マネジメント

アントレプレナーシップの本質を見失う企業家精神の狭義化

 日本には企業家精神が足りないと言われ続けてきた。企業家精神とは、アントレプレナーシップ(Entrepreneurship)の日本語訳であり、イノベーションの創出に不可欠なものである。日本でベンチャー企業の動きがなかなか本格化しなかったのも、大企業の新事業創造が進まないのも、企業家精神が足りないからだと言われている。

 日本における企業家精神を考える時には、まず2つの誤解を解かなければならない。ひとつは、企業家と起業家が混同されていることである。日本ではアントレプレナーシップは、新しく会社を立ち上げる「起業」の意味で使われてきた。しかし、イノベーションが大切になるのは、起業のフェーズばかりではない。大企業でも、中小企業でも、あるいは行政機関でも重要である。企業家とは「業」を「企てる」人である。会社を立ち上げる人だけでなく、「業」を「企てる」人にとって必要な能力こそがアントレプレナーシップである。

 もう1つの誤解は、アントレプレナーシップが企業家〝精神〟と訳されたため、それが個人の精神的な資質と考えられたことである。アントレプレナーシップの「シップ」が「精神」と訳されたのである。しかし、メンバーシップやリーダーシップ、あるいはリレーションシップなどからも分かるように、「シップ」は、「~の在り方」を表すものである。この「シップ」は日本語にはとても訳しにくい。確かに「精神的な在り方」も含まれる。しかし、これを「精神」だけに限定してしまうことは、その本質を見失うほどの狭義化である。

 企業家精神と言われてまず頭に思い浮かぶのは、ヘンリー・フォードやアルフレッド・スローン、最近ではジャック・ウェルチやスティーブ・ジョブズ、日本では、松下幸之助や本田宗一郎などカリスマ的な企業家だろう。彼らのカリスマ性は確かに大きな注目を集めるものである。しかし、彼らのカリスマ的な側面ばかりに目を奪われていては、英雄待望論になってしまう。カリスマ的なリーダーシップを発揮する人を待っているのでは、組織としては脆弱である。精神論としてのみアントレプレナーシップを語ってしまうのも、システムを脆弱にさせる。

企業家精神・アントレプレナーシップの例 ビジネスを開拓するスキル

 企業家精神に対する誤解を生み出した原因の1つは、日本の経営学者にその端がある。日本でのアントレプレナーシップについての議論は、企業家の伝記的な記述や精神論にとどまっている。その一方、欧米ではアントレプレナーシップの研究が進められていると同時に、ビジネススクールを中心に、その教育が本格化している。スタンフォード大学やバブソン大学などを中心に、アントレプレナーシップのスキル化が進められている。

 そこでは、アントレプレナーシップは、個人(あるいは組織)が現状でコントロールしている経営資源にとらわれることなく、機会を追求するプロセスであると定義されている。精神論とはまるで違う。既存の経営資源を超えて、ビジネスの機会を開拓していくプロセスにおいて必要となる能力をスキル化しているのである。

 そのスキルは多岐に及ぶ。例えば、市場や顧客の生の声にアクセスする機会を仕事の中にデザインとして組み入れることや、1つの組織の単位を小さくして権限移譲(とその適切な評価)を行うこと(これは前回の所有権とも似ている)などは、組織において企業家精神を促進するための基本的な仕組みである。企業家の個人的なスキルでは、翻訳という点も注目されている。ここで少し考えてみよう。

 既存の考え方(パラダイム)を大きく転換したい時にはどうすればよいだろう。パラダイムが異なれば、価値基準も異なる。既存のパラダイムの基準の下では、新しいパラダイムは多くの場合認められない。訴求点が全く違うのである。しかし、既存のパラダイムと同じ基準に訴えてしまうと、結局、パラダイムを大きく変えることは難しい。そこで「翻訳」が重要になってくる。新しいパラダイムを、古いパラダイムの基準上でも「あたかも」適合するかのように「翻訳」することが大切なのである。もちろん、自分自身で翻訳する必要はない。翻訳に適した人を選ぶのである。そして、翻訳に適した人というのは実は旧パラダイムの中にいることが多い。

 この「翻訳」の具体例を知りたい人は、ストリートアーティストのドキュメンタリー映画の『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』をぜひ見てもらいたい。最先端のストリートアーティストすらも驚かす新しいやり方(パラダイム)が生まれてくる瞬間とそこでの「翻訳」がよく分かる。ストリートアーティストの「権威」や「大御所」による、新しいパラダイムの「翻訳」や「お墨付き」がとても重要な役割を担っていることが分かる。

 この翻訳はあくまでもアントレプレナーシップのスキルの1つである。カリスマ性や精神論にとどまっていては、学びはない。ビジネス・チャンスを追求するプロセスに必要な条件に企業家精神を分解して考えていくことによって、本当のアントレプレナーシップが見えてくる。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

会員制ホテルなどを展開するリゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業者の1人である伊藤與朗会長は代表取締役ファウンダーグループCEOに就いた。共同創業者の伊藤勝康社長は代表取締役会長CEOとなった。伏見有貴副社長は代表取締役社長COOとなり、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。聞き手=榎本正…

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る