文化・ライフ

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

アメリカンドリーム実現の場所でもあるインディ500に挑む佐藤琢磨

 

 今年のインディ500は5月29日に開催される。記念すべき100回大会である。

 インディアナポリス500マイルレース、通称インディ500はアメリカを代表する自動車レースだ。

 F1のモナコGP、スポーツカーレースのル・マン24時間と合わせて、世界三大レースとも呼ばれる。

 その中で一番古い歴史を持つのがインディ500だ。第一回大会は1911年というから、第一次世界大戦勃発の3年前に始まっている。

 インディ500はインディアナ州のインディアナポリス・モータースピードウェイが舞台だ。アメリカ国内での人気はF1の比ではない。毎年、決勝日には30万人を超える観客が詰めかける。コースの外周やピット内側に建てられた巨大なスタンドがびっしりとファンで埋まる。テレビも全米ネットで生中継する。

 優勝者が手にする賞金額も破格だ。昨年の覇者ファン・パブロ・モントーヤは、244万9055ドルの賞金を獲得した。日本円(当時のレート)で約3億円だ。インディ500はアメリカンドリーム実現の場所でもある。

 105年にわたるインディ500の歴史の中で、日本人優勝者はひとりもいない。

 世界最速に挑んだ日本人ドライバーは10人いた。代表的なのは中野信治、高木虎之介、佐藤琢磨の元F1ドライバーだ。だが、インディ500のハードルは高い。現時点での日本人最上位は、2003年に高木が記録した5位である。

 インディ500の難しさは、そのコースに要因があるといわれる。

 コースは全長2・5マイル(約4・02キロ)。コースレイアウトは極めてシンプルだ。

 長短2本のストレートと4つのコーナーで、楕円形(オーバル)を形成する。今もインディを始めアメリカのレースではこのオーバルコースが主流である。コーナーには傾斜(バンク)がつけられている。高速でコースを駆け抜けるための仕掛けだ。

 これによりインディ500の最高速度は380キロ、レース中の平均速度も300キロを越える。このスピードが日本人にとっては厄介なのだ。

 現在、日本人で唯一インディ500に参戦している佐藤はF1で3位入賞経験を持つ。それだけの腕を持ってしてもオーバルコースのドライビングは容易ではないという。

 「オーバルを走ったことのないドライバーは、まず一定のルールに沿ってオーバルを走る練習をするんです」

 元F1ドライバーだからといって、この練習が免除されることはない。ルーキーオリエンテーションとしてオーバル未経験者には必ず義務付けられているのだ。

 佐藤によると初めてオーバルを走った後は、クルマを降りてすぐに真っ直ぐ立てなかったという。

 「景色がものすごい勢いで後方に飛んでいくので緊張感がありました」

 ちなみにインディ500のレース時間は3時間を越えることもある。

 「(超高速走行の中で)3時間ずっと集中力を維持するのは不可能です。コースのどこかで休んでまた集中力を上げるという繰り返しが必要になる。だからストレートで体をリラックスさせて心拍数を下げる。そしてコーナーでまた集中するんです」

 聞いているだけで、こちらの脈拍が速くなりそうだ。

 

インディジャパン復活の起爆剤の役割は佐藤琢磨

 

 ところでF1、スポーツカーレースはどちらも年に一度、日本ラウンドが開催されている。鈴鹿サーキットの日本GPと富士スピードウェイの富士6時間耐久レースだ。

 だが、インディ500を頂点とする年間戦インディカーシリーズの日本ラウンドは現在、開催されていない。

 周知のように11年までは「インディジャパン」というレースがあった。場所は栃木県のツインリンクもてぎ。ここには日本で唯一のアメリカンスタイルのオーバルコースがあり、毎年決勝には7万人前後のファンが集結した。

 5年前、このインディカーの聖地を東日本大震災が襲った。オーバルコースには亀裂が入り、現在も修復されていない。

 インディジャパン復活のためにはコースの復旧が急務である。そのためには草の根レベルでの盛り上がりが必要不可欠だ。起爆剤の役割を果たせるとしたら、現時点では佐藤しかいない。

 彼は11年のインディジャパンを前にこう語っていた。

 「たくさんの人の応援の中で走れるのは幸せなこと。ファンとの距離も近くて雰囲気も素晴らしい。インディカーの持つエキサイティングなエネルギーを日本に注入したいと思っています」

 世界中が注目する節目の大会。インパクトのある佐藤の走りに期待がかかる。(文中敬称略)

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る