文化・ライフ

視覚障害者のホーム転落事故は後を絶たず

 リオデジャネイロ五輪のさなかに悲痛なニュースが飛び込んできた。

 東京メトロ銀座線の駅で、盲導犬を連れた男性がホームから転落し、電車にひかれて死亡してしまったのだ。

 これを受け、日本盲人会連合の竹下義樹会長は、次のような声明を出した。

 〈我が国においては、多くの視覚障害者の犠牲の上に、駅ホームの安全対策が進められ、近年は関係行政機関や鉄道事業関係者の努力により目覚ましい成果をあげつつあるが、視覚障害者がホームから転落する事故は後を絶たず、取り組みは今なお道半ばである。

 また、本連合の知る限り、盲導犬使用者が駅ホームから転落する事故が大きく報じられたのはこの度が初めてと思われ、改めて駅ホームの安全な歩行について検証が求められていると受け止める〉

 そこで調べてみた。盲人会連合が2011年2月に実施した転落事故に関するアンケートの調査結果によれば、回答を得た252人のうち実に約37%にあたる92人がホームからの転落を経験しているのだ。

 4年後、東京にはオリンピックとともにパラリンピックもやってくる。当然、視覚障害者も多数、来日する。今のような状況で果たして大丈夫なのか。

 いわゆる「点字ブロック」(正式名称は視覚障害者誘導用ブロック)には「誘導ブロック」と「警告ブロック」の2種類がある。

 前者は進行方向を示すブロックで、1つのブロックに4本の突起状の線が入っている。視覚障害者は足裏や白杖でこれを確認しながら歩く。線の先が進行方向だ。

 一方、後者は主に危険箇所を示すブロックで、階段や横断歩道の前、あるいは駅のホームの端などに設置されている。視覚障害者にとって、とりわけ危険なのがプラットホームだという。

 「あなた方は鳩ですか? と聞きたくなる時があります」

 視覚障害者でパラリンピック陸上日本代表選手の高田千明は言った。

 いったい、どういう意味なのか。

 「点字ブロックの上に荷物を置いて、あれこれしゃべっている人が多いんです。それが、まるで電線に鳩が止まっているように思えるぐらい、皆一列に並んでいるんです。

 そういうとき、私は“自分はここを通るのでどいてください”と言わんばかりに、杖で大きく音を立てながら歩きます。あるいは風船ガムを食べながら歩くとか。時折、パンッと鳴らすと、皆、こちらを注目してくれるんです。破裂音は耳にすごく残るんですね」

 高田は黄斑変性症が悪化するまでは視力が残っていた。それゆえ点字ブロックの上にいる人たちが「電線に止まっている鳩」のように思えたのだろう。

歩きスマホで駅ホームの危険度はさらに増加へ

 ホームでの危険度は、近年さらに増している。原因は“歩きスマホ”だ。

 ある盲目のアスリートから、こんな話を聞いたことがある。

 「いくら、こちらが白杖をつきながら歩いていても気が付いてくれないんです。スマホの画面ばかり見て歩いているんでしょうね。ぶつかると方向を見失ってしまうんです。こういうことを、ぜひ理解してもらいたい」

 そして、こう続けた。

 「ゲームの“ポケモンGO”が流行してからは、特に周囲を気にするようになりました。ゲームをやっている人は悪気がないんでしょうが、私たちにとっては一大事です」

 日本盲人会連合は、先の転落事故を受け、抜本的な対策を強く求めている。

 その中には〈駅ホームでの歩きスマホを禁止すること〉との項目もある。

 具体的に、どういう行為を“歩きスマホ”と見なすか。難しい問題ではあるが、視覚障害者の側に立ったルールづくりが求められる。

 では、どうすれば転落事故は防げるのか。先のアンケートでは約90%の228人が「ホーム柵の設置」をあげていた。いわゆるホームドアである。

 国土交通省によると、ホームドアを設置している駅は全国で665(16年3月時点)。これは全駅のわずか7%にすぎない。

 これについて日本盲人会連合は〈計画対象駅ホームへの転落防止柵の設置を急ぎ、更なる計画拡大を求めること〉と訴えている。

 この国の高齢化率(65歳以上の人口)は、五輪とパラリンピックがやってくる2020年、約30%に達する。障害者に対する環境整備は、きたるべき超高齢化社会への備えともなる。

 私たちだって齢を重ねれば自ずと視力は落ちる。白内障や緑内障、あるいは加齢黄斑変性症にかからないという保証は、どこにもない。必要な投資なら、都民、国民は反対しないはずである。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る