政治・経済

9月10日、広島東洋カープは読売ジャイアンツに勝利し、優勝を決めた。25年ぶりの優勝とあって広島は大騒ぎ。ところがスポンサー企業であるマツダはこの優勝に便乗できずに、昨年10月からほぼ1年にわたり販売台数が減り続けている。一体、何が起きているのか。文=本誌/関 慎夫

新車ゼロ、値引なしで販売台数は大幅減少

 広島カープが25年ぶりのリーグ優勝を果たした。投打で他チームを圧倒したことに加え、勝ち試合のほぼ半分が逆転勝ちという粘り強さも併せ持っている。今季は絶対的エースの前田健太がメジャーリーグに移籍、戦力ダウンが危惧されたが、その下馬評を覆す優勝劇だった。

 カープの快進撃は社会現象にまでなった。多くの新聞・雑誌、テレビが優勝への道のりを特集し、カープファンの女性=カープ女子がグラビアを飾った。相次ぐ逆転勝ちに緒方孝市監督が言った「神ってる」は今年の流行語大賞の有力候補でもある。

 カープと言えば赤ヘルだ。それまで紺色だった帽子・ヘルメットの色を赤に変えたのは1975年のこと。この年、広島カープは初優勝を遂げ、赤ヘル旋風を巻き起こした。

 現在、その赤いヘルメットには「be a driver MAZDA」の文字がある。地元・広島に本社を置くマツダの広告だ。関西大学の宮本勝浩教授によれば、カープ優勝の経済効果は331億円にのぼるという。カープの快進撃は、マツダにも好影響を与えているに違いない。赤ヘルの色はマツダ車のボディカラー「ソウルレッド」を採用している。カープの選手が活躍すればするほど、マツダ車が想起される。さぞかし、マツダ車の販売につながったに違いない、と思いきや――。

 マイナス23%。これは今年1~8月のマツダ車(登録車)の販売台数の対前年比だ。

 マツダの不振は他社と比較するとよく分かる。トヨタだけがプラス5・1%で、他の乗用車メーカーは軒並み前年比マイナスなのだが、その落ち込み幅は、日産3%、ホンダ3・4%、三菱5・1%、富士重工6・5%といずれも一ケタ。マツダの減少幅だけが際立っている。

 販売減の理由ははっきりしている。ひとつは昨年の反動だ。マツダは一昨年9月、新型「デミオ」を発売する。デミオは日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど高い評価を獲得、販売台数を大きく伸ばした。さらに昨年2月に発売したSUV「CX-5」もヒット。この新車効果もあり、昨年の販売台数は、対前年比20%増と大きく伸びた。他の乗用車メーカーはすべてマイナスであり、マツダの一人勝ちだった。その反動が今、起きている。

 しかも、CX-5以降にマツダは国内で出した新車は、それほど販売台数の稼げない軽量スポーツカーの「ロードスター」(昨年5月発売)だけ。さらに言えば、通常、新車効果が薄れる2年目以降は、販売台数を維持するために値引きをするものだが、マツダはほとんど行っておらず、競合車種に比べ割高となっている。新車もなく、価格競争力もないのだから、販売台数が減少するのは当然といえるだろう。

 マツダはこれまで何度も危機を乗り切ってきた。バブルの頃は販売戦線を無理に拡大したため経営危機に陥り、米ビッグ3の一角、フォードの支援を受けることになる。ところがリーマンショックでフォードが資本を引き揚げ、マツダは後ろ盾を失う。その危機のさなかにあって、マツダはメーカーとしての原点への回帰を決断する。それがスカイアクティブエンジンなどを生み出した。昨年の販売台数の激増は、そうしたマツダの姿勢が評価されたためだ。

 同時にマツダは販売施策の見直しを行い、正価販売方針を打ち出した。これは「価格ではなくマツダの価値を認めた人に買ってもらいたい」との考えに基づくものだ。そのほうが将来的にマツダのブランド価値を維持・向上できるとの判断がそこにはある。つまり今年に入ってからの販売減少は覚悟の上だった。

 しかも、これだけの販売が減っても、マツダの経営に与える影響は限定的だ。というものマツダの海外売上比率は85%で、国内は15%にすぎないためだ。

1ドル=1円の円高で13億円の減益要因

 ではマツダを支える海外販売はというと、第1四半期までは極めて順調で、グローバル販売台数は前年対比1%増の37万5千台と過去最高を記録した。もともと人気の高いヨーロッパに加え、今年、新車を投入した中国市場が好調だった。通期のグローバル販売台数は前期より1万6千台増の155万台を見込む。販売不振は日本国内だけで、世界においてはマツダの勢いは衰えていない。

 懸念があるとすれば、為替変動リスクの大きさだ。海外販売比率が大きいのに、その一方で国内生産比率が60%と高いため、円高が業績を直撃する構造となっている。ドルに対し1円円高になると、13億円の減益要因となる。マツダは今期の為替レートを1ドル=110円と見ているが、これは前期実績より10円円高、しかも実際のレートはさらに円高に振れている。

 今年7月、イギリスがEU離脱で1ドル=100円を切るまで円高が進んだ時にマツダの株価が1700円から1200円に急落したのも、為替に対する脆弱性が嫌われたためだ。その後株価は1600円台に戻したが、為替の行方次第という体質はそう簡単に改まりそうにない。

 国内販売の低迷に加え円高不安。赤ヘル軍団と違ってマツダの快進撃が「神ってる」とはいかないようだ。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

「消費者が電力の供給者を自由に選択できる時代へ」―― 再エネ主体の「顔の見えるでんき」をコンセプトに掲げるみんな電力が目指すのは、富が一部の人々に独占されないフェアな世界だ。法人顧客を中心に、同社への支持が集まっている理由を大石英司社長に聞いた。(吉田浩)大石英司・みんな電力社長プロフィール 消費者が発電事業…

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る