国際

マインドセットの理解がインドビジネス成功の鍵

 インドにおいてビジネスで成功するためには、インド人のビジネス上のマインドセットを十分に理解しておくことが重要である。インド人の担当者、取引先、同僚や顧客と友好な関係を構築するには、インド人のビジネス上のマインドセットを理解することが必要だ。それを理解していれば、インドでビジネスを展開する上で、競争上の優位に立つことができ、ビジネスを成功に導くことになる。

 カルマ(Karma)は、インドでは決して関心が失われることのない言葉である。何であれ自分が蒔いた種は、自分で刈り取らなければならない、という意味である。カルマとはヒンディー教や仏教の哲学で用いられたサンスクリット語で、結果を引き起こす「行い」を意味する。カルマの因果の法則は、ヒンディー教の哲学において不可欠な要素である。

 死後の世界を信じるヒンディー教の哲学においては、個人のカルマが良ければ来世で報われて、カルマが良くないと、人は退化してより下位の生命体に堕落する、という教義がある。良いカルマを手に入れるためには、ダルマ(dharma:正しい行い)に従って人生を送ることが重要である。

 キスマット(Kismat)とは、カルマによって決まる宿命や運命のことである。キスマットは、過去の人生における度重なる行い、振る舞い、考えの結果である。言い換えれば、両者はコインの両面のようなものである。カルマが積み重なって現世のキスマットになる。

 このように、カルマとキスマットはインドの道徳的哲学において中心的な機能を果たす。道徳的哲学は、悪いカルマにつながるような行いや欲望を慎んで道徳的な生活を送り、生と死のサイクルから抜け出るための主な動機付けとなる。言い換えれば、インドにおける皆の共通の目的は、宇宙の正義によってもたらされた苦しみから脱出することである。

 よって、「無カルマ」という態度を取ることが長い間の習わしであった。もし「無行為」ならばそれに対する結果が生じる余地がなく、悪行によるカルマを避けることができるという意味である。しかしながら、カルマは行いの結果であるので、とてもそれを避けることはできない。無カルマとは無行為を意味せざるを得ず、無行為とは食べることも含めて完全に何もしないということである。この考えや規律は、簡素な食生活という意味での菜食主義等いくつかの単純な実践から始まった。厳しい食習慣とは多くの感情に打ち勝つことを意味する。断食、非暴力およびヨガなどはすべて何らかの方法による脱離か、または救済の過程である。あらゆる罪から解放されるということは、あらゆる心理状況において自己統制するということである。

古代インド人の発明が世界貢献に果たした役割

 厳格なカルマ規律を実践していた古代インドの人々は、知識を得るために非常に論理的かつ批判的に思考する人たちであった。彼らの功績をいくつか挙げると、占星術、数学、アーユルヴェーダ(医学)などの発明による世界に対する貢献がある。古代の批判的思考の目的は外面ではなく、内面に向けられていたということ、そして、思考者や観察者はあらゆる存在の実在の本質を観察することによって成果を得るよう規律付けられていた、ということになる。彼らは、一瞬の詳細に注意を払い、組織立ってあらゆる問題に究極の答えを得られるようにした。それらは今日においても重要である。インドの伝統的な批判的思考は、伝統的な教育制度に端を発すると分析する者もいる。理性的な物の見方である。それはわれわれが信念を持って自らの責務を果たす源になっている。

 現代インドにおいても、人々はほとんどの場合カルマとキスマットの哲学を日々の暮らしにおいて信奉かつ実践しており、それが彼らの仕事の多くを決定している。しかし、その実践は、かつては過度な負担を掛け、歴史的苦悩と結びついた多くの転換があった。それ故、インドの伝統的な批判的思考において多くの怠惰さを生じさせた。現代のインドの教育は、人を知的にするかもしれないが、賢くはしない。伝統的な知恵は、人格、社会的意識、自己認識、人的価値そして、善悪を判断する助けとなる良心、ならびに悪よりも善を選ぶことのできる独立した意思といったものによってもたらされる。

 カルマやキスマットにも物質的な考え方が存在しているが、それらは基本的に正反対のものである。だが、最近ではインドでは変化も見られる。多くの人がインド人は批判的思考に欠けていると言うが、現代インド人には上昇志向があるところ大きく異なる点だと思う。

なぜインドの大都市でスラムが膨張するのか

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

津山恵子のニューヨークレポート

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る