マネジメント

札束マジックで意表を突く

 「100円お持ちですか?」と切り出された。BVCこと、ビジネス・バリュー・クリエイションズ本社。『ヒットの正体』(日本実業出版社)をヒットさせたマーケティング業界では知られた男、山本康博代表取締役の最初の一言が、これだった。小銭入れから100円玉を出す。山本が引っ張り出してきたのは、ああ懐かしき、板垣退助の肖像の入った、あの100円札だった。さらに問われた。「1万円札はありますか?」次々と繰り出される意表を突くやりとりで、思わず、今度は札入れから1万円を引き出して手渡した。と、山本が金庫から引っ張り出してドンと机の上に置いたのは、札束だった。一瞬、万札の束に思えるが、一束きっちり1万円、100円札の束なのである。

 「この行為では、賄賂として逮捕されることはありません」と山本は畳み掛けた。「等価交換、両替だからです」

 「一般のお店で使えますか?」

 「今でも流通している貨幣ですからコンビニでも年配の店長なら了解してくれます。銀行でも窓口では両替してくれますが、機械は受け付けません。ATMも自販機も」

 「どこで入手を?」

20160510YAMAMOTO_Ph

(Photo=Shinsuke Yamamoto)

 「古銭商でまとめ買いします」

 根っから人を面白がらせるのが好きだという。驚き。意外性。それがヒットにつながるのだろうか。既にBCVに一歩足を踏み込んでから、心をわしづかみにされている。

 以前、渋谷に「Soho’s VINO ROSSO」というイタリアンがあった。Sohoと言ってもニューヨークのソーホーではなくて、月川蘇豊というオーナーの名前に由来したお洒落な店だった。若くハンサムだった高校生の山本はここで黒服をしていたという。

 山本は新聞配達から黒服までアルバイトを重ねながら高校卒業後アメリカに遊学し、帰国後伊藤園に入社。飲料メーカー向け原料茶葉企画営業に携わった後、1990年に伊藤園ブランド立ち上げの際に商品企画部へ移った。広告販促予算ほぼゼロの中、92年、93年と2年連続で日経ヒット番付に選ばれたヒット商品「ぎゅっと搾ったレモン水」と当時の野菜ジュース概念と常識を変えた「充実野菜」などを企画開発した。

伊藤園からコカ・コーラへ

 95年に日本コカ・コーラへ移り、世界レベルの戦略マーケティングを叩き込まれる。竹中直人を起用した「リアルゴールド」の缶化、ベータカロテン飲料「ベジータベータ」、松雪泰子起用の乳性飲料、反町隆史起用の「茶系飲料」等、多くのブランド立ち上げ、多額の損益責任を持ったブランドマネジャーを経験後、31歳でマーケティング統括部長代理(Strategic Marketing Deputy Group Manager)に就任。1兆円規模のコカ・コーラ社新製品マーケティング戦略全般を担当、4年間在籍する。

 当時の山本のボスは、現在の資生堂執行役員社長の魚谷雅彦だった。

 「魚谷さんは背も高いし、オーラがありました。現場主義で、何でも自分でやりたい。現場にもガッツリ入っていくから皆、大変でした。私も含めたブランドマネジャーに朝、『11時からミーティングやるから空けとけ』と言うんですね。誰かが、朝の11時ですかと聞いたら、『朝だと皆、空いてないだろ?』と一喝されました。定時が午前2時という感じでしたね。翌朝、私は8時に出社してましたけど、もっと早くに魚谷さんはいました。夜1時くらいまで残業していると魚谷さんが回ってくるんですよ、背が高いからパテーションから頭が出ていて、『早く帰れよ』と言うんですが、こっちこそ、『あんたが早く帰れ!』と思ってました(笑)。一方で、マーケティングのことを教えてくれる、魚谷塾というのがありました。皆、そこの卒業生です。卒業生の口にすることは皆、魚谷さんの言っていたことのコピーです」

JT、そしてサラリーマンからの脱皮

 山本は99年に日本たばこ産業(JT)へ移り、翌2000年4月、34歳で飲料事業部マーケティング部長となり、その後、飲料事業を売り上げ300億円から5倍の1500億円まで拡大させた。多額の予算を元に直属部下23人を指揮管理した。女優の竹内結子を起用した緑茶飲料、モーニング娘。を起用した中国茶飲料、ブラッド・ピットを起用した缶コーヒー「ルーツ」などを企画、発売。00年日本食糧新聞優秀ヒット賞受賞、01年JT社長賞受賞、2年連続飲料業界トップ売り上げ伸長率達成、7年間在籍した後の06年3月、40歳で希望退職に応募して退社する。

 「独立してから仕事がありませんでした。外に出てから3年間は全く駄目。お金にならなかった。でも4年目にブレイクしました」

 その理由を尋ねると、山本はこう答えた。

 「それは多分、サラリーマン色が出ていたからだと思います。新聞配達、黒服、2トントラック運転手と全くサラリーマン的ではなかった自分ですが、20代30代ですっかり染まっていたのですね。サラリーマンの馬鹿プライドに」〈文中敬称略〉(後編に続く)

(文=戸田光太郎)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る