文化・ライフ

お父さまから事業を継承し、会社の新たなイメージ創出と業績回復に成功されたホッピービバレッジの石渡美奈社長。今回は、社長になった当時の話や、事業を引き継ぐ醍醐味などについて伺いました。

試練を与えられて乗り越えることの連続だったと語る石渡美奈氏

20160322SANSAN_P01

(いしわたり・みな)1968年、東京都生まれ。立教大学卒業後、日清製粉に入社。93年に退社後、広告代理店のアルバイトを経て、97年ホッピービバレッジに入社。広告宣伝、副社長を経て2010年、創業100周年の年に3代目社長に就任。現在、慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科在籍中。

佐藤 ホッピーは今年で創業111年だそうですね。

石渡 私自身は2010年度から社長を務めているのであまりピンとこないのですが、創業者である祖父と父が残してきた会社なので、これからもしっかりやっていきたいと思います。

佐藤 事業を継がせることが決まって、お父さまは美奈さんが副社長時代から社長業を任せていたそうですが。

石渡 銀行との交渉や事業計画の策定まで、全部やっていました。ですから、継いだ後も感覚は変わりませんでした。それは父の懐の深さだと思います。

佐藤 お父さま世代の感覚では、同族企業でも娘に継がせるのは珍しかったと思います。

石渡 最後は父が決めることでしたが、私が自分でやりたいと言ったんです。

佐藤 いつ頃、会社を継ごうと思ったんですか?

石渡 1996年のことで、当時は広告代理店に勤めていて、仕事は楽しかったのですが、何か自分のやりたいこととは微妙に違うなと感じていました。そんな時、外を歩いていてハッと「私が継げばいいんだ」と思ったんです。一人娘がわざわざ自分から継ぐと言うのだからすぐに継げるかと思ったんですが、父からは「お前にはできない」と言われて、入社までに1年かかりました。私は小学生のころから、すべてのことが一筋縄ではいかなかったんです。受験も、幼稚園、小学校、小学校の編入試験と全部落ちて、4度目で中学校から入りましたし。周りを見ても、そんな人いないんですよ(笑)。

佐藤 きっと何か、天からのメッセージだったのかもしれませんね(笑)。でも、やりたいと思ったことを諦めなかったから、結果につながったのでは。

石渡 何かしら苦労を与えられて、それを乗り越えることの繰り返しでしたね。本気でやりたいことをやらないと後悔すると思ってきました。ただ、そうやって頑張れるのは、有美社長をはじめ先輩の女性社長たちの存在があるからなんです。

石渡美奈氏の思い 過去の蓄積に新たなものを加えていく面白さ

佐藤 世の中に女性社長は珍しくなくなりましたが、まだ数は少ないですよね。

石渡 酒類業界や外食産業を見ても、女性がいると目立ちます。3年前に、同世代を中心に「東京愛宕ロータリークラブ」をつくったんですが、そうした集まりには女性経営者が結構多いのに、業界団体になるとほとんどいないのが不思議です。

佐藤 ただ、今は「女性を登用しなければいけない」という雰囲気が世の中にありますが、それも少し違うかなと感じます。美奈さんのように「自分がやりたい」という人が増えないと。

20160322SANSAN_P02

社長の座を譲り現在は会長として美奈さんを見守る石渡光一氏(中央)

石渡 子どもと一緒で、会社も自分で愛情をかけないと育たない部分があります。ところで、有美社長も「金の卵発掘プロジェクト」でベンチャー企業を育てていますが、今はどんな状況ですか。

佐藤 スタートして5年たちますが、受賞企業の中から上場するところも出てきました。有望なベンチャーは多いので、そうした企業を支援していきたいという思いがあります。

石渡 自分で生み出した事業って、本当にかわいいですよね。

佐藤 そうですね。一方で、私たちのように既にある会社を継いだ場合は、ベースとなる部分を変えずに、新たなものをつくり出す楽しみもあります。

石渡 自分だからできること、時代の流れに沿って過去の蓄積に新たなものを加えていくことは楽しいです。私の場合は、先代、先々代のお陰さまで今があります。そのことに感謝しつつ、自分の色もしっかりと出していきたい。新しいことをやらせてもらうからには、今まで築いてきたものを傷付けてはいけないという責任があるので、張り合いがでます。

ホッピービバレッジ 石渡美奈社長が地域貢献に取り組むようになったきっかけとは

20160405SANSAN_P01

佐藤 美奈さんは今、何か新しいプロジェクトに取り組まれていますか。

石渡 ここ数年で一番大きかったのは、「赤坂食べないと飲まナイト(食べ飲ま)」というイベントを始めたことです。東日本大震災の後、本社がある赤坂から人がいなくなって、電気も消えて、界隈の飲食店は本当に潰れてしまうんじゃないかという状態でした。あるお客さまから何とかならないかと相談を受けて、どうしたら良いかと悩んでいたら、取引先から神楽坂で開催される「食べ飲ま」のことを教えていただきました。1枚700円のチケットを5枚つづりで買って、参加している飲食店をはしごできるイベントで、とても面白かったんです。神楽坂は魅力があっても敷居が高い店が多いのですが、その日は神楽坂に人が溢れており、初めて会う人同士のコミュニケーションの場にもなっていました。同じことを赤坂でもやりたいと思って始めました。

佐藤 これまで何回くらい開催しているのですか。

石渡 年2回のペースで、昨年までに8回行いました。30店舗からスタートしたのですが、今は50店舗まで増えています。最初の頃は自分たちで無理やり開催していた感じでしたが、6回目から飲食店さんが自ら実行委員会をつくって、「食べ飲ま」を中心に赤坂2丁目界隈にコミュニティーができているんです。だからもし今、震災があったとしても、寝る場所や食べるものの提供など、横の連携ができるのではないかと思います。創業の地で地域のお役に立てたことがうれしいし、思いがけないところから、ライフワークが見つかった気がします。

佐藤 現場が自主的に動くようになると広く物事が見えるようになるので、もっと大きなイベントにできそうですね。ぜひ続けてください。

ホッピービバレッジ 石渡美奈社長の今後の抱負とは

佐藤 ところで、ゴルフは続けていますか。

石渡 カッコいい道具を買ったのですが、今は放置状態になっています(笑)。

佐藤 『経済界』ではレッスンプロの連載もありますし、レベルの高い人から教われば、楽しいと思えるようになりますよ。

石渡 お願いします。ゴルフは、自然の中を歩くから気持ちいいでしょうし、父もまだやっていますから、一緒にコースに出られたらいいなと思います。

佐藤 最後に今後の抱負をお願いします。

石渡 不確実性が高い時代になって、想定外のことだらけですが、企業は結局続けていくことが大切なんだろうなと感じています。100年先のことは誰にも分からないし、過去は変えられないので、目の前のことを積み重ねていくしかないのかなと。創業者と父が人生を懸けて築いた、111年の会社の歴史をつないでいくのが私の仕事です。今までよりさらに1分1秒を一生懸命生き抜いて、目の前の1歩1歩を大事にしたいと思います。

 そして、この会社の第3創業は、新卒社員を戦力にする方針でやってきましたが、若い人たちを育てる意義を強く感じています。有美社長が金の卵発掘プロジェクトで、ベンチャーをかわいがっているのと似た感覚かもしれません。

佐藤 人を育てる使命のようなものを感じますし、自分も成長できますからね。本日はありがとうございました。



20160405SANSAN_P02 対談を終えて

数年ぶりの再会でしたが、ますます明るくエネルギッシュに活動されている美奈さん。「赤坂食べ飲ま」には、近々ぜひ参加したいと思います。

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

Eコマースを中心に成長を続けるBEENOS。その創業者である佐藤輝英氏は、5年前に社長を退任。4年前には取締役を辞任し、経営から退いた。それまで起業家として生きてきた佐藤氏が次に選んだのは起業家支援。BEENEXTを設立し、新しいイノベーションを起こそうとしている起業家への投資を始めた。その中でも投資の中心と…

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る