テクノロジー

株価の変動はジェットコースター

 昨年の大納会では810円だった株価が年を越えてから急騰。5月25日には瞬間風速で7700円と、10倍近くにまでなったと思いきや、翌日から5日連続のストップ安。6月6日には一時1千円を割り込んだ。

 これがアキュセラショックと呼ばれたアキュセラ・インク株の暴落劇だ。

 別稿でも触れているため詳細は略すが、同社の開発したエミクススタト塩酸塩のフェーズ2b/3の臨床試験において有効性を得られなかったことが明らかになった。それまでは期待が期待を呼んで株価を引き上げていただけに、その反動はあまりに大きかった。この高騰・暴落は、創薬ベンチャー株の魅力と怖さを端的に物語っている。

 アキュセラだけではない。アンジェスMGは今年1月までは200円前後の株価だったが、その後急騰。4月半ばには900円以上の高値をつけた。そこから下落に転じるが、7月初めには開発中のアトピー治療薬が、フェーズ3の臨床試験で有効性を得られなかったことが明らかになり、ストップ安をつける。今の株価は約300円にすぎない。

 ナノキャリアも同様だ。同社株は2月までは1千円前後。それが4月には1900円とほぼ倍増するが、現在は931円(8月24日現在)と元の水準以下だ。7月初旬、日本化薬が抗がん剤の臨床試験(フェーズ3)に失敗。この薬はナノキャリアからライセンスアウトされたものであり、上市されればロイヤルティー収入が同社に入るはずだった。そのもくろみが崩れたことが、今の株価につながっている。

 開発された薬が臨床試験を経て市場に出回る確率は非常に低い。創薬ターゲットを決めるところから始まり、化合物を同定し、前臨床、臨床試験と徐々にふるいにかけられ、上市にいたるのは3万分の1ともいわれている。それでもフェーズ3までいけば、確率は〇か×かの2分の1。その分期待も膨らむが、敗れたときのショックは大きい。

 ただでさえ、創薬ベンチャー株のボラティリティは大きい。そーせいグループ株は昨年10月までは4千円を下回る水準だったが、年末から高騰を続け、5月9日には2万5730円をつけた。

 しかしそこから2週間で一時2万円を割り込み、直近では1万7千円程度だ。ペプチドリーム株も、2月12日で3265円。それが6月9日には7190円をつけた。

 そして現在の株価は5千円前後。最高値に比べ4割程度下落した。創薬ベンチャーで時価総額トップ2にしてこの変動幅。時価総額の小さいベンチャーなら、振れ幅はさらに大きくなる。

技術の目利きは無理 提携企業の多さが目安

 それだけに投資妙味は大きい。底値で仕入れ、大化け後に売れば短期間で10倍に増やすことも夢ではない。しかしその一方で信用買いで高値づかみをすれば目も当てられない。

 ではどうやって株を選別したらいいのか。

 「一般の投資家が技術的な目利きをしようとしたところでうまくいきません」と語るのはみずほ証券アナリストで、薬剤師の資格も持つ野村広之進氏だ。

 「一流のベンチャーキャピタルでも、技術の目利きは2~3割しか当たらないといわれています。それほどまでに新しいメカニズムを評価するのは困難です。得られる情報に限度のある一般投資家にはさらに難しい」

 次の指標となるのが、パイプラインの積み上げだ。パイプラインとはそのメーカーが開発中の医薬品のラインアップのこと。前述のように開発中の医薬品を上市できる可能性は低いため、経営を安定化させるためには数多くのパイプラインを持つことが必要だ。臨床段階に進んだパイプラインがあれば、成功率や薬価、潜在患者数や普及率を掛け合わせていくことで、今後の売り上げが推計できる。

 しかしもっとも信頼できる評価は他の製薬企業の評価だと、野村氏は指摘する。

 創薬ベンチャーは資金的余裕がないため、開発段階で既存の製薬メーカーと提携し、契約一時金およびマイルストーンごとの権利金などを受け取る。

 「製薬会社は提携前に秘密保持契約を締結した上でデータを検証、その上で契約を結ぶため、その評価は信頼できる。さらに提携企業が複数あれば、信頼性はさらに増す」(野村氏)

 例えばペプチドリームは16社と共同研究開発を行っており、昨年1年間だけでも6社と契約を結んだ。その事実をもってして、ペプチドリームの技術は「本物」と評価できるというのだ。

 それでいてペプチドリーム株は前述のように、2月からの4カ月間で倍以上に値を上げ、今も5割高の水準を保っている。売買のタイミング次第だが、投資妙味もある。

 創薬ベンチャー株の多くは、昨年暮れから今年春にかけて大きく値を上げ、今は調整局面にある。しかし野村氏は「過熱感は薄れつつあり、秋口から上昇気流に乗る可能性がある」と言う。となると、今こそ銘柄選別、そして仕込み時と言えるかもしれない。

 ただし野村氏は釘を刺す。「1銘柄で勝負するというのは博打と一緒。投資戦略と考えるならポートフォリオを組み立て分散投資することを忘れずに」

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る