マネジメント

 前回、日本式経営の特徴や経営者の育成方法に関して独自の論説を展開した冨山和彦氏。今回も会社という存在やガバナンスの本質について、広く深く話は及んだ。

コーポレートガバナンスとは〜経営者にとって厳しいトヨタのスキーム〜

牛島 今回は企業と株主との関係からお話をしていきたいと思います。まず、長期保有の株主に複数議決権を認めるという話がありますが、これについて冨山さんは肯定的なのでしょうか。

20160524USHIJIMA_P01

(とやま・かずひこ)1960年生まれ。85年東京大学法学部卒。在学中に司法試験合格。92年スタンフォード大学経営学修士(MBA)取得。ボストンコンサルティンググループを経て、2003年産業再生機構に参画、COO就任。解散後、経営共創基盤(IGPI)を設立、現在に至る。

冨山 肯定的ですよ。例えば、5年間保有を前提とした種類株式を導入したトヨタのスキームも肯定的にとらえています。

牛島 私は、トヨタのスキームが出た時に世の中が思いのほか否定的な反応をしたことに驚きました。あのスキームは、下手をしたら自分の首を切る人を自ら増やしている。5年で成果を出していなかったら、アメリカのそうした株主にファンドから電話がかかってきて、「首にしよう」となるかもしれない。これだけ、経営者が自分自身を追い詰める仕組みにして何が悪いのか、と感じます。

冨山 短期的視点で株主の利益を反映させるのが、この20年ほどのアメリカ型のコーポレートガバナンスです。しかし、今回のコーポレートガバナンス・コードは、従業員、地域共同体などへの責任として企業が持続的に成長することを目指している。ステークホルダーの中で株主は当然重要な立場ですが、あくまでもステークホルダーの1人です。この発想なら、トヨタの姿勢は全く問題がありません。

牛島 ただ、ショートターミニズムの投資家がいなければ、株式市場は存在し得ないですよね。売買があればこそ、長期保有志向の株主にもメリットがある。それは無視できません。

冨山 ガバナンスに関与するということは、共益権をどう行使するかということなんです。売買によって生じる自益権も保障されている。財産権の問題として、自由な売買は担保されなければならない。一方、長期保有での共益権は、株主がもっぱら自分の利益のためだけに行使するものではありません。株主はステークホルダーの代表であるという考えに基づくと、ステークホルダー全体の利益を考えるものです。

牛島 どうやってショートターミニズムの株主の議決権を制限するかという点で疑問があります。現実にショートターミニズムの株主が経営陣の選出に大きな影響力を持っています。

冨山 私は多様性を認めるので、ガバナンスは各社で独自につくればよいと思います。ある会社は立憲君主制みたいなものでもいいいし、ある会社は思いきって短期株主におもねっていてもいい。株主はそこまで含めて、投資すればいい。今回のガバナンス・コードも、必ずコンプライアンスしなければならないわけではなく、自分たちは導入しないほうが絶対に良いと思ったら、そうすればいいんです。

コーポレートガバナンスとは〜企業は共同体ではなく事業を行う「器」〜

牛島 次に社外取締役についてですが、コーポレートガバナンス・コードは、社外取締役導入について、後押ししましたよね。

冨山 排他的共同体にくさびを打ち込むという意味では賛成です。だから、最初からハードローではなくソフトローでやるべきだと思っていました。

牛島 どういう形であれ、くさびを打ち込むことが優先するということですか。

冨山 私が考える美しい姿というのは、パリティが壊れて新しい均衡に向かうときに、多様なガバナンスをみんなが選ぶことなんです。例えばショートターミニズムに対応した株を発行する会社があってもいいし、議決権行使会社への対応も、さまざまでいい。それが理想です。

牛島 会社共同体への期待は捨てて、事業によって、次々と売買するのがこれからの企業経営だとも冨山さんはおっしゃっています。そうなると、会社でたまたま配属された事業部門が売買されたら、従業員の人生が大きく左右されることになりますが、それは問題ないでしょうか。

冨山 会社は事業をやるための道具ですから、本来そういうものです。人が集い、共に働く共同体は実在しますが、企業そのものは事業を行うためのよくできた器でしかありません。

20160524USHIJIMA_P02牛島 企業は、事業が基本単位で、複数の事業を展開するのはよくないのでしょうか。

冨山 そうではありません。複数の事業間でシナジーも見込めますし、インキュベーションプラットフォームとして、企業は非常によくできています。そこで出来上がった事業はどんどん独立していけばいい。ただ、社会的価値をつくっているのは、事業であって、雇用をつくっているのも事業です。

牛島 会社に入った人間からすると、たまたま配属された事業の業績が悪いのでほかに行かされるというのは、抵抗も大きいのではないでしょうか。

冨山 そういう人の使い方をする会社はそもそも衰退しているんです。スポーツに例えると、1つの会社にテニス事業部、サッカー事業部、野球事業部、水泳事業部などさまざまな組織があったとして、のどかな時代なら、ある程度の運動能力がある人間はどの事業部でも活躍できましたが、今はそんな時代ではない。20年間野球をやってきた人間が、いかに運動能力が高かろうと、テニスで活躍はできない。野球事業部の業績が悪いので、人をほかの事業に移しても、事業が駄目になるし、本人も自己実現できません。だったらもう野球はやめて、野球をやりたい会社に人員ごと譲るほうがいい。それをしないから、日本の総合電機メーカーは世界市場で負け続けてきたんです。私が再生を手掛けたカネボウでは、合成繊維事業が売却されて、今はピカピカの業績で、働いている人もバリバリ実力を発揮しています。

牛島 カネボウのケースでは、人員削減はあったのですか。

冨山 売却先では勝ち組になるので、人を切る理由がないんです。カネボウの合成繊維事業部は売却された後も工場は変わらず、やっている仕事も同じ、仲間も同じ、働く場所も同じで、看板が変わっただけなんです。

コーポレートガバナンスとは〜経営者にとって人事は聖域ゆえに抵抗も大きい〜

牛島 経営者の中には「いろいろな部署を経験できることが強みだ」という人もいます。

冨山 それはナンセンスです。私は正社員共同体幻想が多くの人を不幸にしてきたと思います。

牛島 それを変えていくにはどうすればいいのでしょうか。

冨山 企業統治改革ですね。企業とは何かを問い続けることが大事です。会社は事業の束であり、流動的に売却されることもあれば、買われることもある。そういう前提で働くということです。

牛島 そういう流れを踏まえて、社外取締役はどういう役割を担うのでしょうか。

冨山 まずは人の問題です。非常に本質的な経営の議論ができる人でないといけない。来期の売り上げがどうだといったレベルの話ではなく、会社の根本に関わる問題を議論するのが取締役会であり、そこに加わっていただくのが社外取締役ですから。

牛島 鶏と卵の問題ですね。取締役会がそういう場になるのが先か、取締役が変わるのが先か。

冨山 どちらが先でもいいんですが、あえて言うならまず社外取締役を増やすことでしょう。2つ目のポイントは人事権です。企業における最も重要な意思決定は、権力のコアの決定です。だから指名委員会でも選考委員会でもいいから作って、その過半数を社外の人がやって、そこで実質的に決めるべきです。また、重要なのは、社外取締役になった方のやる気の問題でしょう。

牛島 そこで前回の最後のお話にあった、社外取締役の任期が1、2年では短いという話につながりますね。私はそれに加えて、社外取締役を選んだ現経営陣のやる気も大事だと思います。

冨山 それは相互効果ですね。どちらから動きだしてもいいので、互いに刺激し合うべきです。

牛島 日本の会社が変化していくという点について、冨山さんは楽観的でしょうか。

冨山 全く楽観していません。だから、指名委員会あるいは監査役設置会社に来る指名諮問委員会を義務化することには、まだまだチャレンジするつもりです。今回のガバナンス・コードでその部分が見送られたのは、そこが最後の聖域だからです。

牛島 社外取締役に人事を決められることは、経営者にとって堪えがたいでしょうからね。

冨山 経営者の実質的指名権をこれまでは前社長など、OBが密室で、排他的に持っていた。これを引っ剥がしたい。歴史を見ると、組織のトップが後継者を自分で適切に選んだ例はほとんどありません。社長は未来に向かって選ばなければなりませんが、経営者は一番過去に縛られるんです。どれだけの時間をかけて客観的な評価を重ねて後継者を選んだのか、ということも重要です。だから社外取締役の責任は重いのです。

構成=本誌編集長/吉田 浩 写真=幸田 森

東芝と日立の決定的な違いとは――冨山和彦×牛島信(前編)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る