国際

インドの成長を妨げる極端なコントラストと矛盾

 どの国にも矛盾は存在する。しかし、インドが抱える矛盾は驚くようなものだ。

 ビジネスやレジャーでインドを訪れる外国人はインドを旅する中で、本人曰く「本物のインド」を体験する。インド人はカオスと不均衡の中に生きて、日々の問題を解決している。インドが抱えているすべてのカオスを解決する方法はない。政府の政策は別としても、国民の無関心は直さなければならない。インドのカオスと混乱を克服して、インド市場で成功している海外企業もいくつかある。

 インドのコントラストと矛盾(○=良い面、●=悪い面)をまとめてみた。

○自然が豊かである。

 ヒマラヤ山脈の威容、ヒマラヤのクルマナリ渓谷の静謐さ、ラジャスタン州の砂漠、聖なるガンジス川とヤムナ川、インド洋とアラビア海の砂浜など、美しい自然と景観に事欠かない。孔雀をはじめとする多くの鳥類が生息している。

●古代インドでは自然を神聖なものとして尊敬する習慣があった。だが、そうした環境保護の良風は忘れられ、現代は開発志向が強く、環境への配慮はなされていない。

 上水不足、衛生施設の欠如、大気汚染の増加、工業排水問題などが挙げられるが、ゴミのポイ捨てといった意識の低さはその最たるものであり、そうしたことがせっかくの自然をさらに損なうことになっている。衛生意識が低いどころか、ないといえるのは教育の欠如と言うしかない。

○原子力発電がある。

●家庭用と工業用ともにエネルギー不足で、停電は日常茶飯事である。24時間電気が供給される家庭はない。

○大都市部の高層建築。

●大都市にある高層建築やオフィスビルのすぐ隣にスラムが存在する。

○自動車、二輪車の販売が増加している。

●全国的には馬車や手曳きのリキシャが一般的に使われている。

○最高の工科大学や大学がある。

●国民の大多数が教育を受けず、技術を身につける機会がない。

○豊富な食糧生産。

●価格上昇や貧困のため、貧困層の大部分が不健康か病気か、または栄養失調である。

○星付きホテルやレストラン、さまざまな種類の料理やファストフードの増加。

●労働者や貧困層は道端の屋台店や茶屋を利用している。

○多くのインド人が億万長者のリストに名を連ねている。

●人口の41%が貧困層である。

○携帯電話の保有者は9億人で個人を特定できる。

●郵便物は、宛先に届かないことがある。住所システムが整備されていない。

○スピリチュアルの中心地である。

●2000年以降、汚職や詐欺が横行している。

○色鮮やかなお祭りシーズンがたくさんある。

●ストレスを抱える人が増えており、バランスのとれた娯楽が少ない。ストレスからくる健康上の問題が増加している。

○国民全体がクリケットに熱中している。

●オリンピックやワールドカップでのメダル獲得が少ない。ワールドカップ・トーナメントに出場するインド人スポーツ選手は少ない。

○新幹線と地下鉄の増加。

●道路では牛が歩き、野良犬があふれている。公共交通機関は混雑し、場合によっては交通機関がないこともある。

○進んだ銀行システム。

●農村人口の30%が銀行口座を持っていない。

○金が大好き。貯蓄として金を保有する。世界でも高い金の消費量。

●借金だらけの農民は資金調達のためにマイクロファイナンスに依存している。

○古代インドでは、日の出前(午前3時から4時)には起床するように教えられ、すべての活動が時間どおりだった。

●今は時間の管理ができていない。故意かそうでないかすべてが先送りか遅れがちである。

○カレースパイスとベジタリアンメニューは健康とバランスの取れた身体と長生きの秘訣である。

●平均寿命は65歳で、この寿命の短さは健康管理の悪さによるものである。

○女性を神聖に扱うことが原則である。

●最近では女性への暴力が増えている。

インド人さえ驚く現代インドの矛盾

 インド人一人一人はこの中でも懸命に生きている。現代インドは、見方によって、美しくもカオスにも見える。

 これら極端なコントラストと矛盾が外国人ビジネスマンに強烈なインパクトを与え、インドに足掛かりを作りたいという彼らの希望を打ち砕いてしまうことになる。

 なぜなら、こうしたコントラストがどうして生まれたかについての説明がないからである。これがインドの成長の妨げとなる。インド人でさえもこうした極端さに驚いており、克服する方法を見つける必要があると考えている。

筆者の記事一覧はこちら

 

【国際】の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

入学試験や資格取得のための勉強法については、さまざまなハウツーコンテンツが世にあふれている。そんな中、独自の学習理論で注目されているのが、サイトビジット社長の鬼頭政人氏。勉強法という個人的な問題を解決するためのサービスを、「働き方改革」を推進する法人向けにも展開している。(取材・文=吉田浩) …

鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年2月号
[第45回経済界大賞]
  • ・[大賞]新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・[特別賞]小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)
  • ・[優秀経営者賞]水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・[優秀経営者賞]青野慶久(サイボウズ社長)
  • ・[ベンチャー経営者賞]及川智正(農業総合研究所会長CEO)
  • ・[ベンチャー経営者賞]山本正喜(ChatworkCEO兼CTO)
  • ・[グローバル賞]ハロルド・ジョージ・メイ(新日本プロレスリング社長兼CEO)
  • ・[100年企業賞]高松建設(高松孝年社長)
[Special Interview]

 新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

 創業精神の共有から始めた米ビーム社との統合作業

[NEWS REPORT]

◆海外メーカーを次々と買収 キリンがクラフトにこだわる理由

◆売上高は前期比3割増 止まらぬワークマンの快進撃

◆第3の都市はどこに? 「スタートアップ拠点」争奪戦

◆寿司屋の大将は3Dプリンター? 電通が画策する未来の飲食

[特集]

 もっと眠りたい

 明日のパフォーマンスを劇的に高める

 一流の睡眠術

ページ上部へ戻る