文化・ライフ

初のエントリーでダービーを制した大谷翔平

 NPB歴代7位の通算504本塁打を記録した衣笠祥雄は目を丸くして、こう語った。

 「メジャーのスカウトたちが、日本人には少なくなった体の回転で打つタイプだというからジーッと見ていた。確かに足を大きく上げることなく踏み出してから体が真横に出てきている。きれいなホームランを打つだろうな、そう思っていたら案の定ですよ」

 衣笠が大谷翔平(北海道日本ハム)の成長ぶりに目を引かれたのは、今年のオールスターゲームのホームランダービーだ。

 大谷は山田哲人(東京ヤクルト)、柳田悠岐(福岡ソフトバンク)という昨季のトリプルスリー(3割.30本塁打.30盗塁以上)を相手に、9本の“柵越え”に成功。初のエントリーでダービーを制してみせた。

 いくらアトラクションとはいえ、こうもポンポンと放り込めるものではない。あらためて大谷の怪物性が浮き彫りになった。

 そこで今回は打者・大谷の将来性について論じてみたい。

大谷翔平は打者としても10年に一人の逸材だった

 大谷の全国区デビューは2012年のセンバツである。エースで4番の大谷率いる花巻東(岩手)は、1回戦で藤浪晋太郎(現阪神)を擁する大阪桐蔭と対戦した。

 試合は大阪桐蔭が9対2と勝利し、そのまま頂点に駆け上がるのだが、2回、大谷が藤浪から放ったライトスタンドへのホームランは今でも語り草だ。

 カウント2ボール2ストライクからの低めの変化球をすくい上げた。懐の深さといい、スイングの速さといい、フォロースルーの大きさといい、とても高校生のそれではなかった。

 早くから大谷をマークしていたスカウトがいる。東京ヤクルト東北・関東担当の八重樫幸雄だ。

 当時、大谷について聞くと、こんな感想を口にした。

 「ここ10年間で、私が見た中では最高のバッター。左右どちらにも打てて飛距離もある。横浜高校からドラフト1位で横浜(現DeNA)に入団した筒香嘉智もよく飛ばしましたが、それ以上と言っていいでしょう。

 しかも、彼の場合、金属バットの打ち方じゃないんです。ちゃんとバットの軌道の中にボールを入れて打っている。

 まだインサイドの速いボールには対応できないと思いますが、これも時間がたてば十分に克服できるでしょう」

 高校通算56本塁打。八重樫によれば、打者としても“10年にひとりの逸材”だった。

 プロ2年目に11勝、10本塁打をマークした。2桁勝利、2桁本塁打はあのベーブ・ルース以来、96年ぶりだということで随分、話題になった。

技術とパワーを兼ね備えた、「打者・大谷翔平」

 ピッチャーとしては昨季15勝(5敗)、防御率2.24で最多勝と最優秀防御率に輝いた。

 今季は打者としての才能が一気に開花した。

 5月4日から17日にかけて記録した5試合連続ホームランを含め、8月3日まで14本塁打。打率も3割5分3厘とハイアベレージを記録している。

 14本塁打の打球方向を調べているうちに、またひとつ大谷の非凡さに気付かされた。

 打球方向はレフトに9本、センターに1本、ライトに4本と反対側の方が多いのだ。

 広角ヒットならぬ広角ホームランである。技術とパワー双方を兼ね備えていなければ、こんな芸当はできない。

 「打者に専念すればケン・グリフィーJr.のようになれる」

 衣笠はこう絶賛する。

 グリフィーJr.とはメジャーリーグ通算630本塁打の1990年代を代表するスラッガー。最大級のほめ言葉だ。

 衣笠は語った。

 「大谷は体の回転で打つタイプだと言いましたが、まだそのスピードが遅い。回転が遅いから体がライト方向に向かない。その分だけ差し込まれて、ホームランはレフト方向が多くなっている。バットを振る量、ボールを打つ量を増やしていけば、もっとライトにも大きい打球が飛ぶようになるでしょう」

打者に専念すれば将来の三千本安打も夢ではないが…

 そして、続けた。

 「大谷は3千本安打を打てる素質を持っている。でも二刀流を続ければ出場試合が限られる。結果、1500本でプロ生活を終えたときに、周囲の人は納得するのか。もったいない気もしますね」

 天は二物を与えず、というが、大谷に限って言えば、このことわざは当てはまらない。

 加えて甘いマスクに外国人選手と比べても見劣りのしない体格。天が二物どころか三物も四物も与えた希有な例といっていいだろう。

 このところ、二刀流批判もトーンダウンしている印象がある。これだけのピッチングとバッティングを見せつけられれば、黙るしかない。

 誰かが切り拓いた道を進むのではなく、大谷が歩いた荒野が道に変わる――。そんな光景を、今、私たちは目の当たりにしている。(文中敬称略)

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

Eコマースを中心に成長を続けるBEENOS。その創業者である佐藤輝英氏は、5年前に社長を退任。4年前には取締役を辞任し、経営から退いた。それまで起業家として生きてきた佐藤氏が次に選んだのは起業家支援。BEENEXTを設立し、新しいイノベーションを起こそうとしている起業家への投資を始めた。その中でも投資の中心と…

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る