政治・経済

親族の代わりに寺院や霊園が長期間、故人の供養と管理を行っていく「永代供養」をご存じだろうか。少子高齢化を背景にそのニーズは高まるばかりで、やがてお墓の主流になっていくとみられる。どんなものなのか、現状とノウハウをまとめた。 文=ジャーナリスト/梨元勇俊

永代供養とは

はじめから後を継ぐ人がいないことを前提に、寺院や霊園などが長期間、責任を持って供養や管理を行いましょうという供養の方法。公営墓地も含めると全国で1千カ所近い施設で実施されている。生前に施設側と契約を結んでおけば、納骨後、当人の命日はもちろん、春と秋の年2回の彼岸や盆や正月、熱心な寺なら毎朝夕にも法要などのセレモニーも行ってくれる。

人が墓を継ぐのが難しい時代に

 春の彼岸のシーズンになると気にかかるのが、“お墓問題”だ。近所に自分の家の墓所がある人は稀だ。マイカー、あるいは電車やバスを乗り継いで霊園や寺院に行ければまだいい。先祖代々の菩提寺が遠方にあって墓参りに行くには時間も費用も掛かるため、簡単に出掛けられないという人もいる。故郷に実家の墓があることは知っているが、地元の親戚縁者と付き合いが薄いため、もう何年も墓参りをしていない人も珍しくないだろう。

 そもそも菩提寺を持っていないので、親族の納骨場所に苦慮している人もいる。新しく墓所を建立するには土地代や墓石代、供養料などに全国平均で196万円を要するし、そもそも希望する墓所に空きがない。交通至便で環境の良い墓所は他人にも人気があるからだ。

 子どもがいないので、新たに墓を建てたはいいが、自分の後に墓の面倒を誰が見てくれるのかと心配する人も多い。あるいは自分の死後に、墓のことで家族や周囲に心労や経済的な負担をかけたくないと悩む人もいる。

少子化で子どもの数が減っているうえ、身寄りのない一人暮らしの高齢者も増えている。日本の少子高齢化には歯止めがかからず、この先も拍車が掛かっていく見通しだ。もはや“人”がお墓を継いでいくのが難しい時代になっている。

永代供養の方式とメリット

 そこで近年、注目を集めているのが「永代供養」というビジネスだ。

 永代供養の納骨方法はさまざまだ。永続的に個人のスペースを確保する従来型より少し小さめの単独墓形式のほか、一定期間は決められたスペースに遺骨を納めて供養し、それが過ぎたあとは他人の遺骨と合祀する方式や、最初からほかの人と一緒に「永代供養墓」として合祀する方式もある。

 寺院の境内などの戸外に供養塔や供養費を建てる場合もあるし、近年は近隣の土地に桜や楓など樹木を植えてその周りに遺骨を納める樹木葬も人気を集めている。室内に納骨堂を設ける場合もある。専用の墓石を置いて室内墓所の形式にしていることころもあるが、よく見掛けるのは個人の遺骨をロッカー大のスペースに納めるロッカータイプだ。

 料金は、民間の施設で他人との合祀なら10万円程度、納骨堂は約50万円、樹木葬は約20万円から。ほかに年間管理費が掛かる場合もある。公営墓地は数万円のところもある。

 永代供養サービスは提供する側にとって“旨みのある”ビジネスだ。従来型の墓より狭いスペースで設置できるし、合祀墓や納骨堂など1カ所で法要を営めばいいので個々人の墓を回るより労力がかからないし、管理が楽だ。通常の墓でも、何十年か後に継ぐ人がいなくなれば無縁墓という形で合祀されるケースが多いので、初めから合祀されていれば、将来、無縁墓の処理にかかる手間や費用も省ける。

 利用者にとっても永代供養墓のメリットは少なくない。継承者がいなくても供養をしてもらえるし、宗教や宗派を問わず誰でも利用できる。選択肢が多いので生前に自分の好みに合ったタイプが選べる。一般的な墓に比べて永代使用料や管理費が低く設定されているので費用は安上がりで済むし、いったん費用を払えば後々の管理費やお布施はかからないケースが多い。

永代供養のデメリットとトラブル

 一方でデメリットもある。他人の遺骨と一緒に散骨されるので、納骨後に遺族が遺骨を取り戻すことはできない。あらかじめ埋葬場所が限定されていることが多いので、好きな墓所は選べない。夫婦や家族などを故人と同じ場所に追加で埋葬する場合は新たに購入する必要があるといったことだ。

 トラブルを防ぐには、まず管理する側の寺や霊園の使用規則を必ずチェックすることだ。自分の宗教や宗派にこだわりがある場合はしっかり確認することが必要だろう。

 永代供養とひとくちに言っても「永久」ではない。1周忌、3回忌、7回忌など区切りの命日に行われる年忌を打ち切る「弔い上げ」の33年を一区切りにしている施設が多いようだが、供養してもらえる期間が10年のところもあれば50年のところもある。霊園の倒産や寺院の廃寺もあり得るので、検討する場合は施設の経営状態や住職など管理する側の人となりも気にかけたい。

 内容と料金の比較検討は必須項目だ。1カ所だけ見て決めずに、複数の施設を見学して自分の目で確かめてから契約したい。合同供養や慰霊祭に参加して雰囲気を知ったり、既に契約している人に感想を聞いたりするのも一案だろう。キャンセルの場合にお金がどうなるかも確認しておきたい。親族がいる場合は、あらかじめ彼らの理解を得ておくのは言うまでもない。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る