国際

世界110カ国に広がるインド人移民のネットワーク

 

 過去10年間で外国に居住するインド人の数は、徐々に増えている。非居住インド人(NRI)やインド出身者(PIO)は、世界の中でも非常に大きな経済上、社会上、文化上の影響力を形成している。2500万人のインド人が110カ国に分散していると見られている。

 インド人の海外移住には4つの波があった。第1は植民地支配以前の時代で、旅行者、教師や業者などとして移住した。第2は、大英帝国の年季奉公の召使いとしての強制的な移住だった。第3は、分裂の恐れによる悲劇的な何百万人もの移動だった。そして現在は、技術を身に着けたインド人がグローバル化した世界で新しい仕事や機会を求める現代的な移住だ。

 インド人の移住は地理的に拡散し、110カ国にまで広がっている。この多様性の度合いから、あえて一部の国々を「古い移住先」、その他の国々を「新しい移住先」とする。古いインド人の移住先で目立った国々は、マレーシア、モーリシャス、トリニダード・トバゴ、フィジー、ガイアナ、スリナムがある。これとは別に、新しい移住先で目立った国々はすべて先進国だが、米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどがある。これ以外では、それなりの数のインド人が湾岸諸国にも住んでいる。

 米国のインド系米国人の地域社会は100万人を超え、現在も増加中だが、当初は少数で、過去30年間に移住が拡大した。1790年に初めて海軍の労働者としての米国への移住が、インドと米国間の初期の通商関係の一部として進められた。

 その後、インド人の一団は、カナダからワシントン州に入り、米国の西海岸にやってきた。21世紀初頭の移住は、ほとんどが農業従事者だった。1920年代前半には、わずか5千人程のインド人だけが米国に居住していた。70年までにこの人口は伸び、約37万人に膨れ上がった。

 現在、米国には170万人以上のインド系の人々がいる。このことは、民族も宗教も言語の混在したインド人の社会を反映している。米国に住むインド人は、学術者、起業家、医者、弁護士、技術者、金融専門家など多岐にわたり、いずれも高収入を得ている。現在、インドと米国の関係は安定的な発展を遂げている。米国とインドにはお互いの懸念事項が横たわるが、両国の見解はより1つに近づきつつある。

 

英国の第2次大戦後の労働力不足で、インド人移民大量移住

 

 英国のインド人の存在は、潜在的にインドでの英国支配における相互関係の結果といえる。第2次世界大戦後の深刻な労働不足がインドからの大量移住という結果をもたらした。健康管理などの部門では、インド人の存在が重要になった。現在、英国にはおよそ120万人のインド人がおり、英国でのインド人の地域社会は、あらゆる職業の人々がいる。英国議会や主要政党などでは、医者や銀行職および大規模な学生団体などが大多数を占める。インド人は、英国の移住者の民族的地域社会と良い関係を保っており、一般的に劣性であるとは見られていない。

 インド人の海外移住は多くの国々に広がっているが、インドが後進国から新興国に変わろうとしている段階のため、多くの人々がインドに帰って祖国に貢献したいと考えている。だがインドは現在居住する国に比べ未熟な部分が多く、このUターンはとてもペースが遅い。そのためもあって、『フォーブス』のランクで上位にいる米国のシリコンバレーのインド人起業家や英国のインド系鉄鋼業の起業家は、インドにも企業を設立し、多くの人々に雇用を供給している。

 8世紀にインド人は日本に来た。そして日本にインド人の定住は1世紀以上前にさかのぼる。1873年前半に、数人の主にバルシー教徒とシンド族のインド人実業家と彼らの家族が横浜に定住した。

 1890年代には、タタ社が神戸に支店を設立した。1901年までに英国領インドからの30人が日本に住んでいた。2011年3月の東日本大震災後にはその数は減ったが、2万2千人以上のインド人が日本にいる。

 彼らの多くはITの専門家と取引業者に限られている。インド人の学生団体は、日本ではあまり大きくない。恐らく言語上の壁のためだろう。インドと日本は歴史的にも良い関係にあり、インドの文化は日本ではうまく取り入れられているとはいえ、日本ではほとんどインド人が居住していない。日本では、他の国々からの居住者と比べても、インド人は最も少ない部類に属しているのは残念だ。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年5月号
[特集]
進化するチーム

  • ・総論 姿を変える日本の組織 個人とチームが互いに磨き合う時代へ
  • ・小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)
  • ・稲垣裕介(ユーザベース社長)
  • ・山田 理(サイボウズ副社長)
  • ・鈴木 良(オズビジョン社長)

[Special Interview]

 南場智子(ディー・エヌ・エー会長)

 「社会変革の今こそ、組織を開き、挑戦を加速する」

[NEWS REPORT]

◆社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

◆DeNAとSOMPOが提案する新たなクルマの使い方

◆ここまできたがん治療 日の丸製薬かく戦えり

◆ブレグジット目前!自動車各社は英国とどう向き合うか

[特集2]九州から未来へ

 九州一丸の取り組みで生まれる新しい産業

ページ上部へ戻る