広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

山下亀三郎(山下汽船創業者)

東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像

「人を使おうと思うなら、自分があまりものを知っていてはいけない」

 山下氏は山下汽船の創業者。山下汽船は1964年に新日本汽船と合併して山下新日本汽船となり、1989年、ジャパンラインと合併してナビックスラインになった。さらに1999年、大阪商船三井と合併して商船三井になっている。

 1867年、愛知県宇和郡河内村(現・宇和島市吉田町)生まれ。旧制南伊予中学に入学したが、16歳で中退して家出。当日は暴風雨が吹き荒れる日で、やむなく知人の家に身を隠していると、そこに母親からの伝言が届いた。「男子がいったん村を逃げて出て、おめおめ村に帰ってくるようなことがあってはならない。大手を振って村の道を歩いて帰れるようになるまで帰ってくるな」。この言葉で踏ん切りがついた山下氏は大阪へ出た。

 その後、明治法律学校(現・明治大学)に入学。22歳で中退してからは、職を転々とする日々を送るが、やがて横浜で石炭商を営むようになる。ちょうど日清戦争による特需が発生した時期で、莫大な利益を得た。それをもとに横浜石炭商会を設立。1903年、石炭輸送のため海運業に進出する。1911年、山下汽船を設立。当初は苦しい経営を強いられるものの、日露戦争による特需で切り抜け、日本郵船、大阪商船に並ぶ海運三大大手と呼ばれるまでになる。

 リーダーは少々頼りないくらいの方が部下が頑張ることが多い。当時の船舶業界は博打的な要素が強かったこともあり、山下氏は「ドロ亀」「ヤマ亀」といった蔑んだあだ名で呼ばれることが多かった。しかし、山下氏はむしろそう呼ばれることを好んだとか。山下氏が優秀なことはキャリアから見て明らか。頼りないリーダーを敢えて演じていたのかもしれない。[提供:経営プロ]

keieipro_logo_R

 

 

 

【経営プロ関連記事】

【経営者のあの一言 Vol.185】「大事なのはアイデアの間違いを認めすぐに修正すること。」グーグル 会長兼CEO エリック・シュミット

【グローバル雇用…意外と知らないVISAのツボ】3.海外からの出向者編 Vol.3

【経営者のあの一言 Vol.184】「同じ物でも考え方一つ。やるやつはやるように考えるし、へこたれるやつはへこたれる方へ考えてしまう。」九州電燈鉄道 創業者 松永安左ヱ門

【経営者として知っておくべき労働法】第5回 労働保険、社会保険の仕組み(労働保険編)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る