政治・経済

所有者が誰なのか分からなくなった土地が、全国的に増加している。「土地神話」が崩れて久しいが、人口減少が進むことで需要がさらに減少し、行政や住民の目の行き届かない低・未利用の土地の増加が懸念される。時代に即した土地法制の整備が必要だ。文=ジャーナリスト/横山 渉

空き家問題① 相続未登記で収拾がつかないケースも

 東日本大震災の被災地では、津波被害を受けた宅地を買い取る事業が進められている。NHKが宮城・岩手両県の沿岸の19市町村に買い取り状況を聞いたところ、買い取り希望があった土地4万4725カ所のうち今も買い取りができていない宅地は7592カ所と、全体の17%に上ることが分かったという。

 これらの宅地の多くは、相続人全員と連絡が取れない、相続が終わっていない、抵当権が抹消できないなどの理由で、買い取り手続きが困難だという。

 福島原発事故の除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設予定地でも似たような問題が起きている。昨年8月の報道では、地権者2365人のうち、連絡先の分からない人が約1110人で、うち約800人は既に亡くなっているという。環境省は、死亡した地権者の相続人の連絡先確認を進めているが、難しそうだ。

 近年ますます所有者不明の土地が増えているという。東北の被災地ではそれが表面化したにすぎない。「不動産登記簿があるのに、そんなバカな!?」と思う人は多いだろう。しかし、災害復旧や耕作放棄地の解消、空き家対策などを進める上で、現実的な障害になっているのだ。

 外交や経済等で政策研究・提言を行うシンクタンク、東京財団は、土地の「所有者不明化」に関して行ったアンケート調査結果をまとめた(回答率52%、888自治体)。土地の「所有者不明化」に法的な定義はないが、所有者の居所や生死が直ちに判明しないケースをこう呼ぶ。

 アンケートの対象は土地所有者(納税義務者)から固定資産税を徴収している全国自治体の税務担当者である。その結果によれば、「土地の所有者が特定できず問題が発生したことあるか」との質問に対して、557自治体(63%)が「ある」と回答している。具体的な問題として「固定資産税の徴収が難しくなった」「老朽化した空き家の危険家屋化」「土地が放置され荒廃が進んだ」などが挙げられた。

 では、どうして所有者不明の土地が生まれるのか。

 日本には現状、不動産登記簿、国土利用計画法に基づく売買届出、固定資産課税台帳、農地基本台帳など、目的別に各種台帳はあるものの、土地の所有・利用を国が一元的に把握できる仕組みはない。例えば、不動産登記は任意であり、登記後に所有者が引っ越しした場合でも住所変更の義務はない。固定資産課税台帳上の所有者情報は、法務局から届く不動産登記情報に基づいて、自治体が更新する。

20160510AKIYA_Ph

所有者が分からず、放置される空き家が増えている

 所有者不明になってしまう大きな原因は、土地の所有者が相続登記をせず、死亡者名義のまま放置しているパターンだ。地方自治体では相続未登記の土地について、相続人調査を行ってはいるが、相続未登記のままだと、ねずみ算式に法定相続人が増えていて、収拾が付かない状態になっていることもあるという。例えば、新しく道路を作るために用地買収しようとしても、土地の権利関係が複雑になっていて買収できず、道路が通せないという事例もある。

 また、土地や建物の所有者が亡くなり、相続人不在または不明という場合、利害関係者からの申し立てにより家庭裁判所は、残された財産を管理する人を故人の関係者から選ぶ。その手続きの件数は、今や1万5千件にものぼる。この20年の間におよそ3倍になっているという。

空き家問題② 資産価値の減少で変わる土地への考え方

 不動産コンサルティング会社・さくら事務所のコンサルタント、田中歩氏はこれらの問題について、次のように話す。

 「首都圏では、土地の所有者不明化はほとんど聞きません。地方に土地を持っているけど放棄したいという相談は聞くことがあります。地価が下落して相続しても仕方がないということでしょう。そもそも資産価値がない土地に固定資産税評価が付いているというのもおかしな話です。なお、都内に関して言えば、私道で所有者不明のところはたくさんあります。また、古く分譲されたところだと、水道管や下水管の管理者が分からないというケースもあります」

 地価があまり下落していない首都圏や大都市圏では当面、土地の所有者不明化問題は起きないだろう。しかし、人口減少している地方の場合には、地価の下落で土地が資産価値としての魅力を失い、相続放棄する人が増えている。既に地方から大都市圏に引っ越したため、相続しても仕方がないという人もいるだろう。土地神話が崩壊し、土地に対する考え方が根本的に変わってきていることもある。

 「相続登記を書き換えてもらうのは時間とコストがかかりますし、今は弁護士さんでも、個人情報保護の観点から、簡単には相続人を調べられないと言っています。土地の管理者がいなくなって荒れていき、最終的に国や自治体が管理しなければいけないコストをどうするかということですね」(田中氏)

 人口減少社会では土地需要の絶対量は減り、行政や住民の目の行き届かない低・未利用の土地はますます増えていく。東京財団のアンケートでは、87%の770自治体が、相続未登記は今後も増えるだろうと予測している。人口減少化に対応した土地法制の整備が必要だ。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る