政治・経済

今年4月から電力の小売自由化が始まった。自由化前夜には新規参入組のPRや既存電力との料金比較がメディアを賑わせていたが、実際に電力会社を切り替えた世帯は今年7月末現在で全体の3%弱。日本の電力ユーザーが笛吹けど踊らないのはなぜなのか。文=ジャーナリスト/梨元勇俊

東電、関電エリアに乗り換えは集中

 経済産業省資源エネルギー庁が5月下旬にまとめた調査によると、今年5月13日時点で既存の電力会社からガスなど新規参入事業者(新電力)に電気の購入先を切り替え申請した件数は約90万件。2015年度の全国の一般家庭向け契約数(約6253万件)の1.44%にとどまった。

 切り替えが多いのは東京電力ホールディングス(旧東京電力)の営業エリアで56万4600件と全体の2.46%。次いで関西電力のエリアが19万5100件で同1.94%。大都市圏の巨大市場を抱えるこのふたつのエリアで全体の8割以上を占めている。

 次いで切り替え比率が高いのは北海道電力エリアで、3万9500件で同1.43%。北海道は原子力発電の比率が高く、東日本大震災後に電気料金が2度値上げされた。高止まりしたままの電気料金がユーザーの切り替えマインドを刺激したようだ。さらに中部電力エリアは4万9900件で同0.66%。九州電力エリアは2万7400件で同0.44%、東北電力エリアが1万4300件で同0.26%と続く。

 離島が多く電力の融通系統が他地域とは異なるため新電力の参入がみられない沖縄電力エリアが切り替え件数ゼロなのは当然か。だが切り替えが数千件にとどまる地域はほかにもある。四国電力エリアは3400件、同0.18%と低迷、中国電力エリアは2200件、同0.06%に留まり、北陸電力エリアも1900件、同0.16%とほとんど動きがみられない。中国は火力発電の比率が高く、北陸は石炭と水力の比率が高いため、自由化の前から他の地域に比べると電気料金の水準が低い。新電力に切り替えてもメリットを感じない契約者が少なくないようだ。

 新電力への切り替え総数は7月末には140万件に増えたとされるが、なお全体の3%弱と低迷したままだ。切り替えが進まない原因は地域間格差だけではない。

 自由化前、既存の電力会社の一般家庭向け電気料金は各社が発電に掛かるコストや必要経費を積み上げて算出する総括原価方式で国の許可を得て決められていた。自由化後は自由に料金を設定できるため、通信、放送、鉄道、都市ガス、石油などの新規参入各社はそれぞれの特徴を盛り込んだ料金プランを設定している。

 携帯電話やケーブルテレビとのセットでなければ契約できないプランがあるし、「2年契約」の縛りを提示するプランやポイントの付与が期間限定のプランもある。契約や解約時に手数料が必要なところもある。“お得感”の単純比較が難しい。

少人数家族では受けられない恩恵

 大手シンクタンクが今年6月に全国3万人を対象に行った電力自由化に関するアンケート調査をみると、電力会社を切り替えない理由について「料金プランが分かりにくい」「各社プランの比較のしかたが分からない」「手続きが面倒」の回答が上位を占めた。消費者庁の同様調査でも回答者の約4割が「周囲の状況を見てから変更を検討する」と回答している。ユーザーは切り替えをしないで静観しているが、電気料金が安くなること自体は歓迎なのだ。

 にもかかわらず新電力の売り込み先は偏っている。これまでの電気料金は電気の使用量によって料金に差がついていた。電気の使用量が多いほど料金が割高になる一方、省エネやナショナルミニマム(最低限の生活保障)の観点から月間の電力使用量が少ない世帯はもともと電気料金が低く設定されている。だから新電力各社は料金水準が低く値引きが難しい単身世帯よりも「4LDKの戸建て住宅に住む4人家族」など電気の使用量が多い世帯を攻略ターゲットにしている。

 言い換えれば、電力自由化のメリットを受けるのは電気をたくさん使う世帯のみで、低所得の単身世帯には自由化の恩恵を感じる機会が少ない。少子高齢化の進展でこうした世帯は今後も増える見通しなのだが。

 電力の自由化は、東京や関西など既存の電力会社が地域ごとに独占してきた電力供給のルールを見直して異業種からの参入を促し、企業や個人の選択肢を増やすために2000年3月に始まった。当初は大規模ビルや工場が対象だったが、04年4月に中規模のビルや工場にも緩和され、16年4月からは一般家庭や小売店でも新規参入した電力会社から電気を買えるようになっている。

 スマートフォンを操作したり、テレビを見たり、ご飯を炊いたり、通勤や通学の際に電車を使ったり。電気は日常生活の至るところで使われており、生活に不可欠な基本のインフラだ。新しい電力会社が増えれば競争が生まれてユーザーへのサービスの質が上がる。他の先進国に比べて高いとされる電気料金が下がって企業や家計の負担も抑えることができるから経済も活性化するだろう。これが電力自由化の狙いだった。

 当初の狙いどおりの成果を上げるには、地域ごとに異なる特性を克服し、すべてのユーザーに電力会社の切り替えに関する適切な情報発信や手続きの簡便化を提供できるかどうかだ。国や新電力各社の一段の奮起を期待したい。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年6月号
[特集] 人材輩出の「新御三家」
  • ・[サイバーエージェント]経営人材を育てる方法 研修より緊張感ある現場経験
  • ・中山亮太郎(マクアケ社長)
  • ・大竹慎太郎(トライフォート社長)
  • ・塚原文奈(ストアーズ・ドット・ジェーピーCEO)
  • ・[楽天]ベンチャー精神は創業者が体現する
  • ・体育会的ノリと目標必達の企業風土が育てた起業家群
  • ・[DeNA]意志と情熱を後押しする人材育成術
  • ・橋本 舜(ベースフードCEO)
  • ・鈴鹿竜吾(ライトマップ社長)
[Special Interview]

 飯島彰己(三井物産会長)

 人が成長するために必要なこと

[NEWS REPORT]コロナ禍後の経済地図を読む

◆避けられない合従連衡 日の丸電機の進むべき道

◆自動車業界は大再編必至 生き残れるのはどこだ!

◆存続の危機を迎えた百貨店 小売り業界のEC加速が止まらない

◆“会わずに診る”コロナで広がるオンライン診療

[特集2]

 社長のセルフブランディング

 第一印象/SNS・ネットツール活用/言葉の力/プレゼン技術

 [特別インタビュー]友近(お笑い芸人)

 最強のセルフブランディング術「憑依芸」を語る 

ページ上部へ戻る