国際

過去20年間、インドでスラムに暮らす人は2倍に増加

 もしも映画、「スラムドッグ$ミリオネア」を見ていない人がいたら、すぐに見ることをお薦めする。この映画はおよそありそうもないハッピーエンドで終わるおとぎ話だが、スラムに生きる無数の住人の生活を生き生きと描いている。スラムは地方のみならず大都市にも存在する。そうしたスラムは外国人にとってまさしく映画の舞台だ。

 過去20年間でスラムに暮らす人の数はおよそ2倍となった。1981年の2700万人が、91年に4600万人、2001年に6100万人、そして10年末には7千万人に達した。金融の本拠地、ムンバイには数多くのスラムがあり、アジア最大のスラムであるダラヴィ地区もある。

 インド経済は過去5年間に平均年率8%で成長してきたが、アナリストは、多くの貧困層はこの成長の蚊帳の外にいると指摘する。政府は都市部のスラムの住人のための施策をいくつか実施したが、「ジャワハルラル・ネルー全国都市再生計画」(JNNURM)もその一つで、約50都市で都市部の貧困層のために住宅や公共施設を提供している。

インドの経済的な長期停滞もスラム増加の要因に

 一般的にスラムは、もともときちんとした住宅エリアだったものが、住人が他の良い地区に移り住んだ後に、家屋が細かく仕切られて低所得者層に賃貸されてスラムとなった。

 インドでは、もともとは経済的な理由から住居に適さない場所に住み着いた人々のスラムもあれば、新しい都市開発によって住み家を奪われた住民が住み着いてできたスラムもある。

 そうしたスラムは、政府が水道や排水設備をはじめとしたインフラを整えていないので、居住地としてふさわしくない。スラムが増えたのは、インドの経済が長い間停滞していて、政府が住宅を整備する余裕がなかったためでもある。

 また、国の管理が行き届かなかったせいもある。加えて、独立以来、中央政府や各州はそれぞれにスラムの判断基準を設けていたため、どの地域が開発すべきで、どの地域が開発中かが判別しにくく、開発や整備が進まないという状況を生んでいる。例

 えばある地域ではスラムの中に高層ビルがあるなど、インフラが本当は整っているのだが、周囲はスラムのまま残されているのは、住民の開発に対する反対が大きいからである。また、そうしたところでは犯罪も多く、政府も手を余している。

役人の怠慢が招いた結果スラムは国有地に多い

 インドの経済発展が不均衡であるため、地方の雇用機会はあまり多くない。そのため、こうした地方では高い失業率と低い求人率のために、就労機会を求めて都市に出て行かざるを得なくなる。この現象は、独立後に急速な都市化が生じたことで増加したが、人々は住む場所を見つけることができず、未開発の地区に移り住んだ。

 サービス部門の成長で都市部は急激な人口増加を見たものの、都市のインフラは同じペースで増えてはいかなかった。地方からの膨大な数の移住者や、非公式部門で働く労働者のための住居やその他の施設が間に合わなかった。

 支援のないほとんどの移住者は、どこであろうと住めるところに住まざるを得なかった。元からいる人々と流れ着いてきた多くの移住者の人口増加がスラムを膨れ上がらせた。多くのスラムは国有地にある。これは役人の怠慢と管理不行き届きが招いた結果である。

 スラムの住人には自分たちの住宅の所有権がないため、政府機関に基本的設備を要求することができない。仮にそれらが提供されたとしても、これらの地域は開発された地区とは比較にもならないくらい劣っている。多くのスラム住人は単純労働者や半熟練労働者であり、おしなべて貧困層以下である。多くのスラム住居は基準を満たす衛生設備や水道や電気設備もない。

 国家スラム開発計画は、スラムの段階的改善を目指し、水道、道路、街灯、トイレなどの基本的設備を整えていくことを目的として96年に始まった。

 最近始まった取り組みは、現存するスラムを公式な社会体制の中に取り込んで、普通の町と同様のレベルの設備を整える一方、スラム出現の背景にある制度の不備を是正し、都市部の土地不足の打開や、都市部の貧困層への住居問題の解決など総合的に取り組んでいる。

インドのスラム撲滅プロジェクトは日本企業の潜在的マーケットに

 もしインドがスラム問題に取り組んで人々に住居と基本的な設備を確保して、生活環境が整えば、皆がきちんとした雇用を確保でき、国全体の透明性と生産性の向上に貢献するだろう。政府は多くの施策を実施してきたが、先は長い。スラム撲滅ができれば、インドは今後世界の表舞台で大きく輝くであろう。

 スラム撲滅のためのインフラプロジェクトが計画されている。この分野は日本企業にとって潜在的なマーケットである。

 スラムが一掃されるまでは、大都市の真ん中にスラムがある、あるいは巨大なビルがスラムの中に存在する、という対照的な風景を目にすることができる。ある意味現代インドがつくる名所である。

筆者の記事一覧はこちら

 

【国際】の記事一覧はこちら

 

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る