文化・ライフ

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

 

F1グランプリでペナルティの対象となった無線のやり取りとは

 

 3月にオーストラリアで始まったF1グランプリ(GP)は、第10戦イギリスGPでシーズンを折り返した。11月の最終戦アブダビGPまで残り11戦、チャンピオン争いは、ここからが佳境だ。

 シリーズチャンピオンを争っているのはニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトン(ともにメルセデス)。開幕から4連勝してリードを奪ったのはロズベルグだったが、ここ5戦で4勝のハミルトンが急接近した。両者のポイント差は、わずかに1。

 この接戦を演出したのは、ひとつのペナルティーだった。7月10日のイギリスGPでの出来事――。

 レース終盤の46周目、トップはハミルトン、2位にはロズベルグが続いた。残り6周。レースの大勢はほぼ決して、ハミルトンの勝利は揺るがないように映った。

 この時点でロズベルグは、チャンピオン争いでハミルトンを11ポイントもリードしていた。無理に仕掛けてハミルトンを抜く必要はない。リスクを冒すよりも2位をキープし、着実にポイントを加算することが重要だ。

 F1では優勝者に25ポイント、2位でも18ポイントが与えられる。

 ここでロズベルグのマシンに異変が起きた。ギヤボックスがトラブルを起こし、7速ギヤから抜けなくなったのだ。ロズベルグは無線でピットにトラブルを伝えた。

 「ギヤボックスにトラブルが発生した」

 メルセデスのピットからロズベルグに送られた指示は、「シャシーデフォルトゼロ(リセットしろ)。(残りの周回は)7速ギヤは飛ばして走るんだ」というもの。

 これでトラブルを脱出したロズベルグだったが、この無線のやりとりが審議の対象となり、ペナルティーが科せられた。ピットインの指示、気象情報などを除いて、無線でドライバーの走行を助けるアドバイスは禁止されている。

 

より厳格になったF1の無線規制

 

 この無線規制は2014年から採用されていたが、今季から「より厳格に」適用されるようになった。ロズベルグはこの対象第一号となった。

 ロズベルグは2位でフィニッシュしたが、ペナルティーを受けて10秒が加算された。これで3位に降格。獲得ポイントは15で、その結果、ハミルトンに1ポイント差に迫られるはめになった。

 「7速ギヤを飛ばせという指示は走行を助けるアドバイスではない。それがなければ7速を使ってアクシデントを起こした可能性もある。緊急性の高いものだった」

 メルセデスはペナルティーを不服として異議申し立てをしたが、裁定は覆らなかった。

 果たしてロズベルグに対するペナルティーは適切だったのか。元F1ドライバーの片山右京に話を聞いた。

 

F1の無線規制に対する片山右京の見解

 

 片山は1991年に全日本F3000チャンピオンを獲得後、92年から97年までF1に参戦した。ラルース、ティレル、ミナルディに所属、計95レースに出走した経験を持つ。

 「ルールがある以上、白か黒かでいえば黒。規制の基準が曖昧という指摘もありますが、それでも厳格に適用したのは、“F1をもう一度ヒューマンスポーツに戻そう”という強い意志の表れだと思います」

 そして、こう続けた。

 「現代のF1は高度にハイテク化されていて、ドライバーのミスを機械がカバーする場面も多い。マシンの進化もF1の魅力のひとつですが、それによりレースの面白みがスポイルされるというやや矛盾した状況に陥っています。言葉は悪いですが、人間がやる部分を増やせばミスは増える。そこでレースが動く、そういう考えもあるのではないでしょうか」

 片山がF1を戦っていた時代、マシンはもっとローテクでアナログだった。コース上で何かあればそこでリタイアするのが当たり前だった。そこから生まれたドラマもある。

 「91年ブラジルGPではアイルトン・セナが6速ギヤだけで走りきって優勝した。94年スペインGPではミハエル・シューマッハが5速ギアだけで2位フィニッシュしています。スタートすればドライバーが自力でなんとかしなくてはいけない、その時代ならではのドラマと言えます」

 ハイテクマシンのコクピットに収まったドライバーに、あれこれと指示を出してコースを走らせる。これではドライバーは将棋の駒のようなものだ。

 思い出すのは12年のアブダビGPだ。ピットからの無線にロータス(当時)のキミ・ライコネンがイライラしてこう答えるシーンがあった。

 「ほっといてくれ。やることは分かってる」

 有言実行とばかりにライコネンは、トップでチェッカーを受けた。

 胸にジンとくる話である。F1はヒューマンスポーツに戻れるのか――。

(文中敬称略)

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

マシン規制とF1の挑戦

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る