政治・経済

2015年11月に発売したメガネ型のウエアラブル端末「JINS MEME」(ジンズ・ミーム)。一見すると普通のメガネだが、頭や視線の動き、瞬きをセンサーで計測。眠気や集中度、姿勢の崩れなどを測ることができる。無線でスマートフォンにデータを蓄積、分析する。先進テクノロジーによる世界初のセンシング・アイウエアだ。 聞き手=本誌/榎本正義 写真=佐藤元樹

「目」の持つ情報量に着目し脳へのアプローチが出現

 

―― 昨年発売された「JINS MEME」は、“自分を見るアイウエア”とのことですが。

田中 当社は、メガネの付加価値を模索し、世の中に提案してきた会社です。常に新たな機能を考え商品に反映させていくというビジョンを持って商品開発を行っています。その中で、脳トレで有名な東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太教授と出会いました。川島先生と何度もブレストを重ねる中で、現在の「自分を見る」というコンセプトが生まれました。初めに「目から脳をのぞこう」と思っていたのではなく、メガネに革新をもたらす新たな機能を摸索する中で、脳というアプローチが出て来た。20160705JINS_P01

―― なぜメガネから脳なのですか。

田中 脳が受け取っている外界からの情報のうち、87%は目からの情報です。それだけの情報が目から脳にインプットされている。そして目は心の窓といいますが、重要な感覚器官である目は脳とのつながりも大きいため、その人の心理状態が分かるのではないかという仮説を立てました。その研究から生まれたのが「JINS MEME」です。

メガネ型のデバイスで脳と体の状態をチェック

―― 具体的にはどのような技術なのかを教えてください。

田中 簡単に言うと、目と体の動きをセンサーで読みとっています。目の動きについては、独自に開発した3点式眼電位センサーで、角膜側に帯電したプラス電位の移動によって生じる皮膚接触部の電位の変化を読みとって、眼球の動き、瞬きを測定します。体の動きについては、6軸センサー(加速度・ジャイロセンサー)で姿勢や体のバランスなどを取得することができます。

―― 目から何が分かるのですか。

田中 まず眠気を推定できます。人間は眠くなると瞬きの回数や強さが変わるのです。多くの人のデータを蓄積していき、「眠いときの瞬きのパターン」を推定できると、その情報をスマホに飛ばしてアラームを鳴らすということも可能です。自動車の運転中にこの技術で休憩を促すといった活用ができます。また、集中度を測ることもできます。通常、成人男性は1分間に20回程度の瞬きをしますが、集中すると1分間に3回くらいまで瞬きが減ります。また、瞬きにも速さや強さなど種類があるのですが、例えば人前で話しているときなどは緊張し、相手の反応を伺っているので、強さや速さが異なる瞬きをします。ところがリラックスを伴う深い集中に入ると、瞬きの強さと速さが安定します。これは、瞬きには多くの生理現象、心理状態が現れていることを示しています。当社の「JINS MEME」はこういった脳の状態を、目を通して測ることができる商品なのです。

―― 体の動きも測ることができるのですね。

田中 6軸の加速度・ジャイロセンサーが体幹の真上にある頭にくることで、姿勢や体のバランスを測ることができます。従来、万歩計などでは「動きの量」を計測してきました。これによって例えばメタボが問題になり、運動しなくてはならないということで運動量が問題となったわけです。ところが、一定以上の運動をすることが普及すると、運動によって膝や腰を痛めてしまうロコモティブシンドロームが話題になるようになりました。その原因のひとつは正しくない姿勢での運動です。運動の量ではなく、質が問われています。そこで、「JINS MEME」では、運動時の姿勢を計測する。すると、間違った姿勢を指摘されるので、けがの予防も期待できます。

脳の状態を知ることで先制医療につながっていく

―― 今後、どのような展開を考えていますか。

田中 研究機関とさまざまな取り組みをしていますが、これからいろんなことが分かってくると思います。それに応じて、アプリなどのソフトウエアがどんどん増えていくでしょう。また、ハードウエアももっと小型化して、従来のメガネと全く変わらないようなものにまで進化させていきたいと考えています。そこまでくると、常に自分の脳や体の状態が分かって、その対策を事前に打てる、つまり病気の予防につながるはずです。これは先制医療につながり、医療費の削減まで広がるテーマなのです。

―― 近年は脳科学が話題になることも多く、企業でも取り組んでいるところはたくさんありますが、御社のように具体的に形になったケースはまだ多くありません。

田中 まだまだできたばかりで課題はたくさんあります。より世の中のニーズに適応させ、潜在的な需要を顕在化させるほどの力を持つ製品にするには、仕組みが必要です。現在、「JINS MEME」は税抜き3万9千円で販売しています。これでは普及しにくい。例えば、スマートフォンは本来、10万円程度もする端末を、通話量を含めた分割払いという仕組みを作ることで普及させました。同じように、「通常のメガネと同じように販売する」のではなく、月額のサービス利用料金を基本として、端末としての「JINS MEME」の価格を極力抑えるといった仕組みを考えなければならないかもしれません。例えばそこに広告モデルが入ってきても良いし、得られたデータの販売というモデルも考えられます。そうなると、当社もメガネの小売業という業態から脱却していくことになるでしょう。

血圧、体重を測るように脳の状態も測る時代

―― メガネの小売業である御社がそこまで踏みこんでいるのですね。

田中 もともと当社は、ブルーライトカットメガネ、花粉対策用メガネを開発してきました。「視力が悪いからメガネをかける」のではなく、パソコンを使うから、花粉対策用にとメガネのマーケットを拡張してきました。メガネを大量に安価で販売したいのではなく、常にイノベーターでありたいと考えています。「JINS MEME」もメガネをかける新しい価値を提供できる。メガネの形をしたサービスプラットホームなのです。

―― 「JINS MEME」の今後の展望、期待することをお聞かせください。

田中 目は脳の窓であり、目をのぞくことで脳の状態が分かるのであれば、認知症予防につながるかもしれません。また、ストレスチェックにも役立つと思います。先ごろ、企業による従業員のストレスチェックが義務付けられましたが、ストレスが原因で働けない、うつ病になる可能性がある潜在層が約600万人もいるといわれています。ストレスは目に見えませんが、「JINS MEME」を使ってストレスを測れる可能性があります。

 先ほど、集中度が分かると申しましたが、同様に興味関心の深さが測れるかもしれません。今ネット上に存在する商品レビューは、顕在化した興味・関心です。「JINS MEME」が測った興味深さはさらに意味があるであろう潜在的な興味・関心であり、より深いマーケティングの施策の材料となるかもしれません。課題は、個人差をどれだけ計測できるかです。これは多くのエビデンスを収集していくしかないと思っています。

―― そういったさまざまな活用法のベースとなるのが、脳をのぞくデバイス・「JINS MEME」なのですね。

田中 レコーディングダイエットというダイエット法が話題になりましたが、「見える」「分かる」ことはとても重要です。1日に何歩歩いたか分かるから、もっと歩こうと思う。今、体重が何キロあるから、減らさなければならないと思う。同じように、自分の姿勢がどれだけ悪いのか具体的に分かる、どれだけ集中できていないか、どれだけストレスがかかっているか、こういったことを「見える」ようにすることが大切です。病院に行ったときだけ測るのではなく、日常的に測っていることが重要です。体重や血圧、歩数などと同様に、脳の状態も計測が可能になり、欠かせない習慣になるのではと考えています。

プロフィール (たなか・ひとし)1963年群馬県生まれ。アイウエアブランド「JINS」(ジンズ)を運営するジェイアイエヌの社長を務める。88年ジェイアイエヌを設立。2001年アイウエア事業に参入。11年には『Ernst&Young ワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2011』モナコ世界大会に日本代表として出場。13年東証1部に上場。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

一般には馴染みが薄い産業廃棄物処理の世界。古い慣習が残る業界を、ITによって変えようとしているのがトライシクルの福田隆社長だ。業界の老舗企業がテクノロジー導入に舵を切った背景と今後の展望を聞いた。(吉田浩)福田隆・トライシクルCEOプロフィール 産廃処理で「B to B版メルカリ」を目指す&nbs…

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年8月号
[特集] SDGsは江戸にある
  • ・「仁義道徳」 経済人に必要な「利益」と「倫理」
  • ・「利他」 「気候変動に具体的な対策を お金の流れが意識を変える」
  • ・「善の巡環」 高邁な理想を支える創意工夫と挑戦
  • ・「才覚、算用、始末、商人倫理」 SDGsの精神宿る江戸商人
  • ・「国利民福」 国が栄えれば人々も幸福になる
  • ・「先も立ち、我も立つ」 石田梅岩と商人道徳
  • ・「気丈」 学問は「治安」「エンタメ」「立身出世」──江戸庶民の教育事情
  • ・「心田開発」 二宮尊徳の報徳思想
[Special Interview]

 里見 治(セガサミーホールディングス会長グループCEO)

 日本初のIR事業への参入はエンターテインメント事業の集大成

[NEWS REPORT]

◆メガバンクからの陥落目前 みずほ銀行の昨日・今日・明日

◆巨大ドラッグストアチェーン誕生か 業界再編はココカラ始まる

◆カリスマ・鈴木修会長に陰り? ピンチを迎えたスズキの前途

◆G20農相会合で見えてきたスマート農業の未来像

[特集2]

 AI時代に稼げる資格

 今必要な資格、将来必要な資格はこれだ!

ページ上部へ戻る