マネジメント

所有権を持つと経営資源の効率的活用を真剣に考える

 

 前回見たように、日本において最先端の知識集約的なベンチャー企業が動き始めている。

 社会的に見れば、ベンチャー企業には不確実性が高い未知の技術や市場を開拓する機能がある。

 さらに、ベンチャー企業は、経営資源の効果的・効率的な活用に大企業よりも大きなインセンティブがあることが多い。

 その理由のひとつは、所有権にある。

 ベンチャーの事例ではないが、ベトナムの国営トラックの有名な例から考えよう。

 1990年代初頭、ベトナムの国営トラックは故障だらけであった。トラックはソ連製であり、ソ連が崩壊し、スペアの部品が入手できなくなったためであった。動かないトラックばかりになってしまい、運輸網が完全に機能しなくなってしまった。

 そこで、政府はトラックの所有権を各ドライバーに与えたのである。その結果、さっきまで動かなかったベトナムのトラックが一気に動き出した。

 トラックが自分の資産になった瞬間に、ドライバーは最も生産的な活用を考え始めたのである。

 それまでは、「スペアのパーツがないからトラックが動かない」と言っていたが、実は自分で修理できるものだった。公園のトイレの掃除が行き届いていないのは、公共のもの(共同の所有)であり、誰も自分が所有しているという意識を持っていないからである。

 所有権の力は大きい。所有権を有することは、その資産が生み出す残余収益を受け取る権利を持っているということである。

 もちろん大企業は、ストックオプション等によって経営者に経営資源の効率的な活用へのインセンティブを与えている。

 しかし、ベンチャー企業の経営者のインセンティブと比べるとその大きさは比ではない。所有者であるからこそ、経営資源を効果的に活用し、あるいはそこに投資し、大きなリターンを得ようとするのである。

 企業の規模が大きくなればなるほど所有権は分散していく。そのため、本当に真剣に経営資源の効果的・効率的な活用や投資を考える人は少なくなってしまう。

 さらに、日本において長期的な雇用慣行が崩れてきていることがこれに追い打ちをかけている。労働市場の流動性が低く、長期的な雇用が一般的だったいわゆる大企業の従業員にとっては、自分の会社の行く末を本当に真剣に考えている人たちが多かった。本当に真剣に考えるインセンティブが高かった。

 しかし、長期的な雇用を前提にできなくなってきた今では、そのインセンティブが低くなっているのである。

 

地方企業は経営資源の効率的な活用を真剣に考えるインセンティブが高い

 

 この状況で注目したいのが、地方の企業である。地方経済の衰退が指摘されているが、地方から全国の市場をターゲットとする企業で活発な動きが見えている。

 その1つが、静岡県の中堅地方銀行であったスルガ銀行である。

 スルガ銀行は、地元密着型地銀からの脱却と個人金融サービスへのシフトによって高収益銀行へと大きく成長している。その背景には、トップ・マネジメントの「普通の地方銀行」からの変身を進めた意思決定とともに、社員の大きな自主性があった。

 これまでの地方銀行の典型は、地元の中小企業向けの融資が中心であった。

 ただし、そこはどうしても利ザヤが薄い。スルガ銀行の高収益構造は、利ザヤが高い個人金融にシフトした点にある。

 しかし、個人金融にはどうしても貸し倒れのリスクが伴う。そのリスクを低く抑えることが大切になる。

 そこで、スルガ銀行は業界で初めてJCBカードを発行し、顧客情報のビッグデータを活用したのである。職業、年齢、収入、などとともにクレジットカードの利用や返済履歴の情報を精査し、与信リスクを精緻化できたことによって、一人ひとりに合った商品開発が展開できるようになった。

 このビッグデータを活用し、「中小企業サラリーマン向けローン」や、「システムエンジニア向けローン」、「働く女性向け住宅ローン」、バンドマンに向けた「楽器購入ローン」、ダイビングを楽しむ人のための「ダイバーズローン」など独自のニッチセグメント特有のローン商品を開発している。きめの細かい、特徴のある商品開発の提案が社員からなされているのである。

 スルガ銀行だけではない。まだ、多くはないが、ラスクで有名な群馬のガトーフェスタ・ハラダ、緩まないネジのハードロック工業など、地方からその地元の需要だけでなく、全国あるいは全世界のマーケットを狙う企業が現れている。

 地方の場合は、大きな就職先が限られている。ジョブホッピングは難しい。そのため、自社の経営資源の効果的・効率的な活用を本気で真剣に考えるインセンティブは高い。地方にチャンスが来ているとも言える。

 あなたの組織で既存事業の改善や新事業の提案が少ない、あるいは企業家精神が足りないと感じたら、ベトナムの国営トラックや公園のトイレと同じ状況になっている可能性がある。

 そのような時に、精神論をいくら説いてもムダである。権限の移譲や評価体系の見直しなど、もう一度、自分の組織のインセンティブのデザインを冷静に考え直してみる必要がある。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る