広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

ジョン・スカリー(アップルコンピュータ 元社長・元CEO)

東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像

「リスクを恐れない人に勝つことはできない」

 スカリー氏は1939年、アメリカ・ニューヨーク市生まれ。ペンシルベニア大学ウォートン大学院でMBAを取得した後、広告代理店に勤務するものの、ペプシコーラの要職にあった義理の父親の誘いで同社へ転職。マイケル・ジャクソンをCMキャラクターに起用したり、ブランド名を隠した複数のコーラを飲ませてペプシコーラの美味しさを伝える「ペプシチャレンジ」のCMなどで売り上げを伸ばし、1977年、社長に就任した。

 1983年、アップル社の創立者であるスティーブ・ジョブズ氏に請われて、同社の社長に。ジョブズ氏のラブコールは1年半にも及び、「このまま一生、砂糖水を売り続けたいのか、それとも私と世界を変えたいのか」という口説き文句が決め手になったという話は有名だ。

 二人のコンビはダイナミックデュオと呼ばれたが、1986年にスカリー氏がCEOになった頃から対立が深まっていく。そして、ついにジョブズ氏はアップル社を去ることに。しかし、スカリー氏も、その後、開発に力を入れたPDAの「ニュートン」の売れ行きが思わしくなく、会社を追われることに。ただし、アップルを退社した後は投資コンサルティング会社「スカリー・ブラザーズ」を起業して成功を納めている。

 掲出の言葉は、言い換えれば、勝とうと思えばリスクを恐れるなということ。ただし、リスクの大きさを見極めるのもリーダーの役目。闇雲に突進するだけでは部下はついてこない。[提供:経営プロ]

keieipro_logo_R

 

 

 

【経営プロ関連記事】

【おススメ書籍】ロビイングのバイブル

【経営階層に求められる能力とは?】4.相生相剋とシステム思考

【ヘンリー・ミンツバーグに学ぶマネジメントの実態】3.ミドルマネジャーが組織変革の起点になるには(ミドルマネジャーが持つ力を信じる)

【経営者のあの一言 Vol.180】「歴史と伝統の上にあぐらをかいていると、気付いた時には手遅れになる。」日本郵船 元社長・元会長 草刈隆郎

日本柔道復活にみるマネジャーの重要性

【経営者のあの一言 Vol.174】「先見性や発想力があっても努力の裏づけがなければ経営者にはなれない。」オンワード樫山 創業者 樫山純三

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る