文化・ライフ

モハメド・アリの功績を世界各国の指導者が称える

 「モハメド・アリは世界を揺るがした。そして、それによって世界は、より良い場所になった」(バラク・オバマ米大統領)

 「リングの上だけでなく、公民権(運動)においてもチャンピオンだった。とても多くの人の模範になっていた」(デービッド・キャメロン英国首相)

 去る6月3日、プロボクシングの元世界ヘビー級王者モハメド・アリが死去した。そのニュースが伝わると世界各国の指導者が相次いで功績を称えた。

 1999年には米国のニュース雑誌『TIME』が「20世紀で最も重要な100人(The Most Important People of the Century)」のリストを発表し、アリも、そのうちのひとりに選ばれている。

 アリの本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニアである。「奴隷の名だ」という理由で本名を捨て、キリスト教徒からイスラム教に改宗したのは、黒人指導者のマルコム・Xとの出会いがきっかけだった。

 60年代は政治の季節である。アリはベトナム戦争に反対し、徴兵を拒否したことで、一躍、フォーク・ヒーロー(民衆の英雄)となる。

 「私がベトナムで人を殺すことを拒否するのは、あの国にわれわれを“黒んぼ”と呼んで差別する人がいないからだ。われわれ黒人が、同じような肌の人たちを、どうして殺せるだろうか」

 徴兵拒否を理由にアリはヘビー級王座を剥奪され、カムバックまでに3年7カ月のブランクを強いられる。

 全盛期でのブランクは“刑期”にも等しい。それでもアリは信念を曲げず、反権力を貫いた。

長いブランクでかつての輝きを失ったモハメド・アリ

 だが長いブランクを経てリングに戻ってきたアリに、かつての輝きはなかった。

 全盛期の「蝶のように舞い、蜂のように刺す」軽快なフットワークは影を潜め、格下の相手に手を焼くこともしばしばだった。

 アリが剥奪されたベルトはジョー・フレージャーからジョージ・フォアマンへと渡り、74年10月、アリはザイールのキンシャサでフォアマンに挑戦する権利を得る。

 キンシャサにたどりつく前にアリはフレージャーに敗れ、ケン・ノートンにはアゴの骨を砕かれていた。翻ってフォアマンはフレージャー、ノートンをともに2ラウンドでキャンバスに沈めていた。

 斜陽のアリと日の出の勢いのフォアマン。掛け率こそフォアマンの2・5対1ながら、これにはアリへの同情票が多分に含まれており、関係者の中でアリの勝利を予想する者は、ほとんどいなかった。

 アリの主治医のファーディ・パチェコは、試合後、すぐにアリをリスボンに移送できるよう飛行機の手配をすませていた。ダメージを負った脳への緊急手術に備えたのである。

リングの中でも外でも戦い続けたモハメド・アリ

 あまりにも有名なこの試合については、多くの説明を必要としないだろう。

 1ラウンドからアリはロープを背負い、フォアマンは止まった標的をサンドバッグのように打ちまくった。アリが音を上げるのは時間の問題のように思われた。

 ところが、である。8ラウンド、ロープを背もたれ代わりにしていたアリは突如として反撃に打って出る。ワンツーでフォアマンの顔面を射抜き、キャンバスに横転させてみせたのである。

 後に私たちは、これが「ロープ・ア・ドープ」という作戦だったことを知る。フォアマンは強過ぎるゆえに、これまで長いラウンドを戦ったことがなかった。

 ガードを高く保ちながらフォアマンの打ち疲れを待ち、チャンスと見るや一気にたたみかける奇襲が功を奏したのである。

 米国を代表するノンフィクション作家のノーマン・メイラーは自著『ザ・ファイト』(生島治郎訳・集英社)で伝説のフィニッシュシーンを、こう描いている。

 〈弾丸の数を計算しておいた籠城中の兵士がここぞとばかりに射撃するのと同様に、とっておきの効果的なパンチだった〉

 メイラーが籠城戦に見立てたこの作戦は、スピードを失ったアリにとって、いわば苦肉の策だった。

 一方的に打たれながらも、決して諦めずに辛抱強く反撃のチャンスを待つ。それは公権力との戦いを通してアリが習得した弱者のスキルだった。

 リングの中でも外でも戦い続けたアリに、民間人に対する最大の栄誉である「大統領自由勲章」が授与されたのは2005年のことだ。

 今後、アリ以上のボクサーが誕生する可能性は大いにあると思う。しかし、アリ以上のフォーク・ヒーローは生まれないのではないか。

 アリにとってのリングは、社会そのものだった。(文中敬称略)

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

 

イチローにローズが噛みつく理由

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る