、経営の中核になるものだと。実はその前にメキシコで投獄されていた時、やることがないので本を300冊読んだのですが、その中にマルチメディアの本も含まれていました。その後、ハーバードの大先生に出会ってITを勉強する機会に恵まれ、非常に運が良かったと思います。

佐藤 ただ、誰もITはおろか、パソコンも分からない時代でしたから、帰国後はご苦労されたとか。

島田 情報産業開発部長になってから3年間は何をやっても社内で稟議が通らず、92年に本部長になりましたが、全然利益が出なくて、「島田は何やってるんだ」と言われるわけです。自分は楽観主義者ですが、事業は赤字になる、投資した会社もダメになるで、本当に大変でした。ただ、そこでナポリやメキシコでの経験を思い出し、「朝の来ない夜はない、何とかなるさ」と考えることができたんです。

 例えば、今では日本で最大の衛星放送会社となったJSAT(現スカパーJSAT)という会社をつくった時は、三井物産としても多額の投資を行ったのですが、なぜ商社が衛星通信会社をやるのかと反対の声もありました。でも、事業をやらないと会社の将来はない。創業以来の中間業者型のビジネスモデルから、事業型のビジネス中心に転換していく必要があったのです。その改革をしたから総合商社は生き残れました。その後も50代で経営企画部長として、60代で経営企画専務として2度改革の場面に立ち会えたことは幸せだと思っています。

佐藤 出社前に体が動かなくなるほどのプレッシャーを抱えていた時、奥様の励ましが大きかったのだそうですね。

島田 今考えるとワイフに助けられましたが、一生頭が上がらなくなりましたね(笑)。

嫌になっても繰り返し言い続けるのがリーダー

佐藤 華やかな経歴の裏には大きな苦労があったのですね。

島田 偉そうなことは言えませんが、困難を一つひとつ乗り越えていくのが人生ではないでしょうか。2001年に日本ユニシスに来た時も、ITもハードからサービスへの大きな転換期でした。でも、技術者にはプライドが高い人が多いため、社長が変えろと言うだけでは変わらない。それでも危機感を共有するために「そんなことやっていたら会社が潰れるぞ」と、必死になって繰り返し言い続けたんです。三井物産の時もそうでしたが、何度でも繰り返す。それで下の人も、社長は本気だと感じるわけです。そして、言い続けるだけでなく実行することが大事です。住宅金融公庫でも、津田塾大学でも、同じようにやってきました。

佐藤 島田さんが考えるリーダーの条件とは。

島田 まずはビジョン。組織が向かう方向を描く能力です。そして実行のためのプランを、自分だけでなく社員と一緒に作り、実行する。PDCA(Plan・Do・Check・Actionという事業活動の「計画」「実施」「監視」「改善」サイクルのこと)の歯車を回すという能力が、非常に重要だと思います。



2016308_SANSAN_P02対談を終えて

柔和な笑顔からは想像できないほど、過酷な経験を重ねてきた島田さん。これからも尊敬する経営者として、人生の師として、指導を仰ぎたいと思います。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

上位進出を狙う高い壁はW杯初戦のコロンビア戦

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

日馬富士の暴行事件で自らの手で首を絞めた相撲界

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

“ティア1”の強豪を相手に日本ラグビーは白星を挙げられるか

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

ハリルジャパンは「弱者の戦術」でどこまでブラッシュアップできるか

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

総天然芝のグラウンドと球場充足率が広島カープ強さの根源

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第19回)

壮大な目標を立てると努力しない人材になる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

CEOのゴルフ

一覧へ
eyecatch_CEOgolf_new

[連載] CEOのゴルフ(第19回)

腰と肩を同じように回すから飛距離が出ない

[連載] CEOのゴルフ(第18回)

右足の力で飛ばすには左股関節の「受け」が必要

[連載] CEOのゴルフ(第17回)

直線的に振り下ろす感覚がスライスの原因

[連載] CEOのゴルフ(第16回)

切り返しで下へ力を加えることが飛距離の源泉

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

 昨今、事業拡大や後継者対策などを目的とした企業同士のM&Aが増加している。同様にウェブサイトのM&Aが活発化している事実をご存知だろうか。サイトの売買で売り手にはまとまったキャッシュが、買い手にはサイトからの安定収益が入るなど、双方に大きなメリットがもたらされている。大手ITグループから個人事業主まで幅広い…

201712EVEREDIA_CATCH

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

不動産の現場から生産緑地の将来活用をサポートする――ホンダ商事

ホンダ商事は商業施設や宿泊施設の売買仲介、テナントリーシングを手掛けている。本田和之社長は顧客のニーズを探り最適な有効活用を提案。不動産の現場から、生産緑地の将来活用など社会問題の解決にも取り組む。── 事業の概要について。本田 当社は商業施設やホテル、旅館の売買・賃貸仲介(テナントリーシング)を…

企業eye

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年3月号
[特集]
豪華を極める

  • ・5年で5割増えた富裕層が日本の高額消費を支えている
  • ・伊藤勝康(リゾートトラスト社長)
  • ・バスかクルーズか鉄道か豪華旅行はここまで来た!
  • ・決め手は「唯一無二」4億6千万円のマンションが人気のわけ
  • ・最高価格は1億円超え 夢と体験を売る高額福袋
  • ・九州・霧島のリゾートは1人1泊100万円
  • ・価格は3千万円超でもフェラーリは売れ続ける

[Special Interview]

 寺島実郎(日本総合研究所会長)

 民主主義と経済の在り方が問われる時代に

[NEWS REPORT]

◆中西宏明・日立会長が経団連会長を断らない理由

◆LINEが中国モバイクと提携 シェア自転車事業参入の勝算

◆なんば駅前広場の改造でイニシアチブを発揮する南海電鉄の思惑

[総力特集]

 2018年注目企業44

ページ上部へ戻る