文化・ライフ

大崎電気の岩本真典総監督が、優勝会見の冒頭で報道陣に問い掛けたこと

 「勝って、逆に皆さんに質問したいことがあります」

 5年ぶりに日本ハンドボールリーグ男子を制した大崎電気の岩本真典総監督が、優勝会見の冒頭で報道陣に問い掛けた。

 「ここ数年、こういうプレーオフを続けていく中で、レギュラーシーズン4位のチームが勝ったり、3位のチームが勝ったりしてきました。レギュラーシーズン1位という結果に対する評価が、果たしてあるのかどうか」

 総監督が協会の決めたやり方に疑問を呈するなど異例中の異例である。

 岩本が率いる大崎電気はここ5年間、リーグ戦で4度も1位になりながら、1度しかプレーオフを制していない。敗れた4度のうちの2度はリーグ戦全勝だった。

 1992年度に日本リーグはプレーオフを採用している。2004年度からレギュラーシーズン1位から4位までがプレーオフに進出し、そこから一発勝負のトーナメント戦を行う。1位と4位、2位と3位が準決勝で対戦し、その勝者がファイナルを戦う。そこにアドバンテージはない。

 岩本は続けた。

 「この方式に毎年、疑問を持っていました。ただレギュラーシーズン1位で通過して、プレーオフで負けてしまえば何も言えません。勝った時にこのことだけは言いたいと思っていました」

 大崎電気のリーグ優勝は5年ぶりだが、11年は東日本大震災でプレーオフが中止となった。プレーオフを制してのリーグ制覇は05年以来のことだった。

 日本リーグ最多得点(1079点)記録を持ち、日本代表の指揮も執った岩本の気持ちは、優勝しても晴れない。

 「何も変わらない体制のまま続けて、果たして2020年東京オリンピックが開かれて、ハンドボールが盛り上がるのか……」

 では他の競技はどうだろう。国内スポーツのトップリーグでは、ほとんどの競技がプレーオフ制度を採用している。しかし、すべてがすんなり決まったわけではない。

 近年、プロ野球のクライマックスシリーズ、サッカーのJ1リーグでのチャンピオンシップは、導入時に「リーグ戦の軽視」を理由に反発の声が上がった。

 まずプロ野球の場合。NPBは04年からパ・リーグがプレーオフ制を導入し、3年後にセ・パ両リーグが行うクライマックスシリーズというかたちで再スタートした。リーグ戦を制した球団を優勝チームとし、クライマックスシリーズでは日本シリーズ進出チームを決めている。08年から優勝チームにアドバンテージ1勝を加える現行ルールへと移行した。

 一方のサッカーは、J1リーグを前後期制にし、チャンピオンシップを15年から11年ぶりに復活させた。

岩本真典総監督が一石を投じたプレーオフ制度の必要性とはなにか

 そもそも、なぜプレーオフは必要なのか。最大の理由が興行面だ。プレーオフという最後のヤマ場を設けることによって、リーグ戦終盤の消化試合を減らす。プレーオフ出場枠をかけた椅子取りゲームはファンの関心を呼びやすい。

 レギュラーシーズンが日常ならプレーオフは非日常。協会(連盟)側がこれを興行上の両輪と考えるのは決して間違いではない。

 それは昨シーズンのJリーグのチャンピオンシップ決勝を11年ぶりに民放がゴールデンタイムで生中継したことからも明らかだ。それまで減少傾向にあったJ1の観客動員数は前年から3・3%増えた。

 海外を見てみよう。米4大スポーツと呼ばれるMLB、NBA、NFL、NHLはいずれもプレーオフ制度を導入している。

 NFLの頂点を決めるスーパーボウル、MLBのワイルドカードゲーム(地区優勝を逃したチームの中で勝率1位と2位が対戦)以外は、一発勝負ではなく、3戦先勝制か4戦先勝制だ。

 そのほとんどにおいて、勝率上位や順位で上回るチームにホームアドバンテージが与えられる方式となっている。

 一方でイタリア・セリエA、イングランドのプレミアリーグ、スペインのリーガエスパニョーラなどサッカーの欧州主要リーグでは、トップディビジョンの優勝チームを決めるプレーオフはない。言うならばリーグ戦が日常。各国リーグ上位チームで争われるUEFAチャンピオンズリーグが、非日常の役割を果たしているとも言える。

 ハンドボールが盛んなヨーロッパではプレーオフの有無は国によって異なるというが、世界最高峰のリーグと呼ばれるドイツ・ブンデスリーガではプレーオフは採用されていない。

 いずれにしても、岩本が投じた一石がプレーオフ制度をめぐる議論のきっかけになればいい。(文中敬称略)

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る