国際

(写真:AFP=時事)

(写真:AFP=時事)

 読者の中にも1957年生まれの方がいるかと思う。そのあなたなら、かすかに、白黒テレビで放映された、初の衛星放送、当時は「宇宙中継」と呼ばれていた映像を覚えているかもしれない。あれは63年11月23日だった。ケネディは事前に挨拶を収録していたが、当日、臨時ニュースが飛び込んできて、録画は実況に差し替えられた。日本の放映は朝5時。こう始まった。「悲しいお知らせがあります」ケネディが暗殺され、世界が悲嘆にくれた時、あなたは5歳、大統領の娘、キャロライン・ケネディも当時、5歳だった。その彼女が駐日米国大使として間もなく赴任することとなった。

 ニール・ダイヤモンドの大ヒット曲「スウィート・キャロライン」は、ケネディの娘の幼い頃の写真にインスパイアされて作曲されたという「秘話」は、キャロラインの50歳の誕生日パーティーで初めてニールにより本人の目で前に明かされた。キャロラインはニューヨーク生まれ。ハーバード大とコロンビア大法科大学院を卒業し弁護士資格を取得。書籍編集などをしながら米東部マサチューセッツ州にある父親の名を冠した図書館の館長などを務めてきた。目覚ましい活躍ではないが、対外的には弁護士で作家、55歳で3児の母。スリムで、スタイリッシュ、できる女風である。

 ケネディ家は多くの政治家を輩出してきたが、キャロラインは、2008年に国務長官に就任するヒラリー・クリントン上院議員(当時)の後任候補に一時浮上したものの、外交・政治経験はない。このため、中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発などで東アジアの安全保障情勢が厳しさを増す中、4月に米メディアが日本大使起用を報じた際には異議も唱えられた。共和党で外交問題を受け持つドナ・ローラバッチャーはこう言っている。

“I thought it was an April Fool’s joke when I first heard about it”

〈最初この件を耳にしたときはエイプリルフールの冗談かと思いました〉

“Our economic and national security are based on good will toward Japan.”

〈われわれの経済や安全保障は日本との友好関係に基づいております〉

“I have nothing against Caroline Kennedy becoming ambassador to, say, Barbados.”

〈もしこれがカリブ海の小国バルバドスの大使になるのだということならともかく〉

“But Japan is too important for somebody with no experience.”

〈外国経験のない人間が赴くには日本はあまりにも重要な国です〉

現職のルース大使は、08年の大統領選でオバマ氏の資金集めに貢献して09年に駐日大使に起用。勲章みたいなものだったが、蓋を開けてみれば、愚かな鳩山民主党政権下で迷走した米軍普天間飛行場の移設問題への対応や、11年の東日本大震災後の救援、復旧をめぐる日米連携などに尽力し、結構奮闘させられた。10年に広島、12年には長崎の平和式典に米大使として初めて出席した。

 米国外交官協会によると米国大使ポストは、現在、188ある。このうち、外交官出身の大使が全体の60%以上を占める一方、外交経験はないがオバマの指名による政治任用の大使も30%近くいる。キャロライン・ケネディも政治任用の大使だ。政治任用の大使は、日本、英国、カナダなど主に米国の同盟国に駐在する傾向がある。一方、オバマが1期目で政治任用した大使59人のうち、オバマ大統領が初当選した選挙の時に多額の献金をした支持者が40人と70%近くを占めていて、これは歴代政権と比べると2倍以上の多さだ。こうした政治任用の大使は、大統領と直接パイプがあり有用だとする声がある一方、大使ポストが多額の献金をした富裕層に対する論功行賞になっているという批判もある。歴代の駐日米大使には多くの大物政治家が選ばれ、日米の関係強化や問題の解決に重要な役割を果たしてきた。カーターの下、77年から11年半にわたって大使だったマンスフィールドは上院院内総務として歴代最長の16年間君臨した民主党の大物議員として知られていた人物だし、クリントンの下で93年から大使を務めたモンデールは、副大統領の経験がある。ブッシュの下で01年から大使を務めたベーカーは、大統領首席補佐官の経験があり、知日派の大使として自衛隊のイラクへの派遣などで日米間の調整役を担った。

 一方で、最近は政治経験は少なくても大統領と個人的に強いつながりを持つ人物が選ばれるケースが続いた。

 05年から大使を務めたシーファーは当時のブッシュ前大統領と大リーグ球団「テキサス・レンジャース」を共同で経営したことで知られ、また、現在のルース大使も、弁護士の出身ながら08年の大統領選挙でオバマに多額の献金をするなど大統領と個人的に親しい間柄で、選挙への貢献を高く評価した結果の人事とされている。

 キャロラインもその口だ。

 キャロラインはオバマをこう評する。

“Obama is the kind of leader my father wrote about in “Profiles in Courage”. He doesn’t just do what’s easy. He does what’s hard. He does what’s right.”

〈オバマは私の父が著書『勇気ある人々』で描いたような、安易な道を選ばない男、困難な道を選ぶ男、正しいことをやり遂げる男、ですわ〉

 とエールを送った。ケネディ家からのお墨付きは、政治家にとってはありがたい。

[今号の英語]Dear
 Dearは親愛なる、という意味で手紙の冒頭に付けるが、口語でこんな使い方もある。オバマの言葉だ。
“Caroline Kennedy has become one of my dearest friends and is just a wonderful American, a wonderful person.”
〈キャロライン・ケネディーは私の最も親しい友人であり、ただただ素晴らしい米国人であり、素晴らしい人物なのです〉
 2代目同士、安倍首相とはうまくやっていけるかもしれない。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

「消費者が電力の供給者を自由に選択できる時代へ」―― 再エネ主体の「顔の見えるでんき」をコンセプトに掲げるみんな電力が目指すのは、富が一部の人々に独占されないフェアな世界だ。法人顧客を中心に、同社への支持が集まっている理由を大石英司社長に聞いた。(吉田浩)大石英司・みんな電力社長プロフィール 消費者が発電事業…

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る