文化・ライフ

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

NPBがコリジョンルールの見直しの可能性を表明

 

 朝出した命令が、夕方にはもう改められている。法令や政令がころころ変わるありさまを「朝令暮改」という。「漢書」からの引用である。

 これから紹介する事例は典型的な「朝令暮改」ではないだろうか。

 日本野球機構(NPB)は今季から導入したコリジョン(衝突)ルールを、後半戦から見直すかもしれない、というのだ。

 新ルールの解釈や運用をめぐって現場から不満の声が続出しているのは事実だが、だからといって4カ月もたたないうちに改めるのはどうか。混乱に拍車をかけかねない。

 千葉ロッテの伊東勤監督は「1年間貫き通すことが大事。コロコロ変えてしまうと対応できない」と語っている。

 総じて、こうした声が現場には多い。

 

コリジョンルール導入の経緯

 

 話を整理しておこう。

 そもそもホームベースは誰のものでもない。いわば公共物であり、そこへの走路は公道にあたる。

 キャッチャーがそこを占拠しようとすれば、ランナーは力ずくで排除にかかる。それがグラウンドに迫力と緊張をもたらしていた。

 とはいえ、選手がケガをしてしまっては元も子もない。

 そこで今季からキャッチャーやカバーに入った野手は本塁前でランナーをブロックしたり、走路を塞ぐことが禁止された。

 一方でランナーも、走路から外れた位置にいるキャッチャーへの体当たりは危険なプレーと見なされ、悪質な場合は守備妨害をとられるようになった。

 こうした新ルールの概要については、開幕前の当コラムでも簡単に紹介した。

 新ルールの解釈や運用を巡り、「必ず混乱しますよ」と予告していたのが、元広島のキャッチャーで昨季まで中日のチーフバッテリーコーチを務めていた達川光男である。

 「今までアウトになっていたプレーの半分はセーフになる。いろいろな問題が発生することは目に見えている。

 でも導入するというのなら、やってみればいい。どこが間違っていたか、それを検証して来シーズン、もっといいルールをつくればいいんじゃないの」

 フタを開けてみると、まさに達川の予告どおりになった。

 あるNPB関係者は、「多少混乱するとは思っていたが、まさかここまでとは……。審判の見解にも個人差がある。生煮えのままルールを導入したと言われても仕方がない」と苦虫を噛み潰したような表情で語った。

 

コリジョンルール導入の原点に立ち返るべき

 

 コリジョンルールに関する微妙な判定は、ざっと数えただけで、4月6日のオリックス対東北楽天戦、5月6日の埼玉西武対北海道日本ハム戦、11日の阪神対巨人戦、6月12日のオリックス対横浜DeNA戦、14日の広島対西武戦、15日の東京ヤクルト対福岡ソフトバンク戦と6件ある。

 とりわけいくつかの球団が問題視したのは、リプレー検証の結果、アウトのタイミングなのにキャッチャーが走路に入ったという理由で判定が覆ったケースだ。

 先の阪神対巨人戦ではセンターからのバックホームで一度はアウトと判定されたランナーがリプレー検証を経てセーフとなり、ゲームの流れは巨人に傾いた。

 判定変更の理由は、「キャッチャーが走路に立っていた」(責任審判の杉永政信)というものだった。

 もちろん阪神は納得しない。NPBが「(原口文仁は)走路をまたがなくても捕球できた」という見解を出したのに対し、監督の金本知憲は「いや、捕れませんよ。あれはまたがざるを得ない。(キャッチャーの)原口はベースを空けていた。何度見ても原口は間違っていない」と当初の主張を貫いた。

 仮にルールが見直された場合、〈走路に入っても衝突が生じなければ、アウト判定は変えず、捕手に警告だけを与える場合もある〉(スポーツニッポン6月30日付)とのことだ。

 そもそもコリジョンルールは「選手のケガ予防」を目的として採用されたものであって、キャッチャーがラインをまたいだか、またいでいないかというのは枝葉末節にすぎない。悪質なブロックや危険なタックルを排除するというルール採用時の原点に立ち帰るべきだ。

 その意味でルールの見直しは大いに結構なのだが、ひとつ留意しておかなくてはならないのは、後半戦から変更した場合、ひとつのシーズンに2つの基準が存在することになる。これは公平性という観点から疑問が残る。

 西武はコリジョンルールが適用され、広島にサヨナラ負けを喫している。「あの負けは何だったのか?」ということになりかねない。ルールを司る規則委員会には熟慮を求めたい。(文中敬称略)

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

「世界最多」イチローにローズが噛みつく理由

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る