マネジメント

豊富なラインアップを強みに展開するのがU-NEXTだ。定額見放題に加え、新作も視聴できる独自のサービスが支持を集め、順調に加入者数を増やしている。USENの無料動画「Gyao」から動画配信事業に携わってきた宇野康秀社長にビジネスの状況と今後の展望を聞いた。

 

宇野康秀・U-NEXT社長プロフィール

宇野康秀氏

(うの・やすひで)1963年生まれ、大阪府大阪市出身。明治学院大学法学部卒業後、88年リクルートコスモス入社、89年インテリジェンス設立。98年に大阪有線放送社(現USEN)社長に就任。2010年にグループの事業を整理する過程でUSEN社長を辞し、会長に就任。USENの映像配信事業を継承し、U-NEXT社長に就任、現在に至る。

 

U-NEXTの動画配信サービスの特徴はどこにあるか?

 

新作も視聴可能な独自のSVODサービス

―― まず動画配信ビジネスの競争環境をどう見ていますか。

宇野 いわゆるビデオオンデマンド(VOD)と言われる、ネットで動画を楽しむサービスは、アメリカで先行し、ほかの国で広がっていましたが、ようやく日本でも遅ればせながら徐々にサービスの知名度が上がってきました。なおかつ市場性が出て、競争参入者も増えてきて、賑わってきているというタイミングなのかなと思っています。

―― そうした中で、貴社はどういう取り組みをされているのでしょう。

宇野 今、当社が力を入れているのは、有料課金型でなおかつSVODというサブスクリプションモデル(加入者ベースのVOD)です。月額の基本料金が固定で見放題というサービスで、日本でも複数の会社がやっています。

 当社のサービスの違いは、基本はSVODの見放題サービスがベースですが、月額1990円と他社サービスより少し高い金額を頂いています。その理由は、この1990円の中に1千円分のポイントが付いており、この1千円のポイントを利用することで、通常の見放題サービスではなかなか出てこない新作作品を2~3本見られるというパッケージになっています。

 ユーザーから見ると、見放題のサービスはどうしても古い作品に限られてしまう。一方でレンタルビデオ屋に行くと、見られているのは新作作品が圧倒的に多いわけです。つまりユーザーの満足度を高めていくという意味では、新作も見られるサービスのパッケージが支持されているのかなと思っています。

新作効果とサービスラインアップで勝負

―― 新作を取り込む工夫は。

宇野 新作は都度課金ならば見られるという出し方をされているコンテンツホルダーが多いです。当社はポイントで都度課金のコンテンツを見ていただくという考え方です。この理解を得るために、いろんなコンテンツホルダーに説明していった結果、調整ができています。

―― 現在の加入者の状況は。

宇野 お陰さまで、順調にユーザー数を伸ばしてきています。実数は公表していませんが、2012年3月末を100とした場合、16年3月末は約3・2倍まで伸びてきています。前年同期比で見ると約20%増です。

 まず昨年ぐらいから海外からの競合の参入が話題になったこともあり、全体の市場が増えています。市場が盛り上がった結果、こういうサービス自体がどういうものかをみなさんが知っていただけるようになりました。それで、ユーザーがいろいろなサービスの比較検討を始めました。その結果、当社を選んでいただいているユーザーが増えていっているという感じです。

―― それは新作の存在が大きいのですか。

宇野 新作を見られるという部分と、あとはサービスのラインアップです。当社は特に海外ドラマが強いとか、オリジナルコンテンツがあるというよりは、すべてのジャンルを細かくラインアップしています。

 子ども向けのアニメから、大人が見るコンテンツ、年配の方が見るような、それこそ寅さんのシリーズのものとか、最近ではNHKオンデマンドと連携し大河ドラマや朝ドラも見られるようになっています。このように幅広く品揃えをしていることが支持されているのかなと思っています。

 

動画配信で業界トップを取るための宇野社長の戦略とは

 

視聴デバイスの使い分けを提案

―― 貴社サービスはマルチデバイスに対応しています。

宇野 複数のデバイスで見られていますが、当社の場合、ざっくり言うと、テレビで見ている方、パソコンで見ている方、スマホ、タブレットで見ている方が3分の1ずつです。他社サービスに比べて、スマホ率が低く、テレビ率が高いのが特徴です。

―― それはテレビ用のセットトップボックスから事業が始まったことが理由ですか。

宇野 そうですね、もともとのユーザーが母数としてあります。もちろん移動中にスマホで見るということもありますが、やはり家に帰ったら大画面のテレビを家族みんなで見るのがいいんじゃないかということを意図的に推奨してきました。セットトップボックスの開発にすごく力を入れていますし、またテレビメーカーと協力して、テレビに当社サービスを利用できる機能を内蔵させるなど、テレビでの使いやすさを追求しています。

―― スマホが普及する中で、テレビへの注力は逆張りの印象を受けます。

宇野 単にテレビがディスプレーでしかないということです。テレビを見なくなったという議論は置いておくとして、私たちのようなサービスで自ら選んでコンテンツを見る人たちが確実に増えてきています。そういった人たちがコンテンツを知るきっかけは、ウェブやSNSでの情報であり、スマホが入口になっています。

 しかし家にいるときにスマホでそのままコンテンツを見るかというと、大画面テレビがあるならば、テレビに映して見ようということになると思います。ですから、テレビで見るか、スマホで見るかというのは、スクリーンの大きさをそのとき自分がいる場所によって選んでいるだけだと思います。

 もちろん、スマホでしか見ないユーザーさんもいらっしゃいますし、移動中や外で見るという行動がメーンの方もいらっしゃいますので、スマホ向けの作品のラインアップを増やしていく取り組みは進めています。

―― コンテンツの集め方も広がっていきますね。

宇野 いかに集めるかと同時に、一部われわれが制作に携わっていく考えもあります。いくつかの製作委員会にわれわれも参加し、配信ならではコンテンツの作り方や宣伝の仕方を他の事業者と一緒にやっていくことは始めています。既に「ヤングブラックジャック」などアニメ作品の制作に関わっています。

ただ作品を並べるだけではない

―― 今後、さらに強化させていくことは。

宇野 当社は完全に独立系の会社なので、いろんな会社とアライアンスが組めるスタンスであり、この柔軟性を戦略の中心に置いています。例えば、シネコンと提携して、イオンシネマのサービスとして、「Powered by U-NEXT」という形で、シネコンに来場する映画好きの方に薦めていただいています。

 また、映像好きな方をターゲットにするという意味では、ツタヤさんと連携して、「TSUTAYA movie powered by U-NEXT」という配信サービスを発表しました。いろんな企業とのアライアンスは今までもやってきましたし、これからも増やしていきたいと思っています。

―― コンテンツの数も膨大になっていきます。

宇野 早く見られる作品や、今まで出せていなかったジャンルの作品など、漏れがないように日々やっていきますので、どんどん増えていくと思っています。一方で、今も12万本あるのですが、ユーザーからすると作品に出合うまでが大変になっていきます。

 新作や有名作品はいいですが、それだけではなくて、「あまり自分は知らなかったけれども実際に見てみるとすごく良かった」という映画やドラマはたくさんあるはずなんです。いかにユーザーが求める、その人の感性や気分に合わせて、きちんとこちらが作品をレコメンドできるか。ただ作品を並べればよいという話ではないので、作品との出合い方の工夫も非常に力を入れて取り組んでいます。

―― 具体的な取り組みは。

宇野 もちろん一定のアルゴリズムの中で、「これを見ている人はこれも見ています」という一般的なやり方もやっています。

 しかし、それだけではなくて、映画やドラマなどの映像に非常に詳しい専門家の人たちが、いろいろな特集を組んだり、季節やイベントによってはこういう映画が良いとか、いろんな切り口でコンテンツを推奨します。当社では、その専門家を「賢者」と呼んでいますが、キュレーションを人的に注力しているのが、私たちの特徴です。

―― 最後に今後の展望をお聞かせください。

宇野 業界全体で言うと、数社がどんどん増えていくユーザーの取り合いをしている状況だと思います。まだ総加入者数が1500万人ぐらいと言われていますが、スマホのユーザーは今6千万~7千万人ですから、この4~5年のうちに市場全体で加入者数は3千万~4千万人まで行くだろうと思っています。

 まずは業界が協力し合いながら、全体パイを増やしていくことと、その中で確実に当社はトップグループとして、ユーザーの選択肢に確実に残るような立ち位置でいるということが今の目標です。できればトップを取りたいですね。

「いったん下山してもう一度登りなおす気持ちで」(宇野康秀)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

葬儀業から脱皮しライフイベントのプラットフォーム運営企業へ―ライフアンドデザイン・グループ

古い体質が残り実体が見えにくい葬儀業界の中で、「パッケージ化された分かりやすいサービス」「家族葬など小規模葬儀に特化」「低価格だが高品質のおもてなし」「出店スピードの速さ」等を強みに事業拡大。人生の終末や死別後に備えた事前準備を行う。文=榎本正義 村元 康・ライフアンドデザイン・グループ社長…

人材領域で培ったテクノロジーを活用し社会課題を解決する―ビズリーチ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

経済界が主催するベンチャー企業支援企画「金の卵発掘プロジェクト2018」でグランプリを受賞した草木茂雄・エムアールサポート社長。建設・土木というガテン系の領域でイノベーションを起こすための挑戦を追った。(吉田浩)草木茂雄・エムアールサポート社長プロフィール 測量とアートが結び付く「測量美術」とは何…

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年8月号
[特集] SDGsは江戸にある
  • ・「仁義道徳」 経済人に必要な「利益」と「倫理」
  • ・「利他」 「気候変動に具体的な対策を お金の流れが意識を変える」
  • ・「善の巡環」 高邁な理想を支える創意工夫と挑戦
  • ・「才覚、算用、始末、商人倫理」 SDGsの精神宿る江戸商人
  • ・「国利民福」 国が栄えれば人々も幸福になる
  • ・「先も立ち、我も立つ」 石田梅岩と商人道徳
  • ・「気丈」 学問は「治安」「エンタメ」「立身出世」──江戸庶民の教育事情
  • ・「心田開発」 二宮尊徳の報徳思想
[Special Interview]

 里見 治(セガサミーホールディングス会長グループCEO)

 日本初のIR事業への参入はエンターテインメント事業の集大成

[NEWS REPORT]

◆メガバンクからの陥落目前 みずほ銀行の昨日・今日・明日

◆巨大ドラッグストアチェーン誕生か 業界再編はココカラ始まる

◆カリスマ・鈴木修会長に陰り? ピンチを迎えたスズキの前途

◆G20農相会合で見えてきたスマート農業の未来像

[特集2]

 AI時代に稼げる資格

 今必要な資格、将来必要な資格はこれだ!

ページ上部へ戻る